BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Ruby に関するすべてのコンテンツ

  • Crystal言語がRuby構文リリース1.0でCパフォーマンスを目指す

    Crystalは、最近、最初のメジャーバージョンをリリースした。Crystalは、Rubyの簡潔さと親しみやすさをCの効率と融合させることを目的とした、新しいオブジェクト指向のコンパイル済みシステムプログラミング言語である。Crystal 1.0は、Rubyに近い構文を持ち、静的に推測される型、Cバインディング、マクロを備えている。 Crystalは、Ruby/Rails、Elixir/Phoenixのバックグラウンドを持つ開発者を引き付ける可能性がある。

  • Google CloudがCloud FunctionsでRubyをサポート

    Google Cloudは最近、Ruby on Cloud Functionsの公開プレビュー版を発表した。Ruby用のオープンソース関数フレームワークは、HTTP関数とCloudEvent関数をサポートしている。

  • リソースパーシャルとYAMLサポートのChef Infra 16 がリリースされた

    Chefは、Chefポリシーの作成、カスタマイズ、および更新を改善するための多くの新機能を備えたChef Infra 16のリリースを発表した。このリリースには、レシピのYAMLサポート、コードの重複を減らすための新機能、Chef Infraが混合カスタムリソースを処理する方法の改善が含まれている。

  • Shopifyはいかにしてモジュラモノリスへ移行したか

    ShopifyのシニアエンジニアであるKirsten Westeinde氏がShopify Unite 2019で、Shopifyにおけるモジュラモノリス(modular monolith)への展開について論じた。変更をいつ行うか、どのように達成するか、といった判断にデザインペイオフラインを使用したこと、ターゲットアーキテクチャからマイクロサービスを除外した理由、などがその内容だ。

  • AWS Lambda LayersとRuntime API:公式にサポートされているランタイム以外もサポート

    AWS re:Invent 2018では新しい機能とサービスが多数発表された。機能間で共有されるコードとデータを一元管理するLambda Layerや、LambdaをJavaScript以外のあらゆるプログラミング言語に拡張するLambda Runtime APIなどである。

  • Coinbaseはどのようにしてスケーリングの問題に対処したか

    仮想通貨交換所を運営しているCoinbaseは2017年の仮想通貨ブームで同社のプラットフォームのスケーリングの問題に直面した。エンジニアリングチームはMongoDBのアップグレードと最適化やトラフィックの分離に注力し、将来のためにキャプチャとリプレイのツールを構築した。

  • オラクル、GraalVM 1.0をリリース

    オラクルはGraalVMの1.0リリースを発表した。これは多言語対応の仮想マシンとプラットフォームである。最初のリリースにはJavaとJVM言語の実行機能 (バ���トコードを通じて)とJavaScriptとNode.JSの完全なサポート、RubyとPython、R、LLVMバイトコードのベータでのサポートがある。

  • Ruby 2.5.0の概要

    6年連続のクリスマスの慣例にならって、12月25日に新しいメジャーリリースがリリースされた。Ruby 2.5.0は、パフォーマンスが5~10%改善する、いくつかのパフォーマンス関連の改善で特徴付けられる。ライブラリ...のサポートでは、次の標準ライブラリがデフォルトのgemに昇格した。yield_self、testingでは、pp行は必要ない。他は記事でレビューされている。

  • Deliverooのモノリスから分散システムへの移行について

    Deliverooはこの数年間、ビジネスおよびITの両面で飛躍的な成長を遂げたことにより、大規模なモノリシックアプリケーションに関わるさまざまな技術的課題に直面している。解決策は分散化だが、しかしマイクロサービスではない。先日のQCon LondonカンファレンスのプレゼンテーションでGreg Beech氏は、同社のモノリスシステムから分散システムへの移行について説明した。

  • 継続的アップデートツールVersionEyeがオープンソースに

    VesionEyeは,自社の名前を冠した,プロジェクト依存関係の更新を支援する継続的インテグレーションツールをオープンソースとして公開した。“継続的アップデート”という造語が表すように,さまざまなソフトウェアライブラリを対象とした更新通知やライセンスチェック,セキュリティ上の脆弱性情報の提供などを行なうツールである。VersionEyeを開発したRobert Reiz氏が目指すのは,ソフトウェアをオープンソース化することによるコードベースの信頼性と透明性の向上だ。

  • リファクタリングを助けるGitHubのScientist

    GitHubはScientist 1.0をリリースした。これは、GitHubのエンジニアのJesse Toth氏が開発したRubyのライブラリで、開発者のリファクタリングを支援する。ここ数年、GitHubの多くのプロジェクトで使われてきた。InfoQはJesse Toth氏に話を聞いた。

  • Ruby 2.3.0の新機能のプレビュー

    Ruby 2.2.0のリリースからほぼ1年,Ruby 2.3.0の最初のプレビューが発表された。今回のRuby 2.3.0 Preview 1には,不変文字列リテラルやnull合体演算子などの新機能が導入されている。

  • ParseがRubyからGoへ移行,信頼性が大きく向上

    Parseはスケーラビリティを向上させるため,APIを含むサービスの一部をRuby on RailsからGoに移行した。同社のエンジニアであるCharity Majors氏が詳しく説明している。これによって信頼性とデプロイメント時間が著しく改善された。

  • RubyからFogを使ったMicrosoft Azure Server管理が可能に

    Microsoft Open Technologies Inc.は,FogクラウドサービスライブラリでMicrosoft Azureのサポートを可能にするRuby ‘fog-azure’ gemをリリースした。

  • インクリメンタルGCとシンボルGCを備えたRuby 2.2.0がリリース

    12月25日にリリースされたRuby 2.2.0は,ルビーストたちへのクリスマスプレゼントだ。そのハイライトの中には,ガベージコレクション(GC)の改良がいくつか含まれる。新しいインクリメンタルGCアルゴリズムがあり,シンボルがガベージコレクションの対象になった。コアクラスと標準ライブラリにも,いくつかのマイナーな改良が加えられている。

BT