BT

InfoQ ホームページ Rake に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Maven, Ant, Rake: JRuby 1.5 の構成管理強化

    4月末に予定されている1.5へのバージョンアップに向けて、JRubyプロジェクトはJavaとRubyの相互運用性を改善し続けている。これによって、Ruby開発者はJavaプラットフォームの利点をもっと強力に利用できるようになる。一方でJava開発者は既存のプロジェクトにRubyのツールを利用する利点を見つけるようになるだろう。

  • Rubyプロジェクトで時間節約に役立つ3つのツール:Hoe 2.0.0、YARD、Whenever

    Rubyプロジェクトの効率化に役立つ3つのツールを見ていきます。Hoe 2.0.0はプロジェクトを設定してくれ、最新のバージョンではプラグインを使って拡張可能になっています。YRADは、RDocのようなドキュメント生成ツールで、最新のバージョンでは新しいより高速なパースの方式を利用しています。最後に紹介するWheneverはcrontabファイルを定義したり更新したりしてくれるもので、設定をRubyのコードで行えます。

  • Chefの構成およびプロビジョニングツールの発表

    新たなRubyベースの構成およびプロビジョニングツールであるChefが発表された。Chefは拡大ネットワークにわたって、複数のツールやプラットフォームとの統合を提供する。

  • Article: Ruby on Railsのケーススタディ: ChangingThePresent.org

    Bruce Tate氏は、驚くべきWeb2.0慈善事業サイト(changingthepresent.org.)の技術的側面を明らかにします。

  • Ruby 1.9をリリース

    約束どおり、Ruby 1.9が2007年のクリスマスに発表された。 Ruby1.9は多くの変更や新しい機能を備えている。これ以上試験的な機能が追加されずに、現在も言語を安定させるべきである。Railsを含む主要なRuby製品はすでにRuby1.9との互換性に取り組んでいる。

  • 始めてのRuby ProjectをインキュベートするApache: Java Projects用のRuby Build System

    BuildrはJavaプロジェクトの簡易的で直感的な構築システムである。10ヶ月の開発とたくさんの前向きな意見が得られた後、それはRubyプロジェクトへのドアを開くApache Foundationによって育てられるだろう。

  • Ruby vs. Javaに関する俗説を、深く掘り下げる

    Relevance社のStuart Halloway氏は、最近、「Ruby vs. Java の俗説」に関する連載をブログに投稿した。その連載は、彼が、未開発のRubyプロジェクトから、安定したJavaプロジェクトで仕事をするように切り替えた後から、刺激を与えられる内容となった。

  • Buildr:RubyがJavaより速く構築するとき

    JavaビルドシステムMaven 1.0は3年前にリリースされ、広くオープンソースの世界や産業界に導入されてきた。それ以降、2.0が新しくリリースされたが、同じようには認められなかった。同じ頃、Rubyの評判はますます上がり、内部DSLの概念が、Rakeのようなツールとともに大変役に立つことがわかってきた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。