BT

InfoQ ホームページ Maturity Models に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Robert Scherrer氏に聞く - スイス金融センタのバックボーン上のDevOps

    少人数のコアチームによる開始、スキル・組織・プロセス・インフラストラクチャ・アーキテクチャの5つに価値観と思想を加えた5+1次元を中心とするDevOpsアプローチ - SIXは、ITとビジネスの協業のあり方として、それまでのサイロを破壊し、バリューストリームを実現する転換を進めている。InfoQはSIXのソフトウェア開発を率いているRobert Scherrer氏に、導入の経緯について話を聞くことができた。

  • Klaverblad Insuranceにおける継続的デリバリ

    継続的デリバリは,デプロイメントを自動化するためのアジャイルプロジェクトとして実施されるべきものだ。ステップの細分化によるスピードアップ,小さなデリバリによる信頼の獲得,問題の迅速な解決が必要となる。今回の記事ではKlaverbladがアジャイル,DevOps,継続的デリバリ,マイクロサービスを導入した経緯について紹介する。

  • 成熟度モデルによる継続的な能力向上

    Martin Fowlerによれば、成熟度モデルとは、個人または集団の現在の有効性を分析評価し、次に獲得する必要がある実務能力を割り出すことで、能力の向上につなげるための道具である。

  • ING NetherlandsによるDevOps移行の客観的改善測定

    ING Retail Banking NetherlandsのJan-Joost Bouwman氏とMark Heistek氏はDevopsdays Amsterdamで,CMMI-ITIL型の組織がよりアジャイル的な価値観からどのような恩恵を受けられるか,という内容のプレゼンテーションを行った。この種のセッションとしては珍しく,運用システムにデプロイされた変更数の顕著な増加や変更当たりのリスク値の減少など,改善に関する定量的根拠が提示された。

  • スクラムのプロジェクト管理プラクティスによるCMMI支援

    CMMI-DEV(Capability Maturity Model Integration for Development,開発のための能力成熟度モデル統合)のプロジェクト管理プロセス領域とスクラムとの関連性について検討する。

  • 継続的デリバリがイノベーションを加速する

    Thoughtworks が先日公開した白書で取り上げた継続的デリバリ (CD, Continuous Delivery) の成熟モデルは,多くの企業がイノベーションの重要性を理解しながらも,ビジネスリーダの要求に対して十分な速さでソフトウェアを提供できていないという調査結果に対する回答だ。

  • J. Sutherland氏らによるアジャイル関連のリソース

    MicrosoftはVisual Studioを利用する開発者向けにアジャイル開発の原則やガイドラインを含んだリソースを提供している。このリソースにはJeff Sutherland氏, Ken Schwaber氏, David Star氏, Mitch Lacey氏, David J. Anderson氏などのアジャイルリーダーが書いた、どんな開発チームでも利用できるアジャイルの方法論の要点が含まれている

  • アプリケーションのRESTful度合いをどう計測するか

    RESTとWS-*やSOAを比較する議論は下火になり、今はシステムのRESTful具合を計測する方法について議論されている。多く言及されたのがリチャードソン成熟モデルだ。しかし、コミュニティではこのモデルは適切な方法ではないという意見がある。

  • 機敏さ、職人的技能、そして成功の評価

    Scott Ambler氏、Ross Pettit氏らがアジャイル・プロセス成熟度モデルの作成を続けている一方で、David Starr氏は組織が評価を望むであろう項目について、その方法と理由に目を向けた。機敏さ、職人的技能、そして組織的成功。彼は、職人的技能を評価することは比較的簡単だが、機敏さを適切に評価することは非常に難しい、という結論に達した。

  • Scott Ambler氏がアジャイル・プロセス成熟度モデルを再考する

    以前「Has Hell Frozen Over? An Agile Maturity Model?」を執筆したScott Ambler氏が、アジャイル・プロセス成熟度モデルと称するものを書き始めた。Scott氏のモデルに関するディスカッションでは、同一名称による別モデルを明らかにし、アジャイルの成熟度モデルの有効性に関する議論を一新してきた。

  • アーキテクチャ能力の評���と改善 - SEIの新たな論文

    Carnegie Mellon® Software Engineering Institute (SEI) は最近、「Models for Evaluating and Improving Architecture Competence(アーキテクチャ能力の評価と改善のモデル)」という87ページにわたるレポートを公開した。これは、ソフトウェアアーキテクトやソフトウェア組織が、どのように高品質のアーキテクチャを一貫して生み出す環境を育てることができるかについて検証している。

  • BPTrendsおよびBEAの調査が「The State of BPM in 2008」を検討

    数週間前、BPTrendsおよびBEAによって「The State of BPM in 2008」に関する2件の重大な報告書が発表された。その報告書は、主要なSOAインフラストラクチャーベンダー主導の急成長市場、BPMNの導入の大幅な伸び、およびBPELの安定した成長についてまとめている。BPMアプローチ導入の要因は、コストのセーブからエンタープライズアプリケーションで、なくなった機能性の相殺に及ぶ。

  • SaaSアーキテクチャ成熟度モデル

    Software as a Service (SaaS)がますます主流となるにつれて、製品の裏側にあるアーキテクチャに関する議論が活発になっている。Dharmesh Shah氏がSaaSアーキテクチャ成熟度モデルの経済的意味について著した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。