BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ MDA に関するすべてのコンテンツ

  • Lagom - 新しいマイクロサービスフレームワーク

    Akkaを開発するLightbendが,同社のReactive Platformを基盤として使用したオープンソースのマイクロサービスフレームワークであるLagomをリリースした。Play FrameworkやAkka製品ファミリに加えて,開発用としてConductRを使用しているのが特徴だ。デフォルトはメッセージ駆動型の非同期方式で,分散型CQRS永続化パターンとイベントソーシングを実装の中心に使用している

  • レガシソフトウェアをメンテナンスするためのモデルベースのアプローチ

    Phillips HealthcareのソフトウェアアーキテクトであるHans van Wezep氏がBits&Chips Software Engineering Conferenceで,モデルを使用したマイグレーションについて講演した。InfoQでは氏にインタビューして,レガシソフトウェアをメンテナンスする上での問題点,手作業によるリファクタリングでのエラーの問題,コードベースのリファクタおよびマイグレーションにおけるモデルの利用,レガシソフトウェアをメンテナンスする上でのモデル利用のメリットなどについて話を聞いた。

  • 形式的手法を用いた正当性立証可能なソフトウェアの開発

    ソフトウェアプログラム内の中核的なコミュニケーションと状態管理が論理的に100%正しいことを証明する手段として,コンピュータチェックモデルを利用する方法がある。同じようなモデルは,100%正確なソースコードの作成にも応用できる。このような形式的手法を利用することにより,市場提供のためのコストと時間を削減し,より信頼性の高いソフトウェア製品の提供が可能になる。

  • 集約、エンティティ、バリューオブジェクト

    集約をモデリングして、その集約の中のエンティティから可能な限り多くの振る舞いをバリューオブジェクトに移行しようとするとき、より多くの振る舞いが必要になるにつれ、新しいバリューオブジェクトが必要になる。これは、Paul Rayner氏が集約やエンティティ、バリューオブジェクトなどドメイン駆動設計(DDD)の世界の概念を取り上げた一連のブログ記事の中で推奨していることだ。

  • QConTokyo2013【アジャイル/モデリング】トラックのご紹介

    このトラックでは、アジャイル開発プロセスの観点から、コーディングスタイル、モデリング、NOSQLデータベースによる柔軟なシステム実現、という3つのテーマでアジャイルとモデリングの最新状況をご紹介したいと思います。

  • コンテキスト境界を使って大きなドメインモデルを小さくする

    開発者はドメイン駆動設計(DDD)のコンテキスト境界という概念を使って、巨大なモデルを複数の小さなモデルに分割できる。これにはEntity Frameworkのデータベースコンテキスト(DbContextクラス)が利用できる。

  • Event Store を Read Model として���用する - Greg Young 氏の講演より

    Event Store のリードアーキテクトである Greg Young 氏は先日,Event Store の Projections Library と,それを Read Model として使用する方法について 講演した。プレゼンテーションの中で氏は,Projections Library とは何なのかを主要なユースケースを挙げて説明した上で,多数の実例を示した。

  • OpenXava 4.5がJPA継承マッピングとAutomated Business Logicをサポート

    企業アプリケーションのラピッド開発用のJavaフレームワークであるOpenXavaの最新版は、JPA継承マッピングの全戦略とAutomated Business Logic (ABL) ライブラリをサポートしている。OpenXava バージョン4.5は、先月リリースされた。

  • Sparx SystemsがEnterprise Architect 9.2をリリース

    オーストラリアのUMLツールベンダであるSparx SystemsはEnterprise Architectバージョン9.2を発表した。新しいバージョンには強化されたシュミレーション機能やオンドロジーの記述などがサポートされている。

  • 追悼:Steve Jobsのソフトウェアエンジニアリングへの貢献

    SteveがAppleを去ってからの12年間、彼は現代のコンピューティング、プログラミング言語、ソフトウェアエンジニアリングのプラクティスの土台となる数々のソフトウェア技術やパラダイムを世にもたらした。そこでInfoQでは、あまり知られてはいないが、私たちの生活、特に開発者やアーキテクトとしての生活に彼が果たした偉大な貢献をふりかえることで、Steveを追悼したい。

  • MDE はなぜチャンスを逃したのか

    プログラム言語に対する関心と活動は,月を重ねるごとに新たな高みに達しているかのようだ。Jean Bezivin 氏は今週行われた SPLASH カンファレンスで,MDE への関心が停滞していることを指摘した上で,自身の検討結果をその理由として示している。

  • European Space Agency と Leroの提携

    2011年8月18日にアナウンスされたように、Irish Software Engineering Research Center (Lero)は、European Space Agency (ESA)と研究プロジェクトために、30万ユーロの契約を結んだ。研究活動の目標は、将来の宇宙飛行のためのソリューション フレームワークを提供することである。

  • 第15回 ソフトウェアプロダクトライン会議 (SPLC) プレビュー

    ソフトウェアプロダクトライン国際会議 (SPLC) は,ソフトウェア集約製品におけるプロダクトライン・エンジニアリングの全領域をカバーする,最も重要なイベントだ。 その第15回が8月21日から26日にかけて,ミュンヘンシティセンターで開催される。

  • 動画で学ぶソフトウエアアーキテクチャ

    ソフトウエアアーキテクチャを最新に保つのはとても難しい。アーキテクチャの情報は普通、厚い本かウェブサイトで得られる。しかし、YouTubeやVimeoのような動画サイトで勉強するのも面白い方法だ。

  • Xbaseを使って汎用のグラフィカルなビューを定義

    XtextプロジェクトのコアコミッターであるJan Koehnlein氏は、どのようにXbaseを使って、モデルのグラフィカルなビューを宣言的に作れるかを紹介している。他の方法ではモデルとそのグラフィカルな表現は密に結合した変換によって達成されている。

BT