BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

rss
人のフォロワー

アジャイルの流暢性(fluency)とは - Agile Alliance & Agile Open Northwest Open Space Conferenceより

作者: Shane Hastie フォローする 31 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年10月18日 午後11時57分

Agile AllianceとAgile Open Northwest Open Spaceがポートランドで共同開催したイベントで,Declan Whelan氏とDiana Larsen氏が2つのセッションを指導した。その中で両氏は,Agile Fluencyモデルを技術的負債の理解と対処に応用する方法の一例として,そのモデルに基づいたゲームを紹介した。このゲームは,チームが自らの流暢性(fluency)の目標を達成する上で,採用すべきプラクティスと原則を明確化する作業を支援するものだ。

人のフォロワー

アジャイルの大規模なふりかえりでプロジェクトを改善する

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2013年5月8日 午前2時11分

ふりかえりは、チームが働き方を学び、改善するのに役立つ。アジャイルコーチたちが、大規模プロジェクトや複数のチームでふりかえりを実施した。ここで、大規模なふりかえりがどのように実施されたのか見てみよう。

人のフォロワー

Agile Open Event,ブラジルのフロリアノポリスで成功裏に終わる

作者: Shane Hastie フォローする 31 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2013年2月11日 午後11時22分

Agile Allianceの主催するAgile Openイベントが1月25日,ブラジルのフロリアノポリスで開催され,ブラジル全域や遠くカナダから100名以上が参加した。このイベントは同Alliaceが力を注ぐ,世界各国の地域アジャイルコミュニティへの関与とサポート活動の一貫として行われたものだ。

人のフォロワー

次回のAgile Coach Camp

作者: David Bulkin フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2011年7月27日 午後10時17分

アジャイルコーチとは、チームや組織がアジャイルなやり方へと変革するのを手助けする人たちのことだ。そして、Agile Coach Campとは、アジャイルコーチたちが集まり、共有し合い、学び合う、オープンスペースのアンカンファレンス(unconference)のことだ。次回のAgile Coach Campは、英国ブレッチリー・パークと米国オハイオ州コロンバスで開催される予定だ。

人のフォロワー

Naresh Jain氏、"Simple Design & Testing"とそれに関するカンファレンスについて語る

作者: Mike Bria フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2010年6月22日 午後10時15分

「シンプルさ」はアジャイル開発の中心的教義のひとつだ。ソフトウェア設計やテストのやり方に関しては特にそうだ。Naresh Jain氏は2006年以来、世界規模の「オープンスペース」型カンファレンス Simple Design & Testing Conference を開催してきた。このカンファレンスは実践者たちが一同に介して、このトピックについてその限界を押し上げるものだ。InfoQはNaresh氏から、この小規模ながらよく知られたカンファレンスの背景に何があるのか、なぜこれほどまでに彼がこのトピックに情熱を注ぐのか、話を聞いた。

人のフォロワー

ソフトスキル(Soft Skill)が最も重要 - アジャイル・ボストン・オープンスペース報告

作者: Amr Elssamadisy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2010年5月11日 午後8時42分

アジャイル・ボストン・ユーザグループ(Agile Boston user group) は先週,OpenSpace カンファレンスを終日開催した。セッションのひとつは,自分および/または自チームの組織に所属する,他グループに対する影響力行使に関するものだった。セッションの参加者たちは,それぞれ異なる状況と問題について理解し合い,事態を改善するための複数の戦略を見出すことができた。そしてその中に,アジャイルのプラクティスは含まれていない。

人のフォロワー

Scrum Gathering: コミュニティの実践

作者: Dan Mezick フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2010年4月4日 午後3時4分

アジャイルコミュニティは次の3つの重要な実践について共通理解を作り出そうとしている。その3つとは、要求の収集、アジャイルコーチング、そして集団学習のためのオープンスペースの形式だ。最近開催されたScrum Gatheringでは、これらのトピックが初日、二日目、三日目の議論の的になった。InfoQはこれらのトピックについてより深く理解するため詳細を取材した。

人のフォロワー

US Scrum Gathering,興奮の第2日目

作者: Mike Bria フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2010年3月22日 午後3時2分

Scrum Gathering の2日目はトピック,おしゃべり,活気,役に立ちそうなもの,そして初日に続いて(もちろん)健全な議論の嵐で目いっぱいだった。当日のハイライトは(ご存知) Open Space の創設者である Harrison Owens 氏の登場,Jeff Patton 氏の "ストーリーマッピングの利用",Jurgen Apello 氏の自己組織化に関する話,その他多数だ。

BT