BT

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • Java InfoQトレンドレポート - 2019年7月

    InfoQ Javaトレンドレポートは、テクノロジーの採用の概要と、2019年のJavaおよびJVM関連の領域の進化についてのコメントを提供します。主な進展として、Java 13のリリース、非HotSpot JVMの台頭、GraalVMの進化、およびJavaマイクロサービスフレームワークの景色の変化があります。

  • Java 11でコンパイルせずに単一ファイルプログラムを実行する

    Java SE 11以降、プログラミング言語の歴史の中で初めて、Javaコードを含むスクリプトをコンパイルせずに直接実行できるようになりました。Java 11ソース実行機能により、Javaでスクリプトを記述し、*inxコマンドラインから直接実行することができます。

  • iOS開発者のためのKotlin Multiplatform

    SwiftとKotlinの類似性を活用したKotlin Multiplatformは、クロスプラットフォームコンポーネント開発を容易にすることで、iOSとAndroidプロジェクト間の再利用を可能にします。 今回の記事では、Android Studioをセットアップして、Xcodeにインポート可能なフレームワークを構築するために必要な、すべてのステップを紹介します。

  • テスト駆動開発:実はそれは設計技術です

    この記事では、Javaでステップバイステップの例を使用して、テスト駆動開発(TDD)を使用して、コーディング時に大きな問題を分割、テスト、および克服する方法の実践的な例を示します。

  • Java 8からJava 12へのアップグレード

    昨今のJavaの変化スピードには驚くべきものがあり、現在でも多くのアプリケーションが実行基盤とするJava 8からJava 12へのマイグレーションは、一般的には非常に難しいものと捉えられています。この記事では、アップグレードによって得られるメリットと潜在的な問題、アップグレードのヒントなどを紹介します。

  • API GatewayサービスをClojureからGo言語に書き直す - AppsFlyerによる実例報告

    AppsFlyerはマイクロサービスアーキテクチャ方式で構築されており,1日700億近いHTTPリクエストを処理しています。すべてのフロントエンドサービスをラップしてシステムへのエントリポイントとな��のは,API Gatewayと呼ばれるミッションクリティカルな(非マイクロ)サービスです。この記事では,Clojureベースのゲートウェイから,新たに設計されたGoベースの実装に移行した経験を報告します。

  • Java SE 12の拡張switch文/式の完全ガイド

    Java 12で拡張されるswitch文およびswitch式の完全なガイドです。この記事では,Javaのswitch文を拡張switch文およびswitch式のいずれでも使用可能にするJava switch文の拡張提案を,例題を交えて紹介しています。

  • サーバサイドJava開発者のためのKotlin入門

    Kotlinは、JVMの新しい言語の1つで、IntelliJを製作したJetBrains社が開発しました。これは、静的型付け言語であり、OOとFPのプログラミングスタイルを混ぜたものを提供することを目的としています。Kotlinコンパイラは、JVMと互換性のあるバイトコードを作成します。そのバイトコードは、JVM上で実行して既存のライブラリと同時に利用できます。この記事では、Java開発者にアピールする主な機能を紹介します。

  • Javaの新JITコンパイラ、Graalを解説

    オラクルがGraalをリリースした。これはJava用の新しいJITコンパイラであり、次世代のpolyglot仮想マシン、GraalVMにおける主要なコンポーネントでもある。この取り組みは完全なpolyglot、つまり単一のVM内での複数言語技術を解放することだけでなく、スタートアップ時間の改善、Javaアプリケーションのフットプリント削減を目指している。初期リリースにはJVMとJSに加えベータとしてLLVM、Ruby、Rが含まれる。

  • Spring Framework 5でのサーブレットとリアクティブのスタック

    Spring Framework 5は伝統的なサーブレットベースのものとリアクティブなwebスタックの2つを同一のサーバアプリケーションにおいてサポートする。これはアプリケーションにおける非同期でノンブロッキングな並行性への大きな、全体的な移行を反映している。この記事ではSpringのコミッタであるRossen Stoyanchevが2つのスタックを調査比較、取り得る選択肢の範囲を説明し、これらのスタックから選択する際のガイダンスを提供する。

  • リアクティブAPIの設計,実装,利用

    リアクティブプログラミングはJavaのホットな話題です。非ブロックAPIを使いたいにせよ,マイクロサービスの増加に伴って増加するレイテンシに対処したいにせよ,あるいは単に計算リソースを効率的に使用したいにせよ,今こそ有望なプログラミングモデルとしてのリアクティブに注目すべき時です。今回の記事では,リアクティブAPIの設計,実装,利用に用いるべき選択肢をいくつか紹介します。

  • Java 9モジュールとVert.xマイクロサービスでCIシステムを構築する

    Java 9とVert.xマイクロサービスはアプリケーション構築に最適の組み合わせです。この記事ではその例として、最小限ながら実際に動作するCIシステムを実装します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。