BT

InfoQ ホームページ 特許 に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • GoogleがMotorolaをLenovoに売却

    GoogleはMotorola Mobilityを29.1億ドルでLenovoに売却する。Lenovoが2,000件の特許を獲得する一方で,同社ポートフォリオの特許の大部分はGoogleが保持する。Googleにとってこの取引は損失かも知れないが,Androidエコシステムにはメリットがある。

  • 特許所有者がTCP/IPの知的所有権を主張

    テキサス州オースティンに本拠を置くネットワークハードウェアベンダが,TCP/IP プロトコルセットの実装に対してロイヤリティを求めると発言している。かつて Dellor という社名だったこの KCIR Networks は,1997年に Comer Labs を買収した際にこの特許を合わせて取得した。特許が出願されたのは 1975年だが,Comer Labs がこれまでにロイヤリティを要求したことはなかった。

  • Google が誓約特許に対する非訴訟を発表

    Google は "先制攻撃を受けない限り",非訴訟誓約の対象とした特許に関して,オープンソースあるいはフリーのソフトウェアに対する法的措置を行わないと発表した。

  • GoogleとMPEG LAがVP8を巡る論争に終止符

    GoogleはMPEG LAの所有する,VP8に不可欠なアルゴリズムのライセンスをすべて取得した。合わせてサードパーティ開発者に対してVP8をロイヤリティフリーでサブライセンスする権利も獲得し,VP8コーデックの広範な採用に向けて道を開いた。

  • H.265コーデック規格が承認された

    H.264の後継である H.265コーデック規格は、承認され、8k UHDとより低い帯域幅を約束しているが、悩ましいH.264の特許問題は依然存在する。

  • OracleとGoogle、裁判へ

    先月、裁判官のPaul Grewal氏はOracleとGoogleに、交渉によって解決をするよう要求した。 Googleは 、Oracleが特許権の侵害を証明できた場合を条件とし、280万ドルの和解金を提示した。しかしながらOracleはこの提示を和解金額が少なすぎるとして受け入れなかったため、訴訟は4月16日の裁判に持ち込まれた。

  • SOPA, PIPA - 技術者としての関心

    1月18日,wikipedia.org など約 10,000 のサイトが SOPA と PIPA を承認する米国の立法計画に抗議するためにサービスを停止した。ソフトウェア技術者には影響がないと思っているかも知れない。米国外にいるのならなおさらだ。しかしビッグデータやクラウドコンピューティングなどの動向を考えれば,あまりにも単純な見方とも言えるだろう。

  • 特許制度は崩壊したのか?

    Googleの特許弁護士であるTim Porter氏は、San Francisco Chronicleの最近のインタビューで特許制度自身は崩壊していると主張した。特許事務所は世界中で、漠然として、曖昧で、革新的でない“革新”の保護を行っている。その結果、IT産業は現在、いくつかの大きな企業が競合相手を攻撃するための武器として主に活用している終わりのない特許裁判に直面している。

  • ソフトウエア特許に対する賛否両論

    近頃、特許に関するニュースが多い。中でも多いのが、HTC、Samsung、Google、Appleなどのスマートフォンベンダが関わる話題だ。また、これに関わる感情的な論争も勃発し、特許がイノベーションを保証すると主張する者もいれば、特許は武器だという者もいる。一体、誰が正しく、誰が間違っているのか。言い換えれば、ソフトウエアの特許は利益より害を引き起こすのか。それとも反対か。

  • OpenMoko、MP3の特許権論争に直面

    Linuxベースの電話であるOpenMokoは現在、Societa Italiana per lo Sviluppo dell'Elettronicaとして知られるSisvelと特許権に関わる議論の最中にある。Sisvelは、イタリアの特許権所有企業である。積極的にMPEG特許を実施していることでその名が知られている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。