BT

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • Java 注目の機能: テキストブロック

    Java SE 13では、Javaで複数行の文字列リテラルを宣言して使用する際の苦痛を軽減することを目的として、プレビュー機能としてテキストブロックが導入されました。その後、2回目のプレビューで細かい変更が加えられ、Java SE 15ではJava言語の恒久的な機能となる予定です。この記事では、オラクルのJava言語アーキテクトであるBrian Goetz氏が、このトピックについて深く掘り下げます。

  • Java 注目の機能:Sealed クラス

    2020年9月にリリースされるJava SE 15では、プレビュー機能として「Sealedクラス」(JEP 360)が導入される。Sealedクラスとは、他のクラスやインターフェイスがそれを拡張することができるクラスやインターフェイスを制限するものだ。Sealedクラスは、列挙型のように、ドメインモデルの中の選択肢を捕捉し、プログラマーやコンパイラが網羅性を推論できるようにする。

  • TornadoVM: GPUとFPGAでJavaを高速化する

    近年の異種ハードウェアの急増は、CPUをターゲットとするJavaのような言語にとって問題となっています。TornadoVMはGraal JITコンパイラを拡張することでGPUやFPGAのメリットを活用し、フレキシブルでハイレベルなモデルを提供すると同時に、ハイパフォーマンスとライブタスクマイグレーションなどの機能を実現しています。

  • Javaに欠けている機能:5年後

    Ben Evans氏は、2015年のJavaの欠落した機能についての見解を再訪し、当時の見解と比較して言語がどのように進化してきたかを比較している。

  • Amazon Deep Javaライブラリを使ってマシンラーニングをJavaで実装する

    この記事では、JSR-381 VisRec APIを使うことで、DJLのトレーニング済モデルによる画像分類あるいはオブジェクト検出を10行未満のコードで実装可能であることを示します。

  • 古典的Javaガベージコレクションを理解する

    Javaのガベージコレクションは、25年経った今も大きな関心を集めるトピックです。多くの開発者たちがこの話題について、最も広く使われている実装(Java 8のパラレル)に関してさえ、いまだ困惑しているのが現状です。

  • Java 14の新機能 - Record

    Java SE 14(2020年3月)では、プレビュー機能としてRecord(jep359)が導入されます。。Recordの目的は、"プレーンデータ"の集合を、より少ないセレモニーでモデル化できるようにすることです。今回の記事では、Java言語アーキテクトのBrian Goetz氏が、この機能を詳しく説明してくれます。

  • Kotlinのコルーチンを実装面から検証する

    JVMにおいて最近、リアクティブプログラミングの代替手段としてコルーチンが注目されています。リアクティブストリーム用にコードを再構成するためのコストがメリットを上回ることが多いことから、最初はAndroidにおいて、それに代わるソリューションとしてコルーチンが現れました。この記事では、そのKotlinでの実装がどのように動作するのか、詳しく検証します。

  • Deep Java Library(DJL)の紹介

    Amazonは、ディープラーニングモデルをJavaで開発するためのオープンソースライブラリDJLを発表しました。この記事では同ツールキットの導入方法を紹介します。このライブラリは、PythonやRといった新たなテクノロジを導入することなく、Javaによるエンドツーエンドのディープラーニング開発を可能にすることで、ソフトウェア依存性の数を削減することを目的としています。

  • Java InfoQトレンドレポート - 2019年7月

    InfoQ Javaトレンドレポートは、テクノロジーの採用の概要と、2019年のJavaおよびJVM関連の領域の進化についてのコメントを提供します。主な進展として、Java 13のリリース、非HotSpot JVMの台頭、GraalVMの進化、およびJavaマイクロサービスフレームワークの景色の変化があります。

  • Java 11でコンパイルせずに単一ファイルプログラムを実行する

    Java SE 11以降、プログラミング言語の歴史の中で初めて、Javaコードを含むスクリプトをコンパイルせずに直接実行できるようになりました。Java 11ソース実行機能により、Javaでスクリプトを記述し、*inxコマンドラインから直接実行することができます。

  • iOS開発者のためのKotlin Multiplatform

    SwiftとKotlinの類似性を活用したKotlin Multiplatformは、クロスプラットフォームコンポーネント開発を容易にすることで、iOSとAndroidプロジェクト間の再利用を可能にします。 今回の記事では、Android Studioをセットアップして、Xcodeにインポート可能なフレームワークを構築するために必要な、すべてのステップを紹介します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。