BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 言語 に関するすべてのコンテンツ

  • Java 16またはJava 17にアップグレードする理由と方法

    次の長期サポート (LTS) リリースであるJava 17は、2021年9月14日にリリースされます。残念ながら、多くのアプリケーションは最新のLTSであるJava 11より前のバージョンのJavaで実行されています。この記事では、アプリケーションをアップグレードしなければならいない理由と、比較的素早くアップグレードする方法について説明します。アプリケーションが何によって壊れるかと、それを解決する方法についての実用的な例が提供されています。

  • Java 16の最新情報

    Java 16は、プロダクションで使用することを目的としたGAビルドとして2021年3月にリリースされました。そして、次のLTSビルドであるJava 17は、今年の9月にリリースされる予定です。Java 17には、多くの改善と言語の強化が詰め込まれています。そのほとんどはJava 11以降に提供されたすべての新機能と変更の集大成です。

  • C#のソースジェネレータを開発する

    今回の記事では、C#のソースジェネレータを取り上げます。その過程で、自分自身で開発する上で必要となるであろう、いくつかの重要なテクノロジや、開発過程で出会うかも知れない落とし穴についてご紹介したいと思います。

  • コンパイルされ、型付けされ、RubyにインスパイアされたCrystal言語がプロダクションに対応 - Beta Ziliani氏とのQ&A

    Crystal言語は、開始から12年後にプロダクションに対応しました。Crystalはパフォーマンスのためにコンパイルされ、安全性のために型付けされ、生産性のためにRubyに似ています。強力な型推論により、開発者はスパース型注釈のみを必要とします。言語のトレードオフ、現在の機能、および言語のロードマップについて、Crystalチームの責任者にインタビューしました。

  • シリーズ記事: Javaによるマイクロサービスの構築

    このシリーズの記事では、Java言語を使用してマイクロサービスベースアーキテクチャを構築する最先端の技術について説明します。Spring BootやDropwizardなどの人気のある大物と並んで、Quarkus、Micronaut、Helidonなどの新しいフレームワークが勢いを増しています。これらのフレームワークは、2016年にMicroProfileがJavaコミュニティに導入された後に登場しました。

  • Java 注目の機能: パターンマッチング

    Java SE 14 (2020年3月) では、プレビュー機能として限定された形式のパターンマッチングが導入されました。これは、Java SE 16 (2021年3月) の永続的な機能になります。パターンマッチングの最初のフェーズは、1種類のパターン (型パターン) と1つの言語構造 (instanceof) に制限されていますが、これは、長期に渡って増加する機能の最初の記事にすぎません。

  • PHP 7 — class と interface の改善

    PHP 7に特化したこのアーティクルのシリーズ第2回では、オブジェクト指向プログラミングのサポート、クラス、およびインターフェイスに焦点を当てたPHP 7の新機能の調査を続けます。

  • 開発者向けの強力なブラウザであるPolypaneの作成者へのインタビュー

    Polypaneは、WebアプリケーションおよびWebサイトの開発中に支援する多くの機能を備えた強力な開発Webブラウザです。先頃、Polypaneの作成者であるKilian Valkhof氏と話をして、Polypaneとは何か、その動機の背景、使用されているテクノロジー、製品作成の課題、将来の方向性などについて学ぶ機会がありました。

  • Crank: レンダリングを備えた新しいフロントエンドフレームワーク - 作者のBrian Kim氏に聞く

    Brian Kim氏が発表したCrank.jsは、非同期レンダリングを最初から備えた新しいフロントエンドフレームワークです。フロントエンドアプリケーションの タスクと標準的な非同期ジェネレータの調停を行います。CrankはJavaScriptのみを使用することで、フロントエンドアプリケーションの記述に必要とされる概念の数を低減します。

  • Brahmos -- コンカレントレンダリングを備えた、コンパクトなReact風UIフレームワーク

    Brahmosは既存のReact API(フック、コンテキスト、コンカレントモードなど)を高速性の期待できる新たな方法で実装したもので、JavaScriptの標準機能であるテンプレートリテラルを活用しています。同時に、Reactの提唱する実験的機能であるコンカレントモードAPIを備えた、数少ないUIフレームワークのひとつでもあります。他のフレームワークには、この機能の完成を待ったり、機能全体を完全な対象外としているものも見られます。

  • ”Fastify” Node.js用Webフレームワーク - 共同開発者Matteo Collina氏へのインタビュー

    Fasttifyは、Node.jsのエコシステムにおける多くのニーズを満たす、パフォーマンスオーバーヘッドの小さな、オープンソースのWebフレームワークです。Fastifyでは、強固なオープンソースプロジェクト��コミュニティを構築するための原動力として、開発者エクスペリエンスに重きを置いています。FastifyプロジェクトはOpenJS Foundationの一部です。

  • Java InfoQ トレンド報告 — 2020年9月

    この記事では、InfoQ 編集部が現在、2020年の Java 空間における技術の採用と新たなトレンドをどのように見ているかをまとめている。我々は、Java という言語に加え、Kotlin や Scala、Java 仮想マシン(JVM)、Java ベースのフレームワークやユーティリティなどの関連言語に焦点を当てている。

BT