BT

InfoQ ホームページ JBoss に関するすべてのコンテンツ

  • WildFly Swarmからの自動マイグレーションを備えたThorntail 2.2.0

    6月下旬にWildFly Swarm 2018.5.0からThorntail 2.0.0にブランド変更したRed Hatが、Thorntailのバージョン2.1.0と2.2.0を、8月中旬の3週間のタイムフレームでリリースした。多くのバグ修正の他、特にMicroProfileに関連して、新たなコミュニティ指向の組織であるespeciallyによるMicroProfile 1.3準拠、自動マイグレーションプロセスなどの新機能が含まれている。

  • Tomcat 9のJBoss Web Server 5を提供開始

    Red Hat JBoss Web Server (JWS) はwebアプリケーションや大規模webサイトの構築、デプロイ、保守できるようApacheのwebサーバとTomcatサーブレットエンジンを組み合わせたものである。JBoss Web Serverのバージョン5がリリースされTomcat 9をサポートし新機能と拡張をいくつか導入した。

  • デシリアライズを利用したリモート実行可能な Java ゼロデイエクスプロイット

    Foxglove Securityの最近の分析によると、デシリアライズするアプリケーションにはゼロデイエクスプロイットの脆弱性があるという。OpenJDK, Apache Commons, Spring や Groovyといったライブラリが該当しており、InfoQ が調査を進める。

  • WildFly 8についてJason Greene氏へのインタビュー

    Red HatのJBoss部門はWildFly 8を発表した。WildFly 8は以前はJBoss Application Serverという名で知られていた製品だ。InfoQはWildFlyのリードを努めた、Red HatのJBoss部門のJBoss EAP Platform ArchitectであるJason Greene氏にこの新しい製品について話を聞いた。

  • Red HatがJBoss Application Server を WildFlyに名称変更し、商用のASバイナリを無料で提供

    大手LinuxベンダーのRed Hatは、JBoss Application ServerがWildFlyと改名されたことを発表し、JBoss ASの 「非常に機敏、軽量な、抑制されていない、真に自由な」性質を表している、と言った。別の発表で、RedHatは、エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム用のバイナリを作成し始め、 開発者はLPGLライセンスの下で無料でダウンロードできる。

  • コミュニティ指向リサーチ - JVM で稼働する Web フレームワーク Top 20

    InfoQ リサーチ・イニシアティブでは,10番目の質問 ”JVM で稼働する Web フレームワーク Top 20" の回答を引き続き募集中である。我々はみなさんに,企業のソフトウェア開発に影響を与える傾向と動向について,最新かつ偏見のないコミュニティベースの考察を提供したいと願っている。これは新たなサービスのひとつである。既存ベンダやアナリストが行うリサーチと違うのは,我々のリサーチが読者である「あなた」の回答に基づいていることだ。

  • JBoss Developer Framework: JBoss テクノロジのためのドキュメントハブ

    JBoss Developer Framework は JBoss 関連のテクノロジのための集中型ドキュメントリソースである。ソフトウェアスタック全体のすべてのレイヤ (例えばユーザインターフェースと永続化レイヤ) をどのように使用するか,ひとつの場所で開発者に示すことがその重点だ。フレームワークには Maven のクイックスタート,チュートリアル,マイグレーション資料,その他 JBoss Application Server 用の Web 開発の関連するリソースが含まれている。

  • JBoss Enterprise Application Platform 6 - Java EE 6 準拠,高速起動,低メモリ消費,クラウド対応

    Red Hat は先日,クラウド対応アーキテクチャと改善された管理機能,優れた開発ツールを備えた JBoss Enterprise Application Platform(EAP) 6 をリリースした。オンプレミス,プライベート,パブリックいずれのクラウドにもデプロイ可能な,Red Hat の PaaS サービスである OpenShift で Java アプリケーションを実行するランタイムエンジンである。

  • JBoss SeamとApache DeltaSpikeの今後

    Seam 3.1はJBossからの最後の「セット」リリースになる。プロジェクトはApache DeltaSpike(現在インキュベーション段階)の形で継続され、個別のCDI拡張をひとつまとめることに取り組んでいく。

  • 監査機能を強化したHibernate 4.1がリリース

    JBossはEnversモジュールを改善したHibernate 4.1をリリースした。監査対象の属性の変更を引き起こしたデータベースのリビジョンを特定することができる。

  • JBoss AS 7.1 が Full EE Profile 準拠を達成

    JBoss AS 7.1 が先週リリースされて,同サーバとして初めて Java EE 6 Full Profile 完全準拠を達成した。Apache Geronimo や Oracle GlassFish といった完全準拠の オープンソースサーバたち の序列に,JBoss も加わったことになる。詳細は本文参照。

  • Byteman 2.0.0: バイトコード操作、テスティング、フォールトインジェクション、ロギング

    JBossはByteman 2.0.0をリリースした。これはオープンソースのJavaバイトコード操作ツールで、GNU LGPL 2.1でライセンスされている。Bytemanはコードのテスト、トレース、モニタリングを支援するJavaエージェントであり、開発者はこれを使って、ロード時や実行中にJavaアプリケーションの動作を変更することができる。

  • JBossがHibernate 4.0をリリース

    JBossはHibernateのバージョン4をリリースした。Hibernate 4は、マルチテナントサポート、Hibernate拡張のための標準的な仕組みの導入、OSGIサポートに向けたりファクタリングやコードの整理などが盛り込まれている。

  • ワームによりパッチされていないJBossサーバーがボットネットに変換される

    2010年4月にパッチがあてられたJBossの脆弱性を突破する新しいワームはセキャアではないサーバーをターゲットしており、それらをボットネットに追加しているとセキュリティ研究者がレポートしている

  • Flex/Java EE アプリケーションのための新エンタープライズフレームワーク

    Granite Data Services は先週,バックエンドに JavaEE を使用する Flex リッチインターネットアプリケーションを構築するための,独自のエンタープライズプラットフォームを発表した。Granite DS はオープンソースのフレームワークだ。InfoQ では Granite DS の共同設立者である CEO の Frank Wolff 氏に,リッチインターネットアプリケーション (RIA) に対する同氏の展望について聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。