BT

InfoQ ホームページ Products に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • プロジェクトではなく、プロダクトで思考せよ

    Organizations structured around products oversee their work end-to-end. Reversing Conway’s law to establish long-lived teams around the products brings stability and makes it プロダクトを中心に構築された組織は、エンドツーエンドで作業を監視する。Conwayの法則を逆転して、プロダクトに基づいた長期的なチームを確立することにより、組織が安定すると同時に、作業の管理と優先順序付けが容易になる。レトロスペクティブはプロダクト管理の強力なツールだ。継続への自信を与え、組織に対するリスクや損失の可能性のあるものを素早く見つけ出せるようにしてくれる。

  • プロダクトレーダとは

    Tomas Rybing氏がプロダクトレーダのコンセプトを公開した。今回の記事では,プロダクトレーダのコンセプトと,これに対する氏の考えを紹介する。

  • 組織をデスケールする

    アジャイルをスケールするためのフレームワークはたくさんある。これに対し、組織をデスケールするという考えがある。

  • Connect 1.0とAtlassian VerifiedについてDave Meyer氏が語る

    InfoQはAtlassianのプロダクトマーケティングスペシャリストであるDave Meyer氏に同社の新しい製品であるAtlassian Connect 1.0とAtlassian Verifiedの話を聞いた。

  • 安定したチーム作りと機能不全なチームの対処

    複数のプロジェクトにわたる安定したチームを持つことは、アジャイルソフトウェア開発にとってプラスになる。安定したチーム作りとその育成について、また機能不全なチームの対処について、さまざまな人がブログに記事を書いている。

  • Version One が最新版 Team Room のリリースを発表

    Version One は同社 アプリケーションライフサイクル管理製品の次期リリースについて発表した。広範な組織全体を統合管理するというニーズにはこれまで通り対応しながらも,開発チームのアクティビティを直接サポートする機能の提供に重点を置く。CEO の Robert Holler 氏が InfoQ に対して,2012年秋の製品リリースについて説明してくれた。

  • インフラがアジャイルソフトウェアチームを楽にする

    アジャイルマニフェストは「プロセスとツールよりも個人と相互作用」を尊重する。しかしながら、ツールとプロセスをうまく混ぜ合わせるとアジャイルチームの成功の触媒の役割を果たすことがよく起こる。アジャイルの導入が増え、多くのチームが分散環境で働くという事実の中で、適切なインフラを持つことがアジャイルチームの成功の重要な要因となっている。

  • VersionOneがV1チームエディションを発表

    VersionOneが最近、V1: Agile Teamを発売した。V1: Agile Teamは、ライトウェイトなアプリケーションで、アジャイルソフトウェア開発を始めたばかりの比較的小さなプロジェクトやチームに、アジャイルプロジェクトの計画とトラッキングを始める方法を提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。