BT

InfoQ ホームページ Rubinius に関するすべてのコンテンツ

  • Rubinius 2.0、Ruby 2.1を実装

    2年以上を経て、Rubiniusチームがバージョン2.0をリリースした。これはマルチスレッドサポートを改善し、次のRuby 2.1を実装している。

  • 実用域に達したJRuby 9K

    JRuby開発リーダのひとりであるCharles Nutter氏は,JRubyのバージョン9000(9K)を2014年中(第2四半期以降)にリリースすると発表した。Ruby MRI 2.0相当の機能セットが目標だが,可能ならば2.1も対象にするという。優れたパフォーマンス,並列性サポート,総合的な可用性やJVMの採用による可搬性などによって,このバージョンはプロダクションシステムに適したものに仕上がっている。

  • Ruby 2.1がガベージコレクションを変更,大規模システムでの批判に対処

    Rubyの開発者が,Ruby 2.1で世代別ガベージコレクションに移行すると発表した。これによって言語の大幅なパフォーマンス向上が期待できる。発表が行われたBarcelona Ruby Conferenceでは,RubyのGCが大規模なRubyシステムにおいて重要な問題である,という指摘もあった。

  • Exceptional Ruby

    開発者はコードを書くのを楽しむものだが、例外処理コードを書くのを楽しんでいる開発者はほとんどいないし、それを正しくやれる人はもっといない。Avdi Grimm氏の書いた本、Exceptional Rubyはこの課題に挑み、信頼できる例外処理コードに開発者が正しく取り組むための手助けをする。

  • RubiniusがEngineYardのAppCloudに登場、1.9とGIL除去に関する作業は継続中

    EngineYardはRubiniusをAppCloud PaaSサービスに提供し始めた。InfoQはEvan Phoenix氏にRubiniusの状態、新しいパフォーマンスツール、GIL除去の状況について聞いた。

  • Ruby仮想マシン総まとめ:MacRuby 0.8、Rubinius 1.2、MRI 1.8.7と1.9.2のアップデート

    多くのRuby仮想マシンの新リリースが利用可能になっている。MacRuby 0.8はバグを修正し、1.0への道を歩み始めている。Rubinius 1.2はメモリ効率とデバッガを改善している。MRIは新しいパッチレベルがリリースされている:1.8.7-p330と、1.9.2リリース以降最初の大きなバグ修正アップデートとなる1.9.2-p136である。

  • Rubinius 1.1 - そしてGILの将来

    Rubinius 1.1がリリースされた。JITと性能が改善され、デバッグ機能とプロファイリング機能が強化された。また、GILのアルゴリズムも見直された。しかし、GILは間もなく過去のものになるだろう。RubiniusプロジェクトのHydraと名付けられたブランチでは、GILのないRubiniusが育てられている。JRuby、IronRuby、MacRubyのようなGILのないVMの仲間入りするのも時間の問題だ。InfoQはこのHydraブランチについてEvan Phoenix氏に話を聞いた。

  • Rubiniusが1.0になった

    長く待たれたRubinius 1.0がやっとリリースされた。開発期間が3年半以上かかったが、Rubyで書かれたRubyの実装がやっとでき、いくつもの有望なフィーチャが提供されている。

  • 標準化はRubyにとって何を意味するのか

    Rubyの標準化が進行中である:2008年の発表の後、標準の最初のドラフトが公開された。このことは実行可能なRuby仕様RubySpecや、他のRuby実装にとって何を意味するのだろうか?

  • Rails 3ベータがリリース

    Rails 3の最初のベータ版がリリースされた。Rails 3では、APIの安定化と、Merbに着想を得たデザイン上の決定、パフォーマンス改善などにより、コードベースが大幅な書き換えられている。InfoQでは、Rails 3の変更や、Rubyのどの実装でRails 3が動作するのかを調査した。

  • Ruby VM 総まとめ: 1.9.2のDTraceのサポート、Rubinius 1.0 RC2にインストーラの追加、IronRubyのIDE

    Rubinius 1.0RC2 にバイナリのインストーラが加えられた。また、Ruby 1.9.2はDTraceがサポートされる。IronRubyはバージョン1.0に近づき、SharpDevelopはIronRubyをサポートする。また、WEBRickのユーザは最新のRuby 1.8.x か 1.9.1にアップグレードすべきだ。最近脆弱性がみつかったからだ。

  • Rubinius 1.0 は MRI 1.8 との互換性と同等の速度をもたらす

    Rubinius は、Ruby 1.8 との互換性と同等の速度をもたらす、1.0 の最初の候補版をようやくリリースした。InfoQ は、ここにたどり着くために何を要したか、Rubinius 上で Rails を実行できるようになるかを、Even Phoenix と話した。

  • Ruby VMのまとめ: MacRuby 0.5 Beta 2がAOTツールを加え、Rubinius 0.13がリリースされる

    MacRuby 0.5のベータ2は互換性の向上および、Ahead of Time (AOT)コンパイルとスタンドアロンのアプリケーションを構築するための新しいツールの追加を行っている。Rubinius 0.13がリリースされ、LLVMやJIT、新しいコンパイラの利用でパフォーマンスが改善されている。

  • Ruby VM 総括,Ruby 1.9.2 Preview 1,そして Ruby バージョンサイト

    Ruby 1.9.2 Preview 1 が公開された。Method#parameters などのAPI改良や 旧世代オブジェクトに関する GC 最適化などが図られている。また,Ruby の実装の早さに遅れないためとして,David A. Black 氏が ruby-version.net を公開した。このサイトでは,MRI の数多くのバージョンと JRuby,Rubinius,REE 実装などが利用可能だ。

  • Rubiniusの前進 - Brian Ford氏のインタビュー

    Rubiniusプロジェクトで現在何がおこなわれているのか、Rubiniusチームメンバーである、Brian Ford氏にインタビューをした。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。