BT

InfoQ ホームページ プランニング に関するすべてのコンテンツ

  • チームはそれぞれのケイデンスを持つべきか?

    先日のTwitter上で、作業計画用と学習および改善用、というように、チームが複数のケイデンス(cadence)を持つことの是非に関する議論があった。ケイデンスを分離することで、最適なケイデンスを検討する余地がチームに与えられる。適応性と自立性が向上し、よりよい成果を得られる可能性がある、というのだ。

  • LEGOでのアジャイル

    Agileは10年以上LEGOの一部になっているが、未だに、デジタルとIT以外の領域で種をまき、応用分野を見つけている。同社の中心となる価値観は遊びと学習であり、これは、アジャイルの反復、実験、振り返りといった原則と相性が良い。

  • AtlassianがPortfolio for JIRA 2.0をリリース

    AtlassianのPortfolio for JIRAの新リリースには,リアルタイムのポートフォリオ計画機能が備えられている。チームとプロジェクトに関する情報をJIRAから引き出して,製品ポートフォリオ計画に導入することにより,リリース計画に自動的に従うことが可能になる。

  • スクラムのためのNexus Guideを公開

    Nexusは,大規模なソフトウェア開発プロジェクトを展開,維持するためのフレームワークである。Nexus Guideは,スクラムをスケールアップする上でScrum Guideの次段階として,複数のソフトウェア開発チームを統合した活動のサポートとして使用することができる。

  • スプリット分割が見積に与える影響

    プロダクトバックログのリファインメントは,プロダクトバックログを分割し,多くの場合は再見積を行うプラクティスである。この記事では,ユーザストーリの分割と再見積を取り上げる。

  • bol.comでのアジャイルのスケールアップ

    InfoQはbol.comのITディレクタであるMenno Vis氏にインタビューして,アジリティ向上によるメリット,bol.comでのスクラムの展開,アジャイルにおけるロードマップの利用,アジャイルをスケールアップする場合に直面する問題点,アジャイルのスケールアップでbol.comが重視していること,緩く連携したチームの実現,bol.comが社員のために行ってきた活動などについて聞いた。

  • #NoEstimatesを使って価値を提供する

    Vasco Duarte氏は#NoEstimatesを学び、予算内で価値を提供するのに役立てる方法を探すのが良い、という。氏は#NoEstimatesについての本を書き、見積もりがなぜうまくいかないのか、#NoEstimatesを使ってどのようにプロジェクトを管理するのかを説明している。

  • Gil Ziberfeld氏に聞く - アジャイルにおける製品計画とその管理

    InfoQは,プロダクトの計画とその実践,#NoEstimatesに対する考え,製品計画に関する議論の価値,製品開発における意思決定の改善方法などについて,Gil Zilberfeld氏にインタビューした。

  • 異なる見方を使ったプロダクトロードマップの作成

    プロダクトマネジメントと戦略のコンサルタントであるScott Sehlhorst氏は、最近のブログ記事でプロダクトのロードマップについてのふたつの見方を説明している。

  • 方針管理を用いたアジャイルのスケーリング

    企業がアジャイルのスケーリングを図るとき,戦略定義や方向性の管理,体制維持のためにアジャイル的な手法を求める場合がある。展開と組織構造の維持が今日の課題だ,とPierre Neis氏は指摘する。氏はLean Kanban France 2014カンファレンスで,世界的規模の企業がアジャイルに移行する上で,方針管理(Hoshin Kanri)の導入が果たした役割について講演を行った。

  • アジャイルにおける計画作りの死

    企業がアジャイルを導入して、自己組織的なチームが生まれ始めると、マネジメントは制御を失ったと感じる可能性がある。アジャイルに移行すると、手続きやレビュー委員会、コンサルテーション委員会などが無駄になってしまう可能性がある。しかし、そのような立場になる人は無駄になってしまうことに気づかない、とMarcel Heijmans氏は言う。再び、制御を取り戻そうとすると、問題はもっと厄介になり、"プランニングの死"へと到る。

  • プロジェクトマネージャによるアジャイルチーム管理

    組織がアジャイルを導入すれば,プロジェクトマネージャの役割や行動に影響があるのが普通だ。スクラムは,プロジェクトマネージャをスクラムマスタや,あるいはプロダクトオーナにするかも知れない。プロジェクトマネージャの方もまた,その仕事の仕方や内容を,スクラムマスタやアジャルチームに合ったものに変えることは可能だ。

  • アジャイルチームでソフトウェア品質を改善する

    アジャイルチームが納品するソフトウェアの品質は、労働時間の長さや納期、チームのプレッシャーによって、強い影響を受けることがある。ソフトウェアの品質がこれらのことに影響されずに、チームがソフトウェアの品質を向上させるにはどうすればよいだろうか? 私からの提案は、作業範囲と納期に余裕を持たせ、プルシステムを採用し、チームメンバがあせらずに、ゆっくりと眠れるようにすることだ。

  • リリースプランニングのためのアジャイルな見積もり

    優先度付けや製品のリリース計画のためにアジャイルチームやプロダクトオーナーは見積もりを行う。見積もり、さまざまなレベルでさまざなな方法で行われる。

  • スプリント計画ゲーム "Rocket to Mars"

    "ほとんどのチームとそのプロダクトオーナは,より多くのストーリポイントを達成することがチームの唯一の責務だと信じています。しかしこれは,チームとプロダクトオーナの関係を完全に誤解したものだ,と私たちは考えます。" こう語るのはDamien Thouvenin氏とPierrick Revol氏だ。氏らはストーリの創出や問題の調査,技術的負債の削減,およびそれらをトレーニングするための時間的投資を題材としたスプリント計画ゲームを実施した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。