BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 言語 に関するすべてのコンテンツ

  • 11のCSS-in-JSライブラリの比較調査 - Andrei Pfeiffer氏のReact Finland 2021での講演より

    Andrei Pfeiffer氏は先頃、CSS-in-JSライブラリの比較調査を実施し、その結果について講演した。React Finland 2021で行われた講演の中でPfeiffer氏は、静的および実行時(ランタイム)というCSS-in-JSライブラリの違いに注目した上で、それぞれのカテゴリと、ブラウザのキャッシングがパフォーマンスに及ぼす影響について説明した。

  • Red HatがVSCodeプラグインのJava言語サポート 1.0をリリース

    Red Hatは、VSCodeでJava 17をサポートするJava言語サポートバージョン 1.0をリリースした。これは、型階層の表示、パフォーマンスが向上している。ソースルックアップ機能が改善、管理されていないプロジェクトのサポート、Maven Centralで利用可能な任意のライブラリのソースを表示できるようになった。このリリースには、Kotlinで記述されたGradleファイルの新しいコードアクションとサポートも含まれている。

  • Grails 5.0リリース - 基盤フレームワークを刷新、機能を統合

    Grails 5.0がリリースされた。コンフィギュレーションでの'ドット'ベースナビゲーションの廃止、Data Servicesにおける"型によるオートワイヤ(autowire by type)"のデフォルト化、Grails Gradle Pluginのgrails-coreからの分離といった変更に加えて、grails-pluginアプリケーションからGrails Gradle Publishプラグインが削除されている。Apache Groovy 3、Micronaut Framework 3、Gradle 7、Spring Boot 2.5、Spring Framework 5.3、Spock 2.0といったアップグレードも含まれる。

  • Java News総まとめ: JDK 18リリーススケジュール、Spring Data 2021.1.0、Apple オープンソース GCGC

    今週2021年11月8日のJava総まとめでは、JDK 18、Project Loom Build 18-loom+4-273、Spring FrameworkとSpring Dataのポイントリリース、Quarkus 2.4.2.Final、Hibernate Reactive 1.1.0.Final、Piranha 21.11.0、Groovy 4.0.0-beta-2、Apache Camel Quarkus 2.4.0.Final、Neo4J Migrations 1.0.0、Apple オープンソース GCGC、およびGluon JavaFX 17.0.2-ea+2およびJavaFX 18-ea+6からのニュースを特集する。

  • Javaニュース総まとめ: MicrosoftがJCPに参加、Helidon 2.4.0、OpenJDKとJDK 18の更新

    今週2021年11月1日のJava総まとめでは、OpenJDK JEP、JDK 18、Helidon 2.4.0、Open Liberty 21.0.0.12-beta、Spring Cloud とその関連サブプロジェクトのポイントリリース、Quarkus 2.4.1.Final、Hibernate Reactive 1.0.1、WildFly 25.0.1、JReleaser 0.8.0. からのニュースを特集する。

  • HibernateがReactive APIのバージョン1.0をリリース

    新たなHibernate Reactive 1.0は、人気のあるHibernate ORM用のリアクティブAPIの最初の安定バージョンだ。ノンブロッキングデータベースドライバとデータベースとのリアクティブスタイルのインタラクションをサポートする。

  • GraalVM 21.3がJava 17をサポート

    Oracle Labs は Java 17 とネイティブ Java で実行可能なオーバーヘッドの少ないプロダクションプロファイリング、JDK Flight Recorder (JFR) のサポートで GraalVM 21.3 をリリースした。2021年4月のバージョン 21.1 と比較して、このリリースでは Spring PetClinic JDBC で 14% 小さくネイティブ実行ファイルが作成され、ビルド時間が 20% 短縮される。このリリースで、アプリケーションがより高速に実行され、Java プラットフォームモジュールシステムのサポートが開始される。

  • Swiftが実験的に分散アクターをサポート

    新たなSwift Distributed Actorsパッケージによって、将来のdistributed actor言語機能がSwiftでどのようになるかを垣間見ることができる。

  • Apache Sparkはバージョン3.2でPandas APIを提供

    Apache Sparkチームは、Pandas APIを製品の最新の3.2リリースに統合した。この変更で、PySpark実行エンジンを使って、データフレーム処理を単一のマシン内の複数のクラスタまたは複数のプロセッサーに拡張できる。

  • Javaニュース総まとめ: Hibernate Reactive 1.0、Springの更新、OpenJDK、Red HatのCryostat 2.0の発表

    今週2021年10月25日のJava総まとめは、OpenJDK、JDK 18、Springプロジェクトの多数の更新、MicroStream 6.0、Quarkus 2.4.0、Hibernate Reactive 1.0、Open Liberty 21.0.0.11、Eclipse Vert.x 4.2.0、Red HatのCryostat 2.0の発表、GraalVM Native Build Tools 0.9.7.1、Liberica Native Image Kit 21.3、およびJDKMon 17.0.7からニュースを特集する。

  • Oracle JDK 17 - 再び商用利用が無料に

    Oracle JDK は、新しい「Oracle No-Fee Terms and Conditions (Oracle無料利用規約)」(NFTC) ライセンスの下で、プロダクションで再び無料で使用できるようになる。この動きは、Oracle JDK のプロダクションでの使用に対して課金するという2018年の決定を覆すが、Oracle のOpenJDK ディストリビューションには影響しない。NFTC は、最近リリースされたバージョン 17 の Oracle JDK および将来のバージョンに適用される。

  • トレーニング済モデル上で高速クエリ検索インデクスをサポートするTensorFlow Similarity

    Francois Chollet氏とそのチームは先頃、TensorFlow SimilarityというTensorFlow用Pythonライブラリをリリースした。類似性学習(similarity learning)とは、画像内の似通った衣類から顔写真を使用した人物識別に至るまで、類似アイテムの検出を行うプロセスである。ディープラーニングモデルでは、イメージ間の類似性学習の正確性と効率を向上させるために、対照学習(contrastive learning)と呼ばれる手法が使用される。

  • Javaニュース総まとめ: OpenJDKの更新、Spring、Quarkus、Payara、Hibernate、QuarkusとJakartaOne

    今週2021年10月18日のJava総まとめでは、OpenJDK JEP、2021年10月のOracleリリースクリティカルパッチアップデート、JDK 18、多数のSpring Projectsアップデート、Quakus 2.3.1、Payaraプラットフォーム、Hibernate Search 6.0.7、GraalVM 21.3、Java for VS Code 1.0とApache Camel for VS Code 0.1.0、JakartaOne Livestream 2021カンファレンスのプログラムの完成からのニュースを特集する。

  • SCADE 2.0でSwift for Androidが大きく前進

    バージョン2.0になったSCADEの目標は、iOSとAndroidのネイティブアプリをSwiftで開発できるようにすることだ。数多くの内部的な改善に加えて、SCADE 2には、これまでのEclipseベースのIDEに代わる、macOS用のネイティブIDEが新たに含まれている。InfoQは今回、開発者のFrank Langel氏と話す機会を得て、その詳細な情報を聞くことができた。

  • デザイナと開発者の作業受け渡しを合理的にする - Travis Arnold氏のReact Finland 2021での講演より

    Travis Arnold氏は先日、JSXとコンパイラのテクノロジを組み合わせて使用することによって、デザイナと開発者の作業の受け渡しをより効率的にする方法について講演した。紹介されたアイデアは、公開されているツールやライブラリとしてはまだ実現されていないが、自身をデザイナ兼開発者だと称するArnold氏のアイデアは、コラボレーションの改善方法として有用な可能性がある。

BT