BT

InfoQ ホームページ Loose Coupling に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Udi Dahan氏がイベント駆動アーキテクチャと疎結合なシステムについて語る

    Udi Dahan氏がプレゼンの中でよりイベント駆動で非同期なパターンを使ったシステムのモデリングの仕方やこのような手法を採用したときに直面する課題について説明しながら、強靭さ、弾力性、スケーラビリティを確保するにはより弱く結合したシステムを構築する必要がある、と主張している。

  • DRY原則の利用: コードの重複と密結合の間

    DRYは重複とそれに伴うメンテナンスの問題を軽減するものだが、誤用すると密結合を生み、可読性を損うおそれがある。教訓:ソフトウェア開発原則は、ほかの原則やパターン、プラクティスを考慮して適用しなくてはならない。

  • .NET Chain of Responsibilityライブラリ

    Chain.NET(別称NChain)は、.NETおよびMonoプラットフォーム向けのChain Of Responsibilityデザインパターンの汎用実装である。SourceForgeで利用可能なバージョン0.1は標準CoRデザインパターンをCommandデザインパターンと結合して、コマンド処理ソリューションに利便性や柔軟性をもたらす。

  • 複合イベント処理とEDA

    複合イベント処理(CEP)システムとイベント駆動型アーキテクチャ(EDA)は、現在および将来の高性能システムにおいて重要な役割を果たすものとして認識されており、その役割と適用方法が議論されている。David LuckhamとRoy SchulteがCEPおよび EDAで使用され��用語の概要と解説をまとめている。

  • SOAにおける疎結合の定義

    SOAにとって凝集性が重要かどうかという議論で、Carlos Perez氏がソフトウェア構造での結合についてまた、SOAとの関連でそれがどのように展開してきたのかについて見解を述べた。まずBertrand Meyer氏によるモジュール性の原理から始め、独自のサービス指向の原理へと展開する。

  • SOAにとって凝集性の考え方は必要か?

    IONA社で働いていた2005年に、Steve Vinoski氏はサービスの凝集度と結合度についてのレポートを作成した。その中で彼は、長い時間をかけて「良い」ということが認められてきた三つの凝集の型について言及している。

  • マイクロソフトのUnity Dependency Injection Application Block、リリースされる

    マイクロソフトのpatterns & practicesグループは、UnityもしくはUnity Application Blockと呼ばれる依存性注入コンテナをリリースした。開発者はこの軽量コンテナを使い、拡張可能な疎結合アプリケーションを作成できるようになった。

  • SOAの世代分類

    SOAはそれが普及する前から長い間、そのハイプ曲線はピークのままである。分散型システムやEAIのためのアプローチとしての疎結合は、しばしば遅延バインディングを使用したソフトウェアパターンと比較されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。