BT

InfoQ ホームページ モバイル に関するすべてのコンテンツ

  • MQTTとHiveMQ 4によるスケーラブルで信頼性の高いIoTアプリの開発

    HiveMQは,IoTアプリケーションのために設計された,MQTTベースのメッセージングプラットフォームである。先日リリースされたHiveMQ 4では,MQTT 5サポートが追加され,拡張システムが改善されるとともに,DockerやKubernetes,AWS EC2との統合性が向上している。HiveMQの開発者で、dc-square GmbHのCTOであるDominik Obermaier氏に話を聞いた。

  • Xamarin.EssentialsはiOS、Android、UWPのネイティブ機能に対するクロスプラットフォームアクセスを簡素化する

    Xamarin.Essentialsは、ネイティブのモバイル機能をクロスプラットフォームAPIセットに抽象化することで、簡単に使えるようにすることを狙っている。数ヶ月のプレビューを経て、コミュニティからコントリビュートされた機能強化とともに公式リリースされた。

  • Unity AR Foundationによるクロスプラットフォーム拡張現実アプリ

    ゲームエンジンと同名のメーカーであるUnityは、AR Foundationプロジェクトの推進を続けている。これは、開発者がiOSとAndroidの両方で動作するARアプリを簡単に作成できるようにすることを目的としている。その最新リリースはARKitのARWorldMapとUnityのLightweight Render Pipelineのサポートを追加している。

  • iPhone XSのJavaScriptパフォーマンスについて

    JavaScriptパフォーマンスベンチマークの最初のレビューによると、現実世界のフレームワークのローディングシナリオのパフォーマンスを比較するSpeedometer 2.0ベンチマークにおいて、iPhone XSとiPhone XS maxはiMac Proよりも優れたパフォーマンスを示している。

  • 新たな言語機能とユーザビリティ向上を実現したDart 2.1

    GoogleがDart 2.1をリリースした。 このバージョンでは、新たな言語機能、パフォーマンスの向上、型チェックの高速化、型エラーに対するユーザビリティ向上などが実現している。

  • クロスプラットフォーム・モバイルツールキットFlutterが安定版に

    Flutter Liveカンファレンスで、GoogleはFlutterの最初の安定版リリースをローンチした。これはDartベースのモバイル開発プラットフォームで、iOSとAndroidで1つのコードベースを共有したアプリを、ネイティブUIを使って書けるようにすることを目指している。さらに、GoogleはFlutterランタイムの実験的なWebベース実装も発表した。これはFlutterアプリを標準Webブラウザにもたらすことを目指している。

  • Swift、Language Server Protocolを採用

    AppleのSwiftチームは、LSP(Language Server Protocol)でSwiftを使うためのサポートを提供する予定だと発表した。これにより、LSPをサポートするエディターであれば、開発者はSwiftでコード補完やシンタックスハイライトが使えるようになる。AppleはコントリビュータのためにSwift LSP GitHubリポジトリを公開している。

  • GoogleがAndoirdにKotlin 1.3サポートとフォルダブルデバイス対応を追加

    GoogleがAndroid Dev Summitで、AndroidでサポートされるKotlin 1.3の新機能、フォルダブルフォン(折りたたみ式電話)のサポート、In-app Update API、Android Studioの改善など、一連のニュースを発表した。

  • Smoke、AmazonによるSwiftの軽量サーバーサイドフレームワーク

    Amazon Smokeフレームワークは、Swiftで書かれたオープンソースの新しい軽量サーバーサイドフレームワークで、RESTライクもしくはRPCライクなサービスの構築を目指している。そのアーキテクチャは使いやすさを重視し、リクエストハンドラーに純粋関数型のプログラミングスタイルを好んでいる。

  • Swift 5がリリースに向けて最終開発段階に

    Swift 4.2の公式提供開始に続いて、Swiftチームは現在、リリースの最終段階が始まったSwift 5に注力している。2019年初頭のリリースが予定されるSwift 5は、ソース互換性を確保しながら、ABIの安定性の実現を目標とする。

  • Swift 4.2公開

    Swift 4のリースから1年、Swift 4.2が公式にリリースされた。ジェネリクスの改善、Hashtableプロト��ル、乱数生成など、言語と標準ライブラリにいくつかの改良が加えられている。さらに、メンテナのTed Kremenek氏によると、コンパイル時間の短縮やデバッグエクスペリエンスの改善も実現されている。

  • Redditはいかにして自らのiOSアプリのパフォーマンス、モジュール性、テスト性を改善したか

    Redditは昨年、独自iOSアプリのパフォーマンスの改善とともに、より速いイテレーションサイクルへの対応、テストカバレッジの向上、拡張性の改善に尽力していた。このすべてを実現したのが、アプリをMVCアーキテクチャからモデル–ビュー–プレゼンタ(MVP)アーキテクチャに移行したことだった。

  • Oboe、低レイテンシAndroidオーディオアプリのためのライブラリ

    GoogleがOboeの最初のプロダクションレディ・バージョンをリリースした。OboeはAndroidで高性能オーディオアプリを構築するためのC++ライブラリで、Androidデバイスで最低のレイテンシを実現する。

  • Windowsドライバ開発を容易にするMicrosoft Driver Module Framework

    Windowsのドライバ開発者は今後、近々オープンソース化される新しいMicrosoft Driver Module Framework(DMF)を使うことで、シンプルかつ構造化されたドライバの開発や、ドライバ間のコード共有が簡単になりそうだ。

  • Android Smart Linkifyを支えるマシンラーニング

    Googleは先週、Android 9 - コードネームPieを発表した。Androidは人工知能に支えられた新たな機能セットをローンチしているが、その最も重要な機能のひとつがAndroid Smart Linkifyだ。今回の記事では、Androidスマートフォン上に表示される任意のテキストを対象に、コンテンツを文脈的に理解してスマートなリンクを生成する2つのデバイス内蔵ニューラルネットワークについて、それらを支えるアーキテクチャを明らかにする。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。