BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 方法論 に関するすべてのコンテンツ

  • Hades - JPAリポジトリが簡単に作れる

    世の中にある、ほとんど全てのアプリケーションは、その仕事をするには、データにアクセスする必要がある。ドメイン駆動設計アプローチでは、ドメインを構成するエンティティ用のリポジトリを定義する。Javaの開発者は、よくJPAを使って、これらのリポジトリを実装する。Hadesは、オープンソースのライブラリでJPAとSpring上に作られており、データアクセス層の実装が著しく改善され、実際に必要なコード量を削減できる。

  • 「かんばん」をソフトウェア開発に適用する: アジャイルからリーンへ

    このInfoQの記事において、平鍋健児氏は、日本の製造業者と共に学んだことを適用する。多くのアジャイルチームはバリューストリームの一部だけを最適化するが、平鍋氏は、リーン生産のかんばんによる視覚的なトラッキングシステムから学んだことを適応させるシンプルな方法を提案する。このかんばんシステムは、多くの企業でプロセスを見える化し、よりよいコミュニケーションとプロセスの改善をもたらすものだ。

  • 仮想パネル:ソフトウェアアーキテクチャの文書化について

    ソフトウェアアーキテクチャの文書化というのは企業のアプリケーション開発プロセスにおいて重要な部分だ。この仮想パネルでは、特に、アジャイルソフトウェア開発環境におけるソフトウェアアーキテクチャの文書化について、Len Bass氏、Grady Booch氏、Paulo Merson氏、Eoin Woods氏に話を聞いた。

  • J2EEアプリケーションにおけるAOPを使ったフェッチ戦略の実装

    この記事では低レベルのサービス・レイヤやリポジトリ・レイヤを肥大化させることなく、フェッチング・ストラテジによってモジュール化された方法でバックエンドにあるシステムからデータを取得する処理を最適化する方法について説明します。

  • TDDを根づかせる:導入の問題と解決策

    大きな組織のチームでは、TDDの採用に未だに苦戦している。この記事では、Mark Levison氏が、チームを調査した時に発見した問題と、TDDを組織に紹介するための戦略とを共有する。

  • Spring AOPとAspectJを使用したワークフローオーケストレーション

    本稿では、アスペクト指向プログラミング(AOP)の技術を使用して、高度に設定可能で拡張性があり、さらに軽量な組み込みプロセスフローを構築し、オーケストレートするための方法を説明します。今回のサンプルでは、Spring AOPとAspect Jをベースにしていますが、他のAOPでも同様の結果を得ることができます。

  • Alan Cooper氏ならどうするか?

    ユーザーインターフェイスは、デスクトップアプリケーション、Webまたはモバイルアプリケーションなど、アプリケーションの使用時に重要な役割を果たします。ユーザーインターフェイス設計におけるソートリーダーであるAlan Cooper氏が執筆した本『About Face』は、アプリケーション用UIの作成に関する興味深い有用なガイダンスを提供しています。この本の最も注目すべきアイデアをいくつか紹介します。

  • モデル駆動開発に関する誤解と課題

    長い年月を経て、未だMDDの導入レベルは期待されるものに達していないように思えます。実用的なMDDのサクセスストーリーについての認識不足、どのようにして日常的に使用できるのかという疑問、先行投資についての資金調達モデルの欠如、または戦略的イニシアチブについての焦点の欠如など、MDDの使用法を制限する多数の抑制要因が存在します。

  • ドメイン駆動設計・開発の実践

    この記事では、Srini Penchikala氏が、現実的な視点から、ドメイン駆動設計を議論する。この記事は、ドメイン駆動設計プロジェクトで使用されるアーキテクチャガイドラインとベストプラクティスを示します。

  • Qi4j でのコンポジット指向プログラミング

    OOP によって設定されたオブジェクトによるドメイン概念のモデル化という目的は、長い間、十分とは言えない方法で処理されてきました。この記事では、コンポジット指向プログラミングの概念を紹介し、これによって OOP での問題を回避し、再利用可能なコードによってドメイン モデルを構成できるという希望を新たにする方法について説明します。

  • 短いイテレーションの事例

    Valtech Technologies社のアジャイルコーチであるDave Nicolette氏は、短いイテレーションは長いものよりも良いのかという質問に、取り組んでいる。Dave氏は、短いイテレーションは、変更に対しより素早く対応し、より多く問題を発見し、修正する機会があることをデモしている。また、短いイテレーションがバーンアウトや他の問題を招きかねない懸念材料についても対処している。

  • 「銀の弾などない」の再装弾に関する回顧的OOPSLAパネルディスカッションの概要

    2007年のOOPSLAカンファレンスにおいて、銀の弾などない(No Silver Bullet)に関する回顧的パネルディスカッションが行われました。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。