BT

InfoQ ホームページ 日本発記事 に関するすべてのコンテンツ

  • Article:とちぎRuby会議01報告

    ここで紹介する記事では、ときぎRuby会議01の報告を行います。 2/21に栃木県那須塩原市にて、とちぎRuby会議01が開催されました。Rubyの学び方や、Rubyを学んだらどうなるか、など「Rubyを通して行う学習」についての発表が集まったイベントとなりました。学習のライフサイクルという観点で、とちぎRuby会議を振り返ってみます。

  • Article:画面プロトタイプを用いた要件抽出技法の紹介

    ここで紹介する記事では、システム開発の要件定義工程での要件抽出を補助する手段のひとつとして、画面プロトタイプを用いて要件抽出を行う技法とその有効性を紹介します。

  • CSQ会員限定セミナー「SOAの今を語る」セミナー報告

    12月5日(金)、コンポーネントスクエアの会員限定セミナーが「SOAの今を語る」と題して開催され、実際にSOAプロジェクトを実践してきた二人のエンジニアにより「日本流SOAの進め方」「アジャイル・BPM・SOA 3点セットで改革を」と題されたセッションが行われた。

  • Article: Agile2008チーム参加レポート - 帰国そして変化

    Agileカンファレンスに「参加者としてだけでなく、発表者として参加しよう」を掲げたチームgoyattomは、サブミッションを提出し、7つのセッションが日本から選択されました。参加者はカンファレンスで各々の発表や、各セッションへの参加、諸外国のエンジニアとの出会い、ステージ上で DearXPを熱演などの様々な思い出を抱えて、無事日本に戻ってきました。

  • 12/5 CSQ会員限定技術情報交換会にてJCP議長が標準化について語る

    InfoQ Japanを運営しているコンポーネントスクエアでは、12月5日にコンポーネントスクエア会員限定の技術情報交換会というイベントを開催します。

  • Article: Agile2008 チーム参加レポート - 動機/準備編

    Agileカンファレンスに「参加者としてだけでなく、発表者として参加しよう」を掲げたチームgoyattomは、サブミッションを提出し、7つのセッションが日本から選択されました。サブミッションが選択された人、そうでない人も含めて、個々の目的意識の確認、膨大なプログラムから聞きたいセッションの選択、旅行の準備、プレゼンテーションの準備の期間を終えて、無事当日を迎えました。

  • Article: Agile2008 チーム参加レポート - 動機/準備編

    筆者はアジャイルソフトウェア開発についての年に一度の国際会議であるAgile2008に初めて参加してきました。今年の日本からの参加者の数は14名にも及び、発表者は5名、受け持ったセッションは8つに及び、例年にない活躍を見せました。なぜ今年のAgile2008では、これほど多くの日本人が参加し発表に至ったのか? そのレポートをお届けします。

  • Article: Javaトラブルシューティングメルマガ総集編 2008/08~09

    エスエムジーでは、Java全般を対象にしたトラブルシューティングサービス「JaTS」を提供しています。この記事では、前回に引き続き、JaTS にて蓄積したトラブル事例とその解決ノウハウの一部をお送りしている「Javaトラブルシューティングメールマガジン」(JTSMM)の総集編として、過去2ヶ月のトラブル事例と追加情報をダイジェストとして提供いたします。

  • Presentation: "YUKATA"から始まるコミュニケーション(Agile2008 ライトニングトークより)

    私は「浴衣」を着てパーティーに参加したことで、たくさん声を掛けていただけました。そこで感じたことは、このカンファレンスが人との繋がりを生み出し、また言葉の壁を越えて積極的に交流する場所であることです。民族衣装はそれらを助けてくれるものでした。きっとこの交流が、新たなムーブメントをアジア圏の仲間たちにも与えてくれると確信しています。

  • Interview: 平鍋氏のGordon Pask Award受賞スピーチ

    Agile2008において、Gordon Pask Awardの授与式が行われ、その一人として、チェンジビジョンの平鍋氏が受賞しました。本賞は、毎年、アジャイルコミュニティで定評のあるリーダーだけではなく、新たなリーダーになる可能性のある者に贈られるものです。InfoQでは、授与式のスピーチを動画にてお送りします。

  • Article: Linda Rising氏による「誰を信頼しますか?」

    Agile2008の3日目、8/6(水)午前中の、Linda Risingによるセッションです。セッションの冒頭、Linda Risingはとてもゆったりとしたきれいな、わかりやすい英語で話し始めました。

  • Article: Jean Tabaka氏による「Collaboration Explained--真のアジャイルチームのためのファシリテーションツール」

    Jean Tabaka氏の書いた書籍では、会議などのチーム活動において、ファ��リテーションの手法とツールについて具体的かつ実践的に説明しています。 8/8(金)、Agile2008の最終日の朝のセッションでは、Jean Tabaka氏自身が本の内容をベースとしたセッションを行いました。

  • Article: Hubert Smits氏による「ゲーム・デザイン・ワークショップ」

    Agile2008の4日目となる8/6(木)の8:30から、Hubert Smits氏による「ゲーム・デザイン・ワークショップ」がおこなわれました。ゲームと言っても単なる遊びではなく、「フレームゲーム」と呼ばれる、グループでの情報収集や意志決定、また教育やトレーニングの教材として使えるいろいろなゲームです。

  • Article: PythonプログラマがRuby技術者認定試験を受けてみた

    筆者はPythonプログラマですが、ちょっとしたきっかけから、Ruby技術者認定試験を受験してきました。この勉強の経験の中で、いくつか気づきがあったので、言語学習の1つの方法として説明していきたいと思います。

  • Article: Javaトラブルシューティングメルマガ総集編 2008/06~07

    エスエムジーでは、Javaのトラブル事例とその解決ノウハウの一部をメルマガとして配信しています。この記事では過去2ヶ月のメルマガの総集編として、追加情報を含めたトラブル事例のダイジェスト情報を提供いたします。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。