BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ JCP に関するすべてのコンテンツ

  • Java EE 7リリースに関する1問1答 - Oracleソフトウェア開発担当副社長Anil Gaur氏に聞く

    Oracleは本日この後のwebcastにおいて,Java EE 7を正式にローンチする。 リリースに先立ってInfoQでは,ソフトウェア開発担当副社長のAnil Gaur氏と対談し,今回のリリースと今後の計画について詳しく聞いた。

  • OracleがJava 7用の無料のタイムゾーン・アップデートを復活

    今週、Oracleが標準のJDKリリースサイクル以外では無料のタイムゾーンのアップデートを提供することを中止した、というニュースで、インターネットは賑やかである。しかし、昨日の終わりに、会社の心が変わったようである。

  • JSON用標準JavaAPI

    JSR-353、JSON処理(JSON-P)用のJava APIは、今月の最終承認投票にいたった。JSON-Pは(JAXPに似た)ストリーミングAPI(StAXのに似た)とオブジェクトモデルのAPI(DOMに似ている)で構成されている。このAPIは、JSONデータバインディング(JAXBに似た)含んでおらず、より人気のあるJSONPすなわと"パディングのあるJSON"とは無関係ではあることに注意して欲しい。

  • 'Adopt a JSR'のフォローアップオンライン会議が明日開催

    世界中から40人以上のJUGリーダー/会員が参加した、1月18日の最初のオンライン会議に続いて、'Adopt a JSR' プログラムを支援している人々が2月27日水曜日にフォローアップ オンライン会議をホストしている。

  • Java Time API,Java 8で提供

    ThreeTenが JSR 310 Date and Time API のリファレンス実装としてJDK 8 Early Access b75 に含まれることになった。このJava Time API for JDK 8がパッケージjava.timeとなり,従来の実装であるjavax.timeは削除される。関連クラスはすべて不変かつスレッドセーフで,その実装は予期的グレゴリオ歴に準拠した事実上の世界カレンダであるISO 8601カレンダシステムに基づく。

  • Adopt-a-JSR Programがオンラインミートアップを開催

    Adopt a JSR Program はJava User Group (JUG)のメンバーにJava Specification Request (JSR)を使ってもらうことでJava Community Process (JCP)に積極的に関わってもらおうとする運動だ。この運動の背後にいるチームは1月18日にオンラインミートアップを開催している。これは、フィードバックを提供しJCPに貢献するチャンスだ。

  • Adopt a JSR プログラムにOracleからのさらなる支援

    OracleがLondon JUGのAdopt a JSRプログラムの支援を発表した。

  • GE EnergyはInvokeDynamicを使ってMagikをJVMへ移植

    7月に、GE Energy Management内の Digital Energy部は、Smalltalkに触発されたプログラミング言語、Magikを彼らに独占所有権のある仮想マシン MagikSFからJVMへ移植中であることを明らかにした。現在、移植作業は順調で、InfoQはプロジェクトのリーダー/アーキテクトであるGeorge Marrows氏にもっと詳しく聞いた。

  • Java EE 7の専門家ブループがコミュニティからのフィードバックを求めている

    JSR 342として、Java EE 7の仕様は、初期ドラフトレビューを終え、専門家グループは、多くの未解決問題に関してコミュニティからのフィードバックを強く望んでいる。これらの中には、Java EE Full/Web Profileに追加すべき新しいAPIやいかにもっと上手く、CDIを Java EEと折り合いをつけるかも含まれている。

  • JCPの改革

    JCP 2012の結果、London Java Community が再選され、CloudBeesが初めて当選した。その後、SE/EE、MEの実行委員会がひとつの実行委員会に統合された。今後は知材の問題が集中的に議論されるようになる。

  • JRuby 1.7.0がリリース: Ruby 1.9モードがデフォルトに。 InvokeDynamicが使える。

    JRuby 1.7.0は、Ruby 1.9モードがデフォルトになり,1.9のフィーチャのほとんど全てをサポートする。invokedynamicをサポートする最近のJVMの実装上では、JRuby 1.7を使えば、アプリケーションパフォーマンスが向上できる。

  • JAX-RSにWADLサポートは必要か。

    JavaOne 2012の将来のJava EEに関するパネルセッションには、JAX-RSのWADLをするかどうかに興味がある参加者が集まった。登壇者はWADLのサポートを支持しなかったが、参加者側は支持していたようだ。RESTを成功させるにはWADLは不必要と考えられいるのは良いことなのだろうか。

  • Dagger: Android向けの依存性注入フレームワーク

    DaggerはAndroid向けの新しい依存性注入フレームワークであり、Google Guice(両方のプロジェクトに従事している開発者もいる)の一部の機能を提供するが、軽量なソリューションに特化することで性能を追求している。また、コンパイル時にバインディングエラーを検出する仕組みも提供する。

  • Java 8に��まれる新しい日時API

    Javaの複雑な日付APIを置き換えるためStephen Colebourne氏を中心に長い間進められているJSR 310は、夏に行われたAPIをシンプルにするためのリファクタリングに続き、Java 8向けの機能一覧が追加された。2013年1月のマイルストン6で公開される予定だ。

  • Project Lambdaのメーリングリストがパブリックに

    OracleのJava言語アーキテクトでありLambda式プロジェクトの仕様リードであるBrian Goetz氏は、JSR 335のメーリングリストをパブリックにすることをアナウンスした。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。