BT

InfoQ ホームページ RIA に関するすべてのコンテンツ

  • Next.js 9.3がリリースされ、スタティックサイト生成が改善された

    Next.jsチームは先頃、Next.js 9.3をリリースした。これにより、スタティックWebサイトの生成とプレビューが改善され、Sassサポートが追加され、実行時間は短縮された。

  • Silverlightは時間切れ

    今から約15月後に、Silverlightは事実上存在しなくなる。2021年10月12日、ユーザは、それを使用して作成されたアプリケーションを使用するために必要なIEプラグインをダウンロードできなくなる。

  • Bootstrap 5はjQueryの依存関係を削除します

    新しいBootstrap 5ではjQueryが取り除かれ、Internet Explorer(IE)をサポートしない。

  • Flashレガシコンテンツの延命にWebAssemblyを使用する

    Adobeは2020年12月31日にFlash Playerの配布とアップデートを終了する。しかしながら、長年にわたって蓄積された大量のFlashコンテンツが失われる訳ではない。FlashエミュレータのRuffle���x86仮想化テクノロジのCheerpXが、ともにWebAssemblyを活用して、ブラウザ内で.swfファイルを再生可能にするからだ。

  • JavaFX 14リリース

    JavaFX 14がリリースされた。単一コードベースによるクロスプラットフォームGUIアプリケーションの開発を支援する。ネイティブJavaコードでコントロール可能な組込みブラウザでのHTTP/2サポートなどの改善も含まれている。

  • 高速なWebのためのAdaptive Loading

    Google Chromeチームは、ネットワーク速度、CPU、メモリ、その他ウェブプラットフォームシグナルに基づいて、コンポーネントの最適なバージョンをロード・レンダリングするためのAdaptive Loadingを発表した。

  • Micorsoft Edge 79が Chromiumブラウザエンジンを採用

    MicrosoftはEdge 79のリリースで、同社独自のEdgeHTMLエンジンから、Chromeで使用されているオープンソースエンジンのChromiumに移行した。

  • Adobe FlashをHTML 5で代替するPixi.jsがWebGLを新たにサポート、クロスプラットフォームとインタラクティブアプリに対応

    Adobe Flashの標準ベースの代替品であるPixiJSが、レンダリングを高速化し、CPUの利用率を低減した、5番目のメジャーバージョンをリリースした。このPixiJS v5は、WebGL機能セットを新たなAPIで抽象化すると同時に、必要に応じてHTML5のcanvasにフォールバックする。これにより、WebGL APIを操作したり、デバイスの互換性に配慮する必要なく、リッチでインタラクティブなグラフィックス、クロスプラットフォームアプリケーション、ゲームを開発することが可能になる。

  • J2CL: JavaからJavaScriptへのトランスパイラー

    Googleによって設計され、開発され、オープンソース化されたJ2CLとは、JavaをJavaScriptに変換するソース・トゥ・ソースのコンパイラである。J2CLは、GWTといった同様のJava-JavaScriptのフレームワークとは異なる問題の解決を試みるもので、同じく既存のJavaScriptフレームワークとの競合、置換を意味するものではなく、相互運用とクロスプラットフォームのコード再利用を目的としている。

  • クロスサイトスクリプティング脆弱性を防止するTrusted Types API

    Google Chromeチームは,DOMクロスサイトスクリプティング(XSS)セキュリティ脆弱性の防止を支援するための,試験的なTrusted Types APIを発表した。同社のVulnerability Reward Programによると,DOM XSSは,XSSセキュリティの中で最も一般的なものだ。

  • Google ChromeのNever-Slow Mode

    GoogleはNever-Slow Modeと呼ばれるプロトタイプ機能に取り組んでいる。このプロトタイプ機能はChromium プロジェクトでコミット作業進行中であり、ユーザーエクスペリエンスの向上、一貫性のある迅速なブラウジングの提供を目的としている。

  • Howler.js、モダンなWebのためのオーディオライブラリ

    Howler.jsは、Web Audio APIのサポートとHTML5 Audioへのフォールバックメカニズムを備えたモダンなオーディオライブラリを提供する。このプロジェクトが目指しているのは、JavaScriptによるオーディオを用いたクロスプラットフォーム開発を簡単にすることだ。

  • WorkerDOMはJavaScriptプログラミングにDOM並行処理を加える

    今年のJSConfの大きなニュースはWeb WorkerでDOMを利用可能にするJavaScriptライブラリであり、開発者がマルチコアプロセッサアーキテクチャを活用してWebパフォーマンスを向上させることができるWorkerDOMが紹介されたことである。

  • Next.js 7がリリース、ビルドが40%高速に

    Next.jsチームがオープンソースのReactフレームワークNext.js version 7を発表した。今回のリリースは、全体的な開発者体験の向上にフォーカスしており、開発における起動時間57%��速化およびビルド時間40%高速化、エラーレポートの改善、WebAssemblyのサポートといったものが含まれている。

  • WebhintオープンソースLintingツール

    webhintプロジェクトは、アクセシビリティ、パフォーマンス、およびセキュリティに関する問題をチェックするためのオープンソースのlintingツールを提供する。 WebサイトやWebアプリの作成には、詳細まで完璧なものが増えている。webhintは、開発者がこれらの詳細を覚えておくのに役立つ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。