BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ RIA に関するすべてのコンテンツ

  • OpenJDKはSecurityManagerの非推奨を提案

    OpenJDKプロジェクトは、SecurityManagerを非推奨にする手段としてJEP-411を提案した。承認された場合、これは複数年にわたるプロセスの最初のステップになる。このプロセスは、OpenJDK Quality Outreach Campaignが影響を受けるプロジェクトを、削除される前に代替案に導くものである。

  • GluonはSceneBuilder 16をリリース

    GluonはScene Builder 16をリリースした。これはコンピュータやモバイルデバイスのクロスプラットフォームアプリケーションの作成を視覚的に簡素化するグラフィカルデザインツールだ。

  • アプレットの終焉

    Applet APIは、プラグインが主要なブラウザから削除されてから6年後に削除される予定である。この変更は、Applet APIにリンクしているアプリケーションに通知するのに役立つ。そして、移行を簡素化するためのツールを利用できる。

  • AppStoreのJavaFXとUIフレームワークの改善

    Gluonは最近、コンピューターとモバイルデバイスで実行されているクロスプラットフォームのJavaFXアプ��ケーションについて話した。例として2つのゲームがある。一方で、ControlsFXチームは、UIコントロールが改善された新しいアップデートをリリースした。

  • Rust Hyper HTTPライブラリはCurlをより安全にすることに貢献

    Cで記述されている、世界中の約60億のデバイスにインストールされている人気のあるcurlおよびlibcurlツールは、メモリセーフでない言語の使用に起因するよく知られたセキュリティ問題にさらされている。新しいイニシアチブは、Rust Hyperライブラリに基づくcurl用のメモリセーフなHTTP/HTTPSバックエンドを提供することを目的としている。

  • Next.js 9.3がリリースされ、スタティックサイト生成が改善された

    Next.jsチームは先頃、Next.js 9.3をリリースした。これにより、スタティックWebサイトの生成とプレビューが改善され、Sassサポートが追加され、実行時間は短縮された。

  • Silverlightは時間切れ

    今から約15月後に、Silverlightは事実上存在しなくなる。2021年10月12日、ユーザは、それを使用して作成されたアプリケーションを使用するために必要なIEプラグインをダウンロードできなくなる。

  • Bootstrap 5はjQueryの依存関係を削除します

    新しいBootstrap 5ではjQueryが取り除かれ、Internet Explorer(IE)をサポートしない。

  • Flashレガシコンテンツの延命にWebAssemblyを使用する

    Adobeは2020年12月31日にFlash Playerの配布とアップデートを終了する。しかしながら、長年にわたって蓄積された大量のFlashコンテンツが失われる訳ではない。FlashエミュレータのRuffleとx86仮想化テクノロジのCheerpXが、ともにWebAssemblyを活用して、ブラウザ内で.swfファイルを再生可能にするからだ。

  • JavaFX 14リリース

    JavaFX 14がリリースされた。単一コードベースによるクロスプラットフォームGUIアプリケーションの開発を支援する。ネイティブJavaコードでコントロール可能な組込みブラウザでのHTTP/2サポートなどの改善も含まれている。

  • 高速なWebのためのAdaptive Loading

    Google Chromeチームは、ネットワーク速度、CPU、メモリ、その他ウェブプラットフォームシグナルに基づいて、コンポーネントの最適なバージョンをロード・レンダリングするためのAdaptive Loadingを発表した。

  • Micorsoft Edge 79が Chromiumブラウザエンジンを採用

    MicrosoftはEdge 79のリリースで、同社独自のEdgeHTMLエンジンから、Chromeで使用されているオープンソースエンジンのChromiumに移行した。

  • Adobe FlashをHTML 5で代替するPixi.jsがWebGLを新たにサポート、クロスプラットフォームとインタラクティブアプリに対応

    Adobe Flashの標準ベースの代替品であるPixiJSが、レンダリングを高速化し、CPUの利用率を低減した、5番目のメジャーバージョンをリリースした。このPixiJS v5は、WebGL機能セットを新たなAPIで抽象化すると同時に、必要に応じてHTML5のcanvasにフォールバックする。これにより、WebGL APIを操作したり、デバイスの互換性に配慮する必要なく、リッチでインタラクティブなグラフィックス、クロスプラットフォームアプリケーション、ゲームを開発することが可能になる。

  • J2CL: JavaからJavaScriptへのトランスパイラー

    Googleによって設計され、開発され、オープンソース化されたJ2CLとは、JavaをJavaScriptに変換するソース・トゥ・ソースのコンパイラである。J2CLは、GWTといった同様のJava-JavaScriptのフレームワークとは異なる問題の解決を試みるもので、同じく既存のJavaScriptフレームワークとの競合、置換を意味するものではなく、相互運用とクロスプラットフォームのコード再利用を目的としている。

  • クロスサイトスクリプティング脆弱性を防止するTrusted Types API

    Google Chromeチームは,DOMクロスサイトスクリプティング(XSS)セキュリティ脆弱性の防止を支援するための,試験的なTrusted Types APIを発表した。同社のVulnerability Reward Programによると,DOM XSSは,XSSセキュリティの中で最も一般的なものだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。