BT

InfoQ ホームページ オープンソースJava に関するすべてのコンテンツ

  • Mahout 0.3: オープンソースの機械学習プロジェクト

    クラスタリング、協調フィルタリング そしてカテゴリー化のような機械学習の技術の必要性が、大量の生データを関連する情報に変換するためのアルゴリズムを必要とする、いくつかのソリューションといっしょに、この10年間に、着実に増えてきた。 Apache Mahout 0.3が3月にアナウンスされ、機能性、安定性、パフォーマンスが改善された。

  • OpenJDK運営委員会,成果のないまま期間を延長

    設立から2年間,OpenJDK運営委員会(OpenJDK Governance Board)はその目的であったOpenJDKコミュニティ憲章の策定を達成できず,7席の委員のうち2名が未定のままである。それでも Sun Microsystems は委員会をさらに12ヶ月間延長し,その活動目標を憲章の問題に戻そうとしている。

  • 仮想マシンインタフェースの比較

    先ごろAndrew John Hughesはブログのエントリで、OpenJDKとGNU Classpathの比較を行った。Hughesは様々なVMの実装に、OpenJDKをすぐに移植できるようにするための、仮想マシンインタフェースを構築する作業を行っている。

  • OpenEJB 3.0がリリース:EnumsやCollectionsのDI、OSGi、EJB 3.0の諸機能をサポート

    オープンソースの軽量EJB実装フレームワークであるOpenEJBは、1年半の開発を経て3.0のファイナルバージョンが最近リリースされた。OpenEJB 3.0ではEnums・Collections・Mapsの依存性注入(DI)、OSGi、EJB3.0仕様がサポートされている。

  • JavaFX:現状とこれから

    InfoQ.comはJavaFXについての概要を10月に掲載した。JavaFXの追加によりJavaプラットフォームに何が起きるのかについて、Sun MicrosystemのChet Haase氏はInfoQ.comに対して、引き続き更に詳しい情報を提供してくれた。

  • Intalio|BPMS 5.0 リリース – 本格的なオープンソース BPM システム

    Intalioは先日、BPMNエディタとBPELサーバエンジンを含むオープンソースベースのBPMシステムIntalio|BPMS 5.0を発売した。この製品については Community Edition と Enterprise Edtition の2つのエディションが販売されている。Intalio|BPMS 5.0のリリースは、IntalioがBPM 2.0の構想の完全なソリューションの実現をめざす上で画期的なイベントである。

  • OpenLogicが無償のオープンソースライブラリとナレッジベースのサービスを提供開始

    先日OpenLogic社は、OpenLogic Exchange(以下OLEX)というサービスを開始した。OLEXは無償のウェブサイトで、企業や開発者はOpenLogic認定のオープンソースパッケージを OLEXで見つけたり、調査したり、そしてOLEXからそれらのオープンソースパッケージをダウンロードすることが出来る。

  • JRuby:JRubyはJava5へ移行すべきかどうか?

    JRubyの開発者メーリングリストで、Java5への移行に関する議論が開始された。Java5がリリースされてからというもの、Javaの数々のプロジェクトで、この手の議論はよく起こる。OSGi又はSWTのような基本的な技術やライブラリはJava1.1又は1.2と互換性を保っているが、Eclipseのように多くのJavaプロジェクトは、出来るだけ長くJava1.4と互換性を保ち続けることを選んだ。

  • Open JDK7の基盤を起用しないOpen JDK6

    Sunは最近OpenJDKのJava6バージョンをリリースすることを発表した。それはJava 6のコンプライアントインプリメンテーションを作るためのOpen JDK7のコードベースのバックポートを伴う。InfoQはこの決断に関してもっと深く掘り下げるためにSun社のJoseph Darcy氏に話を聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。