BT
rss
人のフォロワー

マイクロサービス実装時の課題 - なぜプログラミングスタイルが問題なのか

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年7月26日 午後8時15分

Fred George氏がGOTO Amsterdam 2015で,“Challenges in Implementing MicroServices”および“The Secret Assumption of Agile”と題した講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,マイクロサービスをできる限り小さくする方法,マイクロサービス実装時の問題と対処方法,プログラムスタイルが問題となる理由,開発者がコードスキルを向上させるためにできること,などについて聞いた。

人のフォロワー

スクラムマスタとインポスタシンドローム

作者: Savita Pahuja フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年7月5日 午後10時58分

Geoff Watts氏がスクラムマスタのインポスタシンドロームについて語る。インポスタシンドローム(Imposter Syndrome,詐欺師症候群)とは,人が自分自身の成果を受け入れられなくなる心理的現象である。

人のフォロワー

プロダクトチャンピオンの必要性

作者: Shane Hastie フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 永瀬 美穂 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年4月19日 午後10時8分

Ron Jeffries氏は先日プロダクトチャンピオンの必要性について記事を書いた。プロダクトチャンピオンとは、顧客の業界を知り、成功を最大限にする責任を負うことのできる人物だ。プロダクトオーナーが力不足であるスクラムやXPや "アジャイル" チームがいかに多いか説明し、プロダクトチャンピオンの観点をとることで素晴らしい成果をあげられるのだと論じている。

人のフォロワー

State of Testing 2015調査

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年2月9日 午後6時48分

State of Testing Survey 2015の目的は,テスト技術やプラクティス,自動テストなどの採用状況を調査し,テスト担当者が直面している課題に対する見解を提供することだ。モノのインターネット(IoT)やアジャイルの採用など,発展を続ける技術は,テストにも影響を与える。そこでは,開発者とテスト担当者が同じチームで協力し,役割や職名よりも能力が大きな意味を持つ。

人のフォロワー

プロジェクトはすべてやめるべきか?

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2013年12月15日 午後8時41分

XP Days Beneluxカンファレンスで行った"Kill all projects"と題するセッションの中で,Paul Kuijten氏は,すべてのプロジェクトを廃止することを提案した。InfoQでは氏にインタビューして,アジャイルにとって価値のあるプロジェクト管理や製品開発の資金について話を聞いた。

人のフォロワー

ロールプレイングゲームのダンジョンマスタとして学んだことをアジャイルコーチングに活用する

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2013年10月8日 午後8時48分

Guillaume Duquesnay氏はゲームやロールプレイングでの経験をアジャイルコーチとしての仕事に活用している。Agile Tour Brussels 2013カンファレンスでは,権威に頼らないリーダシップやファシリテーション(facilitation),マネージメントスタイルについて講演した。InfoQではコーチング,ファシリテーション,リーダシップのスキルに加えて,ゲームをプレイすることが人々に幸福や楽しさだけでなく,生産性の向上をも実現するものなのか,氏に話を聞いた。

人のフォロワー

プロダクトオーナーパターン

作者: Shane Hastie フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 和智 右桂 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2011年4月3日 午前10時0分

プロダクトオーナーの役割は、多くのオンライン・フォーラムやブログで定期的に議論されている。この役割の持つ課題と、そこに含まれるさまざまな責任は、議論やアドバイスが生み出される原因になってきた。最近、プロダクトオーナーという役割と、アジャイルプロジェクトの中でプロダクトオーナーが確実にやるべき重要な活動、さらにプロダクトオーナーとプロダクトマネージャの違いについて、いくつか議論がなされた。

人のフォロワー

アジャイルチームのアーキテクトのための10の助言

作者: Abel Avram フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2010年9月29日 午後9時6分

Microsoft AustraliaのソリューションアーキテクトであるTom Hollander氏は、TechEd Australiaでアジャイルチームにおけるアーキテクトの役割と題したプレゼンを行った。 氏はこの場でアジャイルチームを率いるアーキテクトとして氏が行っていることについて議論した。

人のフォロワー

"アジャイルチームリード"は必要か

作者: Mike Bria フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2009年12月6日 午後3時2分

Patrick Wilson-Welsh氏、Chris Beale氏、Gary Baker氏、 John Huston氏、Daryl Kulak氏らが新しい役割の概念を広めようとしている。その概念は、"アジャイルチームリード"というものだ。 目的は、アジャイルチームやその周辺にある従来のリーダーシップの概念を置き換えるためだ。

人のフォロワー

従来のソフトウェア開発の役割をスクラムに対応させる

作者: Vikas Hazrati フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 沼田 暁子 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2009年3月17日 午前6時57分

アジャイル採用の道に乗り出した多くの組織では、従来のソフトウェア開発の役割をスクラムが定める3つの役割に対応させるという課題に取り組まなければならない。一連の見解の中で、Mike Cottmeyer氏は従来の役割を効果的にスクラムに対応させようと試みている。

人のフォロワー

'MSF for Agile'とMS VSTS - 一見の価値あり、か?

作者: Deborah Hartmann Preuss フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 白石 俊平 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2008年1月10日 午後12時20分

私たちはしばらくの間、マイクロソフトの'MSF for Agail'についての噂をあまり聞いたことがなかった。「より良いアプリを構築する」と言うこのInfoQビデオでは、コンサルタントであるKevin Jonesが、Visual Studio Team System (VSTS) とともにMSF for Agailを使ってみた彼の経験について、QConで話した内容が記録されている。

人のフォロワー

Article: サービスのガバナンス組織を構築する

作者: 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2007年10月30日 午前1時12分

サービスのガバナンス化はSOA(Service Oriented Architecture)の成功に必要不可欠な事項の一つです。その構築はきっちり計画して行わなければならなく、SOAイニシアティブの最初の段階で、計画され、テストされていなければいけません。本Articleでは、Jean-Jacques Dubrayが、効率的に構築するには何が必要かについて示します。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT