BT

InfoQ ホームページ 品質 に関するすべてのコンテンツ

  • “規律あるアプローチ”で変化に対応する

    企業がアジャイルを採用しようという時、最初に考えるべきなのは、"アジャイルの実践にはどのフレームワークがよいのか"ではなく、"我々の目標は何か"ということだ。変革に対する規律あるアプローチ(disciplined approach)は、アジャイルに移行する上での"デザインパターンブック"のように、実行可能なプラクティスから方法を選択し、そのプラクティスが有望かどうか、現在の状況がそのプラクティスにとって望ましいものかどうか把握する上で有用なものとなる。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • eBay Denmarkにおけるソフトウェア品質保証の取り組み

    品質とは、単に運用環境へバグを流出させないということだけではない。その他にも多くのことがある。品質とは、プロダクトがユーザフレンドリで、アクセスや利用が容易で、高いパフォーマンスと短いロード時間を実現していることだ。コードが安定していて、メンテナンスが容易なことも必要だ。Jette Pedersen氏はSwiss Testing Day 2020で、優れた品質のプロダクトを実現する方法について講演した。

  • OverOpsが第2回の年次DevOps調査結果をリリース

    継続的信頼性(continuous reliability)プラットフォームベンダのOverOpsは、先日実施した調査の結果から、DevOps向け投資活動の中において、企業が最も多くの投資を行っているのが、ソフトウェア開発の定常的フローの実現を目的としたものであることを確認した。調査では、エンジニアリングチームが最先端のテクノロジやプラクティスを支持する中で、特に自動コード分析の採用が増えていることも明らかになっている。

  • AWSがAmazon CodeGuruの一般提供発表

    最近AWSは、機械学習を利用した開発者向けツールであるAmazon CodeGuruの一般提供を発表した。 コードの品質を改善し、アプリケーションの最も高価なコード行を識別するためのインテリジェントなリコメンドを提供する。

  • 壊れたコードがマージされることを防ぐGitHub Super Linter

    GitHub Super Linterは、GitHubリポジトリの設定プロセスを自動化して、プルリクエストが作成されるたびに適切な静的解析ツール(lint)を使用することを目的としている。

  • 組織トポロジと品質への影響

    August Lilleaas氏は先頃、Microsoftの��文を引用して、組織の複雑性とソフトウェア品質との相関関係に関する記事を書いた。Rapid Software Testing Methotologyを開発したJames Bach氏も先頃、品質のメトリクスの解釈方法について記事を書いている。さらにTeam Topologiesの著者たちは、組織構造がソフトウェアプロダクトの健全性に及ぼす好影響について意見を述べている。

  • 保険業スタートアップでのモブプログラミングから学んだこと

    チームで2人の開発者が、3日間、ひとつの仕事に掛り切りになっていたら、あなたならどうするだろう?ある保険業のスタートアップは、チーム全体でモブプログラミングを試す決定をした。その結果、モブを始めた初日から、コードベースに対する知識が向上しただけでなく、一緒に作業することによって、お互いをよりよく知ることができたため、チームとしての効率も高くなった。

  • iOS 13ローンチ時のバグの理由と開発プロセスの改善

    Appleの最新iOSリリースであるiOS 13が多くのバグに見舞われ、ユーザの間に失望の声があがっている。Bloombergによる報道では、Appleに近い情報筋が、iOS 13のリリースプロセスの問題と、Appleがこれを将来的にどのように修正しようとしているかを説明している。

  • 品質と文化:別の分野、業界からの学び

    航空や医療といった別の業界について学び、別の分野を研究することで得られるものがある、とPoppuloのソフトウェアテスターであるConor Fitzgerald氏はRebelCon.io 2019で語った。航空には失敗から継続的に学ぶ歴史がある一方、医療では文化とバイアスが、学びと継続的な改善の障壁であるように思われる。

  • 成長組織におけるQAチーム構築から学んだこと

    テストチームを改革することによって、チーム全体の緊密化、学習の短期間化、コラボレーション向上を達成することができると、InfiumのQAチームリーダのNeven Matas氏は主張する。氏はTestCon Moscow 2019で講演し、成長組織におけるQAチーム構築から自身が学んだ教訓を公開した。

  • 分散型チームで高品質なプロダクトを開発する

    Intermediaでは、製品とサービスの品質を保証するために、すべての分散型チームが共通のテスト環境と運用準備(pre-production)環境を使用している。同社プロダクトマネージャのLilla Gorbachik氏は、European Women in Techでの講演で、完成度の高いテストプロセスを持つこと、リスクに取り組むこと、そして高品質プロダクトの側面から日々の意思決定を行うことが、高品質のプロダクトを開発する上で重要だ、と述べている。

  • 手動回帰テストマニフェスト

    回帰テストを自動化することは必ずしも最適解ではない。2018 fall Online Testing Conferenceで、Brendan Connolly氏はこう主張した。彼は「手動回帰テストマニフェスト」を発表し、それを使うことで、機能テストと回帰テストを区別し、テストを自動化するかどうか決める方法を紹介した。

  • TDDの5つの前提 - GeePaw Hill氏に聞く

    TDDは単なるテクニックではない、プログラミング全般のスタイルであり、関連する行動や考え方の統合システムである。TDDの5つの前提は、我々が活動するリングを提供する。それらはTDDを行うものが呼吸する大気なのだ。

  • コードレビューの実際

    コードレビューは、バグを見つけたり、他のチームメンバーからインプットを得たり、知識とオーナーシップを共有するのに最適な方法だ。最大の恩恵を受けるには、コードレビューを開発プロセスに統合して、レビューされていないコードが本番環境に投入されないようにしなくてはならない。レビューは、開発プロセスにおける解決を必要とする未解決問題を明らかにするのに役立つ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。