BT

InfoQ ホームページ OOP に関するすべてのコンテンツ

  • C++17のフィーチャーリストが完成、レビューに入る

    フィンランドのオウルにおけるミーティングで、ISO C++委員会はC++17のフィーチャーリスト定義を完了した。ミーティングでは、多数の新たな言語機能とライブラリ機能が承認された。これにはconstexpr if、template 、構造化束縛などが含まれる。

  • Scalaの試験プラットフォームDottyがブートストラップ可能に

    Dpttyは,Scalaの新しいツーリングのテクノロジ開発と,将来バージョンの新コンセプトの試行を目的としたプラットフォームである。そのDottyが先日,ブートストラップ段階に到達した。これはコンパイラがDottyで記述されて,自分自身でコンパイル可能になったという意味だ。これによって,コンパイラの更新が簡単にできるようになる。主要なコントリビュータのひとりであるDmitry Petrashko氏に話を聞いた。

  • Swiftにおけるプロトコル指向プログラミング

    WWDCにて、C++/Boostで知られ、現在はAppleでSwift Standard Libraryグループのリーダを務めるDave Abrahams氏が、Swiftをプロトコル指向言語として紹介し、プロトコルがコード改善にどう使えるのか説明した。

  • C#でSOLIDにする

    Autonomous Solutions Inc.のソフトウェア開発者Brannon B. King氏は2014年5月のMSDN MagazineでC#でSOLIDの原則に反することの危険性と題した記事を公開した。著者は、開発者のミスでC#コードがSOLIDの原則を破ることで、拡張または維持することがより難しくなる概要を説明した。

  • SmalltalkベースのRuby VMを持つNoSQL OODB:MagLev 1.0がリリース

    MagLevプロジェクトが彼らのRubyVMのバージョン1.0をリリースした。Rubyの実装はGemStone/S Smalltalk VMをベースにしており、GemStoneの分散キャッシュ、ACIDトランザクション、永続性システム(OODB)が使える。InfoQは、MagLevプロジェクトのMonty Williams氏にMagLevがNoSQLの領域のどこによく合うのかなどを聞いた。

  • ビルドマシンと Windows 7,そしてクラシックな ADO

    90年代後半から運用されている,旧式の ADO ライブラリを使用したアプリケーションのメンテナンス作業を行うと考えてみよう。再コンパイルされたコードは,Windows 7 SP1 マシン上では問題なく動作する。ところが不思議なことに,そのプログラムを10年近く使用している Windows XP マシンではクラッシュしてしまうのだ。 これが現在,多数のメンテナンス開発者が直面している問題である。

  • Managed Extensibility Framework - その内容と方向性

    Managed Extensibility Frameworks (MEF) はその名前のとおり,.NET アプリケーションを拡張するためのフレームワークである。先日の Channel 9 のインタビューでは Kevin Ransom と Oleg Lvovitch 両氏が MEF の歴史とバージョン2の計画について語っている。

  • MITがオブジェクト指向プログラマーに神託をもたらす

    最近のMIT newsの記事で、オブジェクト間の接続を自動的に記憶する技術が紹介されている。紹介されているシステムが決定するのは、大きなソフトウェアプロジェクトで、いかにオブジェクトがやりとりするかを決定して、後から来たオブジェクトに、特定タイプの機能を設計するのに、どのオブジェクトが必要となるのかを知らせることができる。

  • ミュンヘンで開催されたOOP 2011の講演内容

    OOPカンファレンス (Object Oriented Programming)が、「変化を極めることを通じてのビジネス・インパクト」を全体を通じたメッセージとして、2011年1月24日から28日にわたってドイツのミュンヘンで開催された。その名前に反して、OOPは、ソフトウェア・エンジニアリングの全般的な領域に関する最大かつ、もっとも長く続いているイベントの一つである。

  • オブジェクト指向プログラミングは間違いだったか?

    QCon London 2010のインタビューで、Erlangの最初の開発者であるJoe Armstrong博士とSmalltalk、OOP、パターンに長い間関係しているRalph Johnson博士に、オブジェクト指向に関して、私たちは長年「間違った道」を下ってきたかという質問をした。2人は「間違った道」であったことを認めたが、これはオブジェクトの考え方の実現方法に欠点があったためであり、この考え方自体の欠点ではないと述べた。

  • Expression Web 4のアドインを作成する

    よいIDEに必ずあるものは、拡張性である。開発者が、そのツールを拡張できないとしたら、時間がたつにつれて生産性が向上することはないだろう。同じくWebデザイナ向けに、マイクロソフトのExpression Web 4は、HTML+JavaScriptをベースとしたアドインモデルを提供している。

  • Internet Explorer 用のマネージドエクステンション

    .NET 4.0 では,信頼性の高い Internet Explorer 用マネージドエクステンションが記述可能になった。エクステンションはそれぞれ,コンパイル時に使用された CLR 上で動作する。以前のように,間違って最新バージョンの CLR をつかんでしまうことはなくなった。残念ながら,COM インターフェースは相変わらず必要だ。

  • 拡張可能なキャッシュが.NET 4.0に追加

    Microsoft’s Patterns and Practicesキャッシュフレームワークは.NET Frameworkのコアの一部として昇格した。本フレームワークは、トリガベースのキャッシュ無効化を伴う基礎的なインメモリ・キャッシュと、キャッシュフレームワークを更に改善するための共通ラッパを提供する。

  • Marshal.ReleaseComObjectは危険な場合がある

    Visual StudioプラットフォームチームのプリンシパルデベロッパのPaul Harrington氏は、マネージドコードからCOMオブジェクトを破棄するためにMarshal.ReleaseComObject()を呼び出すことが、なぜ危険であり、推奨されていないかについて解説した。

  • Silverlight 4のCOM+ オートメーションはセキュリティと移植性に懸念がある

    Silvelright 4は権限を昇格させたブラウザ外実行 (OOB) アプリケーションとして実行したときにCOM+ オートメーションをサポートする。マイクロソフトはこの機能を企業顧客の要求によるものだとして、SilverlightからOfficeオートメーションを利用する例を挙げた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。