BT

InfoQ ホームページ Java+.NET に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • OOXMLをサポートするApache POI 3.5がリリースされた

    ApacheはMicrosoft Officeのファイルを扱うPOIライブラリのバージョン3.5をリリースした。最新バージョンではOffice 2007以降のフォーマットであるOOXMLをサポートしている。InfoQはPOI 3.5のリリースマネージャであるApacheのYegor Kozlov氏、POIプロジェクトの設立者であるAndrew Oliver氏とRobert Duffner氏に話を聞いた。また、このプロジェクトについて理解を深めるためMicrosoftのVijay Rajagopalan氏にも話を聞いた。

  • Article: SilverlightとJavaのインターオペラビリティ

    マイクロソフトのRobert Bellが、SilverlightとJavaを使用したインターオペラビリティのシナリオを紹介し、サンプルコードを例にとってアーキテクチャの手引きを提供します。

  • JNBridgePro 4.0 が Visual Studio と Eclipse 用のプラグインを新たに導入

    Java と .NET のインターオペラビリティツールを提供する JNBridge は同社の主力製品である JNBridgePro の新しいリリースを JavaOne 2008 で発表した。

  • .NET-Java間のWebサービス相互運用性の新たなオプション

    .NETおよびJava間のWebサービスの相互運用性ということになると、選択肢としてかつてはHTTPを介したSOAPに限られていた。最近、この分野で2つの新たなオプションが利用可能になった。WebSphere MQ(WMQ)とActiveMQトランスポートがJavaと.NET間における相互運用可能なWebサービスの構築に使用することができる。

  • Article: Javaを使ってOffice2007をクラックする

    OfficeとJavaの相互運用性の1領域は恐らく最も古びた方法になっているでしょう。

  • Article: 事例研究:合併後の統合アーキテクチャへの新しいアプローチをLawsonに見る

    本事例研究では、Lawson Software, Inc.がIntentia International ABと合併した際に開発担当者が直面した課題に対するアプローチを研究するとともに、ソリューションとシステム全体のアーキテクチャに関するいくつかの興味深い面を技術的な観点から詳細に見ていきます。

  • Article: クレイジーなWebサービス標準の全てを理解する

    Michele Leroux Bustamanteが、現在使われているWS-*の標準の中で、Webサービスプラットフォーム(Javaと.Netにフォーカスしています)に共通した実装や、採用や準備の度合いなど、関連性の高いものについて説明しています。

  • Article: Rich Officeクライアントアプリケーション

    知恵のあるJava開発者をずっと避け続けている興味深い一面に、とあるクライアントプラットフォームがあります。これは、Microsoft OfficeプラットフォームのWord、Excel、Outlook、PowerPoint、InfoPathのことです。

  • Article: JMSとSpring.NETを使用したメッセージ連携

    Mark Pollack氏が、SpringとSpring.Netを使って、Javaと.Netのインターオペラビリティのデモンストレーションをお見せします。内容としては、.NETとJavaの間のコミュニケーションの基盤としてMOMを使用し、ローカルLANで動作する単純な株取引アプリケーションの中で、. NETクライアントとJavaの中間層が連携するというものです。

  • Mainsoft:性能はそのままで.NETがJavaVM上で動作する

    Mainsoftは最近「Mainsoft for Java EE(これまでVisual Mainwinと呼ばれていたもの)」のバージョン2.0をリリースするとともに、興味深いホワイトペーパーを公開した。それによると、「Mainsoft for JavaEE」でクロスコンパイルされてJava EEで動作する.NETベースのアプリケーションは、様々な分野で元の .NETベースのアプリケーションより良い性能を発揮したと報告している。

  • Open XMLのJavaと.NETライブラリ

    Javaや.NETでOffice自動化の開発をすると、頻繁にフラストレーションがたまる。JavaやC#で遅延バインディングを利用したり、オプションのパラメータを多くCOMオブジェクトモデルに使用するという問題に加えて、COMオブジェクトをリリースしなければならない。なにか1つでも間違うと、暫くの間、関連するOfficeプロセスが停止してしまうだろう。それ故、ほとんどの人たちは、サービスやWebサイトからそれを使おうとすることさえしない。

  • BEAとOracleがSunのProject Tangoを導入

    SunのSOAプロダクトの責任者Kevin Schmidt氏は最近の記事の中で、SunのWebサービススタックであるProject TangoをOracleとBEAが導入した事実について述べている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。