BT

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

インタビュー

RSSフィード
  • Scala+Liftによる超実用開発

    オブジェクト指向と関数型の機能をすべて提供し、さらにRubyに代表される動的言語の柔軟性と静的型付け言語の信頼性をも兼ね備え、JavaVMの上で開発実行できる新時代の言語がScalaだ。Scalaとその上で使える強力なWebフレームワークLiftを用いた実システム開発が世界的に広がっているが、今回は日本での実システム開発の事例とScala採用の理由をインタビュー+プレゼン形式で語ってもらう。

    Scala+Liftによる超実用開発
    Icon
    13:59
  • 丸山不二夫氏が語る― Android ”Cloud to Device Messaging Framework” 概要

    Android2.2 Froyoで導入された”Cloud to Device Messaging (C2DM) Framework”は、Androidの利用スタイルに大きな変化をもたらす可能性があります。そこで、日本Androidの会 丸山不二夫会長による、「C2DMの概要」についての講演の模様を紹介します。

    丸山不二夫氏が語る― Android ”Cloud to Device Messaging Framework” 概要
    Icon
    20:17
  • JavaエンジニアのためのFlexフレームワーク超入門

    一般にWebデザイナのものと思われがちなFlash技術ですが、Javaエンジニアに対して、アプリケーションの開発環境としての側面を、Flexフレームワークを使ってわかりやすく説明します。その後で、実際にアプリケーションが簡単に開発できる様子をデモでお見せします。

    JavaエンジニアのためのFlexフレームワーク超入門
    Icon
    24:17
  • Erich GammaによるJazz、Eclipse、JUnit、そしてデザインパターンに関する議論

    このインタビューはQCon ロンドン 2008 でErich Gamma氏と様々なテーマについて議論したものです。議論したテーマは「Jazzプロジェクト」、「Eclipseがなぜ成功しているか」、「Eclipseの厳格なリリーススケジュール」、「JUnit」、「デザインパターン」、「どのようにデザインパターンを見つけるのか」、「デザインパターンとDRY原則について」、「デザインパターンコミュニティ」、「依存性の注入はデザインパターンか、そうではないか」です。(翻訳:近藤 寛喜 - (株)チェンジビジョン)

    Erich GammaによるJazz、Eclipse、JUnit、そしてデザインパターンに関する議論
    Icon
    22:51
  • 日立ソフト中村氏が仮想化技術の活用事例を語る

    現在、ハードウェアの高性能化に伴い、仮想化技術が非常に身近なものになってきました。今回のインタビューでは、この仮想化技術を開発現場にいち早く取り入れ、ビジネスとして展開している日立ソフトの中村氏に、仮想化技術の実例の紹介をしていただきました。

    日立ソフト中村氏が仮想化技術の活用事例を語る
    Icon
    17:13
  • 丸山先生がAndroidを語る

    丸山先生レクチャーシリーズ等で最新の技術を常に探求し、情報発信をし続けている丸山先生に、現在Googleが開発を進めているAndroidについての話を伺いました。

    丸山先生がAndroidを語る
    Icon
    12:48
BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。