BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Service Component Architecture に関するすべてのコンテンツ

  • OASISシンポジウム:SOAでの構成可能性

    OASISは、カリフォルニア州サンタクララにて4月28日から4月30日の3日間「SOAでの構成可能性」というトピックでシンポジウムを開催する。ベンダーやエンドユーザ企業のエンジニアや科学者がマッシュアップ、Service-Oriented Ajax、SCA、BPEL、SDO、BPM、Webサービストランザクション、SOAのデータセキュリティー、SOA Reference Architectureなどのトピックについて討論する予定である。

  • Article: "あなたを後で呼び返していいですか?" サービスコンポーネントアーキテクチャを使用した非同期サービスの構築

    IBMのMike Edwards氏によるこの記事では、サービス指向アーキテクチャを用いたアプリケーション構築における非同期サービスの必要性について論じています。

  • OSGi、SCA、BPEL、Springで管理容易性を強化

    OpenSOAイニシアティブが「Power Combination, SCA, OSGi and Spring」という表題のホワイトペーパーを発表して以来、これら3技術の組合せは話題を呼んできた。インフラの商用実装でさえ存在する。Spring Dynamic ModuleはすでにSpringとOGSiを結合しており、他方、Spring BeanはSCAコンポーネントの実装として使える。最近、TuscanyのJava実装がApacheのOSGiフレームワークFelix上に構築された。

  • Infiniflow:OSGiとSCAをベースにした次世代の分散アプリケーションサーバ

    Paremusは最近Infiniflowのバージョン1.2をリリースした。これはOSGiとSCAをベースにした次世代分散アプリケーションサーバだ。InfoQはParemusのマーケティングマネージャ Andrew Rowney氏にこのリリースについてとInfiniflowの新しいアプリケーションサーバモデルについて話を聞いた。

  • Apache Tuscany Java 1.1リリース:SCA がWeb 2.0と出会う

    先日Java SCAプロジェクト1.1のリリースを発表した。JMSバインディングや改良されたポリシーサポートを含む多くの機能が追加された。また、SCAコンポーネントを実行可能なテクノロジーとして、JSONRPCやAtomバインディングを使用しAjax形式の実装を簡略化するクライアント側のJavascriptアプリケーションを表現する実装拡張機能もサポートしている。

  • コンポーネントのコンポジション戦略および戦術

    コンポーネント技術は90年代前半から継続的に発展してきた。それらはSpringとDependency Injectionパターンによる開発の登場によって新たな局面を迎え、高度なコンポジションの仕組みが提供されるようになった。

  • Javaテクノロジを用いたサービス指向アーキテクチャの構築

    サン・マイクロシステムズは米国で、Javaテクノロジを用いたサービス指向アーキテクチャ(SOA)構築を推奨する、テクノロジとアプローチに関する包括的な考え方を発表するツアーを開始した。シアトルでは、サンのSOAテクニカルスペシャリストであるThomas Barrett氏がプレゼンターをつとめた。

  • Article: サービスコンポーネントアーキテクチャを始める

    SAPのJava EEアーキテクトでありSCA-Jの技術委員会の共同議長でもあるHenning Blohm氏が、様々な技術によるプログラミングモデルの統合であるSCAに関して自身の意見を述べています。

  • Article: SCAインタビュー

    InfoQでは、SCA/OpenCSAのワーキンググループに属しているメンバーたちと時間をとり、いくつかの質問をしました。今回のインタビューでは、Mike Edwards氏 (IBM)、Steve Jones氏 (CapGemini)、David Burke氏 (TIBCO)、Sanjay Patil氏 (SAP)、Michael Rowley氏 (BEA)と話をしました。

  • SCAにおける論争

    Chappell&AssociatesのDavid Chappell氏は、”マイクロソフトSCAをサポートするべきではない”という理論に関してディベートを始めた。

  • 初めてのSCA1.0の実装としてApache Tuscanyがリリース

    Apache Software Foundationが初めてのSCA1.0の実装としてApache Tuscany Java 1.0をリリースした。SCAはアッセンブリングサービス指向のソリューション用モデル、またプログラミングモデル、時としてマイクロソフトのWindows Communication Foundation (WCF)の代案として位置付けられている。SCAはOpen Composite Serveices Architecture(Open CSA)の一部としてOASISにおいて標準化されている。

  • Apache Tuscany Open Source SCA Implementation1.0のリリースに迫る

    Apache Tuscanyはサービスコンポーネントアーキテクチャ(SCA)のオープンソース実装のバージョン0.99をリリースした。InfoQはTuscanyの開発者の一人であるJean-Sebastien Delfino氏を尋ね、SCAで欠如しているパーツ、また組み立て、プログラミングモデルの役割に関して訊いた。

  • OpenCSA総会はSCAの標準化活動を推し進める

    SCA関連の技術委員会の6つの新たな構成に関するアナウンスが成され、1週間もしないうちにOASISは、たくさんの委員会が参加し、教育デーを含む3日間に渡る総会があることを発表した。

  • SCAの将来

    ブログの投稿で、David Chappell氏は、JavaOneで彼がモデレータとなったService Component Architecture (SCA)のセッションでの所感を書いている。David氏は、SCAが2つのもの(プログラミングモデルとアセンブリモデル)で構成されているということを強調している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。