BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 言語 に関するすべてのコンテンツ

  • Javaニュース総まとめ - 2021年5月31日週

    今週の総まとめでは、JDK 17を対象とするOpenJDK JEP、JDK 18の初期作業、Project Skara 1.0、JavaFX、MicroProfile GraphQL、Quarkus 2.0、Micronaut 3.0、Hibernate ORM 5.5.0、Payara Platform 5、Eclipse Vert.x 4.1.0、SpringおよびEclipseCon 2021からのニュースを取り上げる。

  • Grain: WebAssemblyファーストプログラミング言語 - WebAssembly Summit 2021

    Oscar Spencer氏は先頃、WebAssemblyにコンパイルされる新しい強く型付けされた高級言語であるGrainのプレゼンテーションをした。Grainには、可変変数の使用が可能な、関数型プログラミング機能 (型推論、パターンマッチング、クロージャなど) がある。Grainには、複合データ構造 (Option、Stack、Result) とシステムコール (I/O、プロセス処理など) の標準ライブラリもある。

  • JHipsterがMicronaut Blueprint 1.0.0をリリース

    Object Computing, Inc.は、Object Computing、Micronaut Foundation、JHipsterのコラボレーションであるJHipster Micronaut Blueprint 1.0のリリースを発表した。これは、JHipsterサーバーサイドアプリケーション用のMicronautのオプションを構築するためのものである。MHipsterとも呼ばれるこの新しいフレームワークはモノリスまたはマイクロサービスベースのアプリケーションを生成する。これには、本番環境へよりクイックにデプロイできるようにするための主要な機能とインテグレーションも提供される。

  • Google CloudがCloud FunctionsでPHPをサポート

    Google Cloudは先頃、Cloud Functions上で動作するPHPの公開プレビューを発表した。このFunctions Framework for PHPはHTTP関数、HTTPイベントへの応答に加えて、Pub/Sub、Cloud Storage、Firestoreといった外部および内部のGoogle Cloudサービスが発行したイベントを処理するCloudEvent関数をサポートする。

  • コンパイルとドキュメントの出会い

    新しいJavaの提案は、コンパイル可能なソーススニペットを介してAPIドキュメントを強化する方法を提供するものである。

  • Swift 5.4が複数の可変数引数、リザルトビルダなどをサポート

    先日リリースされたSwift 5.4では、複数の可変数引数のサポート、暗黙的メンバ構文の拡張、ローカル関数オーバーロードのサポート追加などが行われている。実行時のパフォーマンスやバイナリサイズも改善された。

  • Prisma ORMツールスイートが実運用対応に

    Prisma — データベースORM — を開発するNikolas Burk氏は先頃、Prismaのすべてのツール(Prisma Client、Prisma Studio、Prisma Migrate)が実運用環境で使用可能になったと発表した。Prisma Migrateは今年になってプレビューを完了していたが、今回から一般提供されるようになる。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年5月24日週

    今週の総まとめは、JDK 17を対象とした OpenJDK JEP、Jakarta EE 9.1 と Microsoft Build of OpenJDK の GA リリース、Micronaut および Hibernate Reactive それぞれのマイルストーンおよび候補リリース、Spring WebFlux のローカル特権昇格攻撃に対処する脆弱性レポートのリリース、そして Hibernate と Java のバースデーを祝うニュースを取り上げる。

  • GoとJavaScriptでコンテンツ・アウェアな画像サイズ変更

    UberのソフトウェアエンジニアであるOleksii Trekhleb氏は、最近、動的計画法を使って、CPUを消費するコンテンツ・アウェアの画像サイズ変更アルゴリズムを高速化する方法を検討した。開発者は、コンテンツ・アウェアのサイズ変更を使って、画像のキーとなる特徴を維持しながら、画像をさまざまな含みを持つコンテキスト(画面のフォームファクタ、レスポンシブレイアウトコンテナなど)にフィットさせることができる。

  • Microsoftが64ビットのVisual Studio 2022を発表

    Microsoftは、来たるVisual 2022がついに64ビットになることを発表した。VS2022は、今後の.NET 6、C++20、ASP.NET Blazor、.NET MAUIを完全にサポートする。VS2022の最初のプレビューリリースは2021年第3四半期に予定されている。

  • OSGiワーキンググループがEclipse Foundationを新しいホームに

    OSGiワーキンググループ(WG)は12月にOSGi Coreリリース8を出荷した後、現在Eclipse Foundationでインキュベーション活動を行っている。OSGi WG(以前は「OSGi Alliance」と呼ばれていた)は、昨年10月にEclipseへの移行を発表した。すでに憲章を批准し、2つの委員会と2つのワーキンググループを作成し、そのコードリポジトリを移行した。

  • JetBrainsがIntelliJ IDEA 2021.1をリリース

    JetBrainsは、Java 16のサポート、HTMLの変更を即座にレンダリングする新しいプレビュー機能、およびWSL 2のサポートを特徴とするIntelliJ IDEA 2021.1をリリースした。Docker、WSL 2、またはSSH経由でアプリケーションを実行することもできる。その他Docker、Kubernetes、Kotlin、Gitなどのサポートのさまざまな改善が含まれる。

  • SentryはフロントエンドをTypescriptに移行 - 教訓

    Mark Story氏とPriscila Oliveira氏は最近、Sentryのフロントエンドコードベース(1年間の作業で100,000行のコード)をTypeScriptに変換するときに学んだ教訓を共有した。この二人は、TypeScriptがJavaScriptを段階的に置き換え、新しいTypeScript言語機能がリリースされるにつれて型が継続的に改良され、複雑な型が段階的に構築される段階的な変換プロセスについて説明した。

  • JDK 16をサポートするGradle 7.0がリリース

    カスタマイズ可能なオープンソースのビルド自動化ツールであるGradleは、JDK 16をサポートするバージョン 7をリリースした。インクリメンタルビルドの高速化、ビルドの信頼性の向上、Apple Siliconプロセッサを搭載した新しいMacのネイティブサポートが付属している。以前のリリースで導入された依存関係の検証やJavaモジュールシステムのサポートなどのプレビュー機能は、安定した機能として昇格された。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年5月17日週

    今週の総まとめは、JDK 17を対象としたOpenJDK JEP、Helidon、Quarkus、Open Liberty、Hibernateのポイントリリース、さまざまなSpringプロジェクトの活発な活動からのニュースを取り上げる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。