BT

InfoQ ホームページ 言語 に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • Javaの新JITコンパイラ、Graalを解説

    オラクルがGraalをリリースした。これはJava用の新しいJITコンパイラであり、次世代のpolyglot仮想マシン、GraalVMにおける主要なコンポーネントでもある。この取り組みは完全なpolyglot、つまり単一のVM内での複数言語技術を解放することだけでなく、スタートアップ時間の改善、Javaアプリケーションのフットプリント削減を目指している。初期リリースにはJVMとJSに加えベータとしてLLVM、Ruby、Rが含まれる。

  • Spring Framework 5でのサーブレットとリアクティブのスタック

    Spring Framework 5は伝統的なサーブレットベースのものとリアクティブなwebスタックの2つを同一のサーバアプリケーションにおいてサポートする。これはアプリケーションにおける非同期でノンブロッキングな並行性への大きな、全体的な移行を反映している。この記事ではSpringのコミッタであるRossen Stoyanchevが2つのスタックを調査比較、取り得る選択肢の範囲を説明し、これらのスタックから選択する際のガイダンスを提供する。

  • リアクティブAPIの設計,実装,利用

    リアクティブプログラミングはJavaのホットな話題です。非ブロックAPIを使いたいにせよ,マイクロサービスの増加に伴って増加するレイテンシに対処したいにせよ,あるいは単に計算リソースを効率的に使用したいにせよ,今こそ有望なプログラミングモデルとしてのリアクティブに注目すべき時です。今回の記事では,リアクティブAPIの設計,実装,利用に用いるべき選択肢をいくつか紹介します。

  • Java 9モジュールとVert.xマイクロサービスでCIシステムを構築する

    Java 9とVert.xマイクロサービスはアプリケーション構築に最適の組み合わせです。この記事ではその例として、最小限ながら実際に動作するCIシステムを実装します。

  • モナドを理解する - 迷える者への手引き

    関数型プログラミングが急速に広まり、"モナド"という関数型の構造がまた初心者を心底恐れさせています。この記事では、関数型プログラミングコースのインストラクタBarry Burd博士がこの得体の知れないものを解明します。

  • エンタープライズ向けオープンソースのJava ORMフレームワークReladomoを導入する

    Reladomoは業界をリードする投資銀行であるゴールドマン・サックスで主要なJava ORMとして使われ、現在はオープンソースとして公開されています。 この記事では、ゴールドマン・サックスのテックフェローであるMohammad RezaeiがReladomoについて詳しく説明いたします。

  • 私がMVCフレームワークをもはや使わない理由

    MVCパターンは数十年ユーザインターフェイスで使われてきました。しかし、モダンなアプリケーションの需要には追いつけていません。新しい需要を満たし、開発を素早くすうrために、Jean-Jacques Dubray氏がモダンなアプリケーションを素早く開発し、モデルとビューのやりとりをシンプルにするState-Action-Modelという新しいパターンを紹介しています。

  • 簡潔なJavaコード

    Unixの先駆者であるKen Tompson氏はかつて,“プログラムをたくさん書いていた頃には,1,000行のコードを捨てたこともある”と語りました。この記事ではCas Saternos氏が,簡潔なJavaコードを書く上で現在利用可能なプラクティスについて,JDK 8の新機能を中心に取り上げています。言語にラムダ式が加えられたことにより,より短く,よりエレガントなコードの記述が可能になりました。

  • 実例で学ぶGS Collections – Part 2

    ゴールドマン・サックスが2012年にオープンソースとして公開したGS Collectionsの創作者であるDonald Raabが、強力な当フレームワークを使ってさらに幅広い実例を紹介します。

  • 実例で学ぶGS Collections – Part 1

    ゴールドマン・サックスが2012年にオープンソースとして公開したGS Collectionsの創作者であるDonald Raabが、当フレームワークがいかに強力であるかを明らかにします。また、GS Collectionsとラムダ式を併せて使うことによって、Smalltalkの素晴らしい機能がJavaでも利用できることを紹介します。

  • 「ハードウェア性能を最大限に引き出すソフトウェア開発」に注力するインテル

    現在、組込システムやWeb/モバイルシステムの両方の開発分野では、ハードウェア性能を最大限に引き出すためのソフトウェア開発ソリューションが必要になってきている。そこで、インテルはソフトウェア開発に対する技術・ソリューションとして、2つの製品を開発者へ提供している。 1)IA搭載機器の開発に最適化された「インテル® System Studio 2014」 2)無料のモバイルアプリケーション開発環境「インテル® XDK」 その結果、製品を利用したソフトウェア開発者は、プロセッサーの性能を最大限に引き出し、さまざまなモバイルプラットフォームで動作するアプリケーションを容易に開発できるようになる。インタビューの中で、インテルが今後、組込システムとWeb/モバイルシステムの両方の開発分野において、テクノロジーとナレッジの両面からソフトウェア開発者をサポートする体制を整えつつあることがわかった。

  • Java 8を可能にしたJava 7の機能

    この記事ではBen Evans氏が,Java 8の新機能の布石となったJava 7の機能を探求します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。