BT

InfoQ ホームページ Memory Leaks に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • 優れたモダンなC++を書くのに役立つC++ Core Guidelines

    CppConで発表されたように、Bjarne Stroustrup氏とHerb Sutter氏がモダンなC++のためのガイドライン集を作り始めた。目標は、開発者の言語の使い方を改善し、タイプセーフでリソースリークのない、できるだけロジックエラーのないコードが書けるようにすることだ。

  • Visual Studio 2012のJavaScriptメモリー解析ツールは、 Windows Storeアプリのリークを特定できる

    Visual Studio 2012 Update 1にはWindows 8用のJavaScriptメモリー解析ツールが含まれている。これは潜在的なメモリーリークを特定し、これによって開発者は、Windows Storeに提出する前にアプリを修正できる。

  • GoogleがLeak Finderをオープンソース化

    GoogleはJavaScriptアプリケーションのヒープを調べてメモリリークを検出するLeak Finderをオープンソースにした。

  • WPF 4.5のWeak Events

    .NET 4.5では、WPF開発者にジェネリック版のWeakEventManagerを提供する。これは、サブクラスを明示したイベントが不要で、リスナインターフェイスも必要ない。

  • WPFのメモリーリークに対する3つのホットフィックス

    Windows Presentation Foundationは、簡単にメモリーリークが起きるので、すぐさま有名になった。これらのリークの殆どは、弱い参照の使用か誤使用が原因のようである。WPFのデータバインディング技術は、この弱い参照をベースにしている。最近の一連のホットフィックスにより、これらのリークの多くは修正されている。

  • .NETのメモリリークに対処する

    ソフトウエアアーキテクトでありコンサルタントでもあるFabrice Marguerie氏は.NET アプリケーションでのリソースやメモリリークを検出する方法についてMSDNに記事を書いた。この記事には .NETでのプログラミング中にメモリやリソースのリークがどのように発生するのか、そしてどうすれば防げるのかが書いている。

  • 深刻なメモリリークに悩まされるWPF

    WPF (別名Windows Presentation Foundation) は、WindowsプラットホームにおけるUIの今後を示しており、Microsoftの思い通りに行けば、ウェブおよびモバイル市場は、その後継である Silverlightに引き継がれることになるだろう。しかし、他の新技術と同様、WPFにもいくぶん深刻なメモリリークが発生する点など、克服すべき問題がいつくか存在する。

  • JProbe 8.0:Javaコード、メモリおよびカバレッジプロファイラーが復活

    近ごろQuest SoftwareはJProbe 8.0をリリースした。それはJavaコード、メモリおよびカバレッジプロファイラーである。1990年代後半よりJProbeは主要Javaプロファイリングツールの1つであったが、新たなEclipse統合やさらに競争力のある価格を実現したJProbe 8.0をリリースすることで、Questがプロファイリング市場における主導権を奪回することを目的としている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。