BT

InfoQ ホームページ メッセージング に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • 信頼できるメッセージングは、不要。

    Marc de Graauw氏は、WS-ReliableMessagingのようなトランスポート レベルの信頼性メカニズムが必要だ、という考えに対して、挑戦している。そのために、オランダのヘルスケアのSOAを例に、いかに、順番処理と正確に1度の処理を実現するビジネス論理の方が、ずっとうまくジョブを処理できるかを説明している。

  • 洗練されたサービス契約による見事なスケーラビリティ

    Udi Dahan氏のチームが、サービス契約を利用した2度の失敗を避け、複数の側面でのスケーラビリティに対処しています。

  • RailsのActiveMessaging入門

    この記事では、ActiveMessagingと関連技術について紹介し、それをRailsアプリケーションで利用する方法を説明します。

  • プレゼンテーション層を合理化する

    この記事では、Webアプリケーションが特徴となるシン・クライアントのパラダイムは"その場しのぎの解決策"であり捨て去らなければならないと考えています。なぜこのようなことを言うのか理解していただくためにインターネットが広まり始めた90年代半ばに立ち戻りましょう。

  • クレイジーなWebサービス標準の全てを理解する

    Michele Leroux Bustamanteが、現在使われているWS-*の標準の中で、Webサービスプラットフォーム(Javaと.Netにフォーカスしています)に共通した実装や、採用や準備の度合いなど、関連性の高いものについて説明しています。

  • JMSとSpring.NETを使用したメッセージ連携

    Mark Pollack氏が、SpringとSpring.Netを使って、Javaと.Netのインターオペラビリティのデモンストレーションをお見せします。内容としては、.NETとJavaの間のコミュニケーションの基盤としてMOMを使用し、ローカルLANで動作する単純な株取引アプリケーションの中で、.NETクライアントとJavaの中間層が連携するというものです。

  • オープンソース の Java 対応 WS スタック ? 設計の目標と理念

    スタックを開発している主要なベンダーに、さまざまな質問を投げかけてみた。

  • ESB で進化的な統合を

    今回の一連の記事では、よく知られている統合パターンとオープンソース統合プラットフォームの Mule を使って、システムを統合する方法を紹介する。

  • Java、.NET、でもなぜ一緒に?

    歴史的に、Java/.NET間の相互運用性についての議論は、.NETとJavaのシステムのどちらも持ち、対話させることが必要な特定の企業においてのみ発生する、"必要なときのみ"の相互運用性という見出しの元でしか行われてこず、アーキテクチャの話題の二の次とされていました。しかし、それらの議論から抜け落ちているものがあります。それは、開発者には「必要だから」という場合でなくともJavaと.NETをともに動作させたい場合があり、その動機についての議論です。

  • シンプルな JAVA と .NET SOA の相互運用性

    この記事では、単純なテクノロジーと文書を中心としたアプローチを組み合わせることによって、独自のミドルウェアや複雑なWebサービススタックを利用せずに、価値の高いビジネスサービスを実現する方法について説明します。この発想は、RESTのアーキテクチャ様式や HTTP上でXMLを移動する機能から生まれたものです。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。