BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • Java 16またはJava 17にアップグレードする理由と方法

    次の長期サポート (LTS) リリースであるJava 17は、2021年9月14日にリリースされます。残念ながら、多くのアプリケーションは最新のLTSであるJava 11より前のバージョンのJavaで実行されています。この記事では、アプリケーションをアップグレードしなければならいない理由と、比較的素早くアップグレードする方法について説明します。アプリケーションが何によって壊れるかと、それを解決する方法についての実用的な例が提供されています。

  • Java 16の最新情報

    Java 16は、プロダクションで使用することを目的としたGAビルドとして2021年3月にリリースされました。そして、次のLTSビルドであるJava 17は、今年の9月にリリースされる予定です。Java 17には、多くの改善と言語の強化が詰め込まれています。そのほとんどはJava 11以降に提供されたすべての新機能と変更の集大成です。

  • シリーズ記事: Javaによるマイクロサービスの構築

    このシリーズの記事では、Java言語を使用してマイクロサービスベースアーキテクチャを構築する最先端の技術について説明します。Spring BootやDropwizardなどの人気のある大物と並んで、Quarkus、Micronaut、Helidonなどの新しいフレームワークが勢いを増しています。これらのフレームワークは、2016年にMicroProfileがJavaコミュニティに導入された後に登場しました。

  • Java 注目の機能: パターンマッチング

    Java SE 14 (2020年3月) では、プレビュー機能として限定された形式のパターンマッチングが導入されました。これは、Java SE 16 (2021年3月) の永続的な機能になります。パターンマッチングの最初のフェーズは、1種類のパターン (型パターン) と1つの言語構造 (instanceof) に制限されていますが、これは、長期に渡って増加する機能の最初の記事にすぎません。

  • Java InfoQ トレンド報告 — 2020年9月

    この記事では、InfoQ 編集部が現在、2020年の Java 空間における技術の採用と新たなトレンドをどのように見ているかをまとめている。我々は、Java という言語に加え、Kotlin や Scala、Java 仮想マシン(JVM)、Java ベースのフレームワークやユーティリティなどの関連言語に焦点を当てている。

  • Project Helidon入門 - Oracleの軽量フレームワークによるマイクロサービス開発

    Oracleは2018年9月、オープンソースのフレームワークProject Helidonを新たに公開しました。元々はJava for Cloudという名称であったHelidonは、マイクロサービスベースのアプリケーションを開発するためのJavaライブラリのコレクションです。公開から6ヶ月内の2019年2月には、Helidon 1.0がリリースされています。現在の安定版リリースはHelidon 1.4.4ですが、Oracleは現在、Helidon 2.0のリリースに向けて順調に開発を進めています。

  • Azure + Spring Boot = サーバレス - Julien Dubois氏とのQ&A

    Microsoftは、同社のJaクラウドとJavaエコシステムへの注目がニューノーマルであることを、繰り返し証明しているようです。JavaがAzure Functionsのサポート言語になってかなり経ちますが、Julien Dubois氏はSpring BootをAzureで試して、この組み合わせがAzureのサーバレスコンピューティングに持つ意味について確認しました。InfoQでは、この話題に関する氏の経験について、詳しく聞きました。

  • Apache ArrowとJava: ライトニングスピードのビッグデータ転送

    Apache Arrowは、データにクロス言語、クロスプラットフォーム、カラム型のインメモリデータ形式を提供します。データのシリアル化の必要性をなくし、コピーのオーバーヘッドを減らすように設計されています。

  • Java 注目の機能: テキストブロック

    Java SE 13では、Javaで複数行の文字列リテラルを宣言して使用する際の苦痛を軽減することを目的として、プレビュー機能としてテキストブロックが導入されました。その後、2回目のプレビューで細かい変更が加えられ、Java SE 15ではJava言語の恒久的な機能となる予定です。この記事では、オラクルのJava言語アーキテクトであるBrian Goetz氏が、このトピックについて深く掘り下げます。

  • Java 注目の機能:Sealed クラス

    2020年9月にリリースされるJava SE 15では、プレビュー機能として「Sealedクラス」(JEP 360)が導入される。Sealedクラスとは、他のクラスやインターフェイスがそれを拡張することができるクラスやインターフェイスを制限するものだ。Sealedクラスは、列挙型のように、ドメインモデルの中の選択肢を捕捉し、プログラマーやコンパイラが網羅性を推論できるようにする。

  • TornadoVM: GPUとFPGAでJavaを高速化する

    近年の異種ハードウェアの急増は、CPUをターゲットとするJavaのような言語にとって問題となっています。TornadoVMはGraal JITコンパイラを拡張することでGPUやFPGAのメリットを活用し、フレキシブルでハイレベルなモデルを提供すると同時に、ハイパフォーマンスとライブタスクマイグレーションなどの機能を実現しています。

  • Javaに欠けている機能:5年後

    Ben Evans氏は、2015年のJavaの欠落した機能についての見解を再訪し、当時の見解と比較して言語がどのように進化してきたかを比較している。

BT