BT

InfoQ ホームページ Reviews に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • アジャイルの世界におけるコンプライアンスとは

    コンプライアンスとは、自分が正しいことをしていること、そして、それを証明できることだ。アジャイルの頻繁なデリバリでは、デリバリプロセス内にコンプライアンスを構築することが必要になる。コンプライアンス義務をDevOpsチームの責務の一部とすることで、その成功の可能性を高めることができる。

  • 年次の成果レビューをやめる

    Accentureは多くの従業員を世界中に抱えており、年次の成果レビューとランキングを廃止するという“巨大な変革”に対して内部で静かに準備を進めてきた。

  • Peer-to-Peerボーナスシステム

    Peer-to-Peerボーナスシステムについて、Jurgen Appelo氏、Google、Zapposの考えを紹介する。

  • IDC: HTML5の過去、現在、未来

    最近リリースされたIDCのアプリケーション開発リサーチディレクターAl Hilwa氏による調査結果、HTML5進化の状況(The Evolving State of HTML5)では、 HTML5を統合Webプラットフォームとする現在の状況と将来の展望の評価を試みている。

  • iOS開発 vs. Android開発

    Cameron Henneke氏は、GQueuesの設立者兼開発者である。GQueuesは、オンラインタスク管理ツールの一種で、いくつかのGoogleのサービスと統合されている。HTML5モバイル版のアプリケーションは、iOSとAndroidに移植されているが、両方のプラットフォームを巻き込んだ開発の苦労や、その結果を比較した記録がブログ記事の形で残っている。以下の記事は、InfoQが実施したインタビューによるもので、Henneke氏がこの開発を通じて発見し経験したことについてのダイジェストとなっている。

  • コミットメントとは何なのか

    コミットメントはある行動を自分自身が引き受けることだと定義されている。スクラムではコミットメントは強い意味を持ち、スクラムの実践者はコミットメントを維持しなければ正真正銘のスクラムは成り立たないと言う。にもかかわらず、フォーラムにはコミットメントが遵守されないことについての質問があふれている。私たちはコミットメントの本当の意味を理解しているだろうか。

  • アジャイルは幻滅の中にいるか

    ガートナー社のハイプ曲線は新しい技術の成熟を表現する。新しい技術が表れたときの行き過ぎた熱狂やそれに続く幻滅を表現することができる。アジャイルの10周年を祝うなら、この10年は幻滅で締めくくられるべきなのか。

  • 本日のアジャイル レトロフレクション

    レトロフレクションは自らを環境に置き換える概念である。例えば、他人にしたいことや他人にしてもらいたいことを自らに行う。内省(イントロスペクション)は、病気か健康となり得るレトロフレクションの一種である。同様の考えに基づき、は本日のアジャイル レトロフレクション プロジェクトを始めた。

  • レビュー:The Art of High Performance SQL Code

    SQL Serverクエリの実行計画を検討することと、その意味を理解することは、まったくの別物である。Grant Fritcheyが書いた本、『The Art of High Performance SQL Code: Part 1 Dissecting SQL Server Execution Plans』(訳:高性能SQLコードの芸術:SQL Server実行計画の分析 パート1)がその理解に役立つ。

  • Windows Communication Foundation Unleashedの書評

    通常InfoQの書評は、たいてい建設的に始まり、そこから上昇していく。しかし時として、よくないものに遭遇するが、WCF Unleashedはその1つである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。