BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • Micronautフレームワークを使ったクラウドネイティブJava

    Micronautフレームワークは、クラウドネイティブJavaマイクロサービスを構築するための強固な基盤を提供します。これにより、Javaリフレクション、ランタイムプロキシ生成、動的クラスローディングの使用が削減されます。GraalVM Ahead-of-Timeコンパイル(AOT)との緊密な統合により、Micronautフレームワークの使用が拡大しています。アクティブなコンパイル時チェックにより、型の安全性が向上し、開発者の生産性が向上します。

  • Apache Kafkaを使ったQuarkusリアクティブメッセージング入門

    今日のデータの処理/消費方法は、これまでの方法とは異なります。以前は、データはデータベースに保存され、分析のためにバッチ処理されていました。Apache Kafkaは、データストリームをリアルタイムで保存、消費、処理するための分散イベントストアおよびストリーム処理プラットフォームです。この記事では、Apache KafkaとQuarkusを使用してデータを生成と消費する方法を学習します。

  • ネイティブJavaの実情

    KubernetesのマイクロサービスはネイティブJavaスイートスポットです。最も重要なフレームワークを備えており、Javaランタイムオーバーヘッドが最小限となります。ネイティブJavaでは、ビルド、デバッグ、テスト、デプロイ、プロファイルをするためにに多くの労力がかかります。アプリケーションフレームワークは、本番環境でネイティブJavaを完全にサポートする必要があります。ネイティブJavaの採用は段階的に行うことができます。ただし、ネイティブJavaアプリケー��ョンは、すべてのライブラリがネイティブJavaをサポートしている場合にのみ機能します。

  • QuarkusによるKubernetes Native Java

    Quarkusは、ネイティブとJVMベースの両方のJavaアプリケーションにおける起動時間とメモリ使用率に関して、業界のリーダーです。これにより、クラウドのコストが削減されます。Kubernetesは、Quarkusにとって第一級のデプロイプラットフォームであり、そのプリミティブと機能をサポートします。開発者は、Jakarta EE、MicroProfile、SpringなどのAPIに関するJavaの知識を使うことができます。アプリケーションは、命令型あるいはリアクティブ、あるいはその両方にとることができます。

  • Javaに革命を起こすGraalVM Native Image

    GraalVM Native Imageは、ネイティブなJava実行ファイルを生成するAOT(ahead-of-time)コンパイラです。生成される実行ファイルは非常に速く起動し、CPUやメモリの使用量が少なくなることで、クラウドにおけるJavaの実行コストを低減すると同時に、JVMに比肩するピークスループットをも実現しています。Spring Boot、Micronaut、Quarkus、Gluonなど数多くのJavaフレームワークが、すでにGraalVMをサポートしています。

  • Java InfoQ トレンドレポート — 2021年12月

    この記事では、InfoQ Java 編集チームとさまざまな Java チャンピオンにより、2021年の Java および JVM 分野のテクノロジーの採用と新たなトレンドを現在どのように見ているかについてまとめます。

  • Java 12から17までのエキサイトな6つの機能!

    Oracle は、Java の新しいバージョンの挑戦的なリリーススケジュールを維持しています。6か月ごとに1つのフィックスされたリリースがあります。頻繁なリリースですが、一部のバージョンだけが長期サポートと見なされます。これは、3年間のプレミアムメンテナンスがあることを意味します。この記事では、Java 11 以降に何が起こっているかに関心がある人のために、Java 12 と 17 の間で言語に追加されたいくつかを確認します。

  • KivaKitフレームワークの紹介

    今回の記事では、オープンソースのJavaマイクロサービスアプリケーションフレームワークであるKivaKitを簡単に紹介します。KivaKitは共同動作するように設計されたミニフレームワークの集合体です。各ミニフレームワークの詳細はhttps://www.kivakit.orgの他、Jonathan Locke氏のブログ"State of the Art"にも記載されています。

  • Java 16またはJava 17にアップグレードする理由と方法

    次の長期サポート (LTS) リリースであるJava 17は、2021年9月14日にリリースされます。残念ながら、多くのアプリケーションは最新のLTSであるJava 11より前のバージョンのJavaで実行されています。この記事では、アプリケーションをアップグレードしなければならいない理由と、比較的素早くアップグレードする方法について説明します。アプリケーションが何によって壊れるかと、それを解決する方法についての実用的な例が提供されています。

  • Java 16の最新情報

    Java 16は、プロダクションで使用することを目的としたGAビルドとして2021年3月にリリースされました。そして、次のLTSビルドであるJava 17は、今年の9月にリリースされる予定です。Java 17には、多くの改善と言語の強化が詰め込まれています。そのほとんどはJava 11以降に提供されたすべての新機能と変更の集大成です。

  • シリーズ記事: Javaによるマイクロサービスの構築

    このシリーズの記事では、Java言語を使用してマイクロサービスベースアーキテクチャを構築する最先端の技術について説明します。Spring BootやDropwizardなどの人気のある大物と並んで、Quarkus、Micronaut、Helidonなどの新しいフレームワークが勢いを増しています。これらのフレームワークは、2016年にMicroProfileがJavaコミュニティに導入された後に登場しました。

  • Java 注目の機能: パターンマッチング

    Java SE 14 (2020年3月) では、プレビュー機能として限定された形式のパターンマッチングが導入されました。これは、Java SE 16 (2021年3月) の永続的な機能になります。パターンマッチングの最初のフェーズは、1種類のパターン (型パターン) と1つの言語構造 (instanceof) に制限されていますが、これは、長期に渡って増加する機能の最初の記事にすぎません。

BT