BT

InfoQ ホームページ Kaizen に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Toyotaの方針管理を適用する

    ToyotaはリーンITの更なる活用を目指し、その方向付けのために方針管理を利用している。あらゆるレベルの従業員が方針項目について意見交換を行うことが可能であり、上層部の承認を得る可能性もある。このアプローチによって従業員から多くの積極的な参加を得て、より強力な成果へと繋げることができる。

  • レトロスペクティブを越える継続的改善

    継続的改善(continuous improvement)を望むならば,まずはレトロスペクティブから始める方法もあるが,マネジメントの変革や文化の改革,イノベーションによって,さらに先に進まなければならない。組織の変革を実現する上で最も重要なのは,新たな習慣を作り上げること,文化を変えること,この2つだ。

  • 企業におけるアジャイルとリーンを活用したサービス管理

    アジャイルソフトウェア開発やスクラムは企業が本当にアジャイルの約束を果たすために十分なものではない、とDave van Herpen氏は言う。彼が提案するのは、企業全体を通じたコラボレーションを改善するために、ITサービス管理がアジャイルやリーンのプラクティスをDevOpsとあわせて適用する、ということだ。

  • Fridtjof Detzner氏に聞く - Jimdoの成長と継続的改善

    企業の文化を犠牲にすることなく成長させるには,どうすればよいのだろう? Fridtjof Detzner氏は,DIY Webサイト作成サービスであるJimdoの共同創業者のひとりである。InfoQでは氏に,同社がアジャイルによって起業とスケールアップを果たした方法や,その後の継続的改善のために"カイゼン"とレトロスペクティブを採用した理由などを聞いた。

  • 個人の生産性

    Tony Wong氏(プロジェクトマネジメントのブラックベルト)は個人の生産性にとって実践的なポイントをいくつか挙げている。この記事では、これらをいかにソフトウェア開発に適用するかを考え、彼のリストと他のリストを比べる。

  • アジャイルと緊縮財政

    西欧各国政府が対GDP比で返済困難な負債に苦しむなか、英国はもっと効率よくリスクのないITプロジェクト納入フレームワークを作るためのイノベーションとアジャイルプラクティスに取り組み始めている。

  • David J Bland氏、Brad Murphy氏、Peter Saddington氏とアジャイルについて語る

    方法論の世界の現在の状況と未来のトレンドや、それらの方法論の実世界への影響が話題になった。ビールでも飲みながら優れたコーチである三氏の対話を楽しんでいただきたい。

  • 新しいアジャイルのインプリメンテーションとしてのかんばん

    ソフトウェアのためのかんばん方式は、トヨタ生産方式に由来するもので、スケジューリング作業のためのイテレーションのないアプローチである。タイム・ボックスの決められたイテレーションと計画ミーティングを使用するかわりに、前の作業が完了した場合にのみ、バックログからストーリーを取り出す。

  • SCRUMバン - SCRUM用のかんばん

    Corey Ladasは「SCRUMバン」という興味深い論文の中で、リーンのプラクティスである「かんばん」をSCRUMで利用する方法を紹介した。論文で述べられているのは、進化的なプロセスである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。