BT

InfoQ ホームページ Scrum に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • 自己組織化チームはなぜ必要か?

    私たちの世界では変化は日常であり,"ビジネス的アジリティ"が求められます。組織を運営する上で,古い地図はもはや役に立ちません。体系的思考に基づいた,新たな地図が必要です。優れた自己組織化チームについてのシリーズ記事の第2回目では,自己組織化チームが必要な理由について論じます。

  • ソフトウェア開発プロセスから無駄を省くための7つの方法

    約2年間、ソフトウエアベンダでリーンソフトウエア開発を実践し、段階的に7つの大きな変化を生み出すことでR&D部門のソフトウェア開発プロセスから無駄を削除しました。

  • 自己組織化チームとは何か?

    自己組織化チームとは何か,どうすれば効果的にサポートできるか,といった情報はあまり多くはありません。今回の記事では,自己組織化チームについて学ぶシリーズの最初として,自己組織化チームとは何かを探求します。

  • 「Ameba流Scrum」を浸透させるために私たちが実践したこと

    現在、コミュニティサービスだけでも40以上のサービスが提供されている、サイバーエージェントの「Ameba」サービス群。ネットユーザーの嗜好をとらえたサービスを短期間で次々とリリースできる秘訣は、各開発チームが導入し実践するScrum開発手法にある。ScrumはAmebaにおいてどのように浸透していったのか。同社アメーバ事業本部 サービス部門 コミュニティ事業部の大﨑浩崇氏に推進の過程やコツを聞いた。

  • アジャイル時代のモデリング: アジャイルチーム拡大のためにはコードの次に何を保つべきなのか

    もはやアジャイルソフトウェア開発手法はソフトウェア開発の主流になりました。動くコードは一番重要なチーム成果物として扱われることになりました。それにしても、あいかわらずモデリングは必要です。平鍋健児氏はこのアジャイル時代におけるモデリングの適切なモデリングと重要な役割について探求します。この記事では、システム”全体像”の理解共有が不可欠であるマルチチーム開発のスケーリングにフォーカスを当てました。

  • 本当に自己組織化したチーム

    この会社は、個人個人の自由意志によって組織化されています。みんながゴールを達成するために、協力することを自由に選んでいます。実際に自己組織化した会社を経営していなくても、自己組織化した会社について知りたいと思っている人たちのために、この記事は書かれています。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリスト像

    2010年8月に、BABOKのアジャイル拡張(Agile Extention)のドラフト版が公開された。アジャイルにおけるビジネスアナリストがリエゾン(橋渡し役)として有効に機能するには、動作するソフトウェアを実現する開発チームへ継続的に寄り添い、貢献しなければならない。そのため、アジャイルでのビジネスアナリストは、資料作成や分析の技術だけでなく、ソフトウェアの実現に関わる技能を備えることが必要となるだろう。これは逆に、開発チームがビジネスアナリシススキルを備えるべきだということも、また示唆している。

  • 技術的負債、マネージャの視点

    Developers often talk about Technical Debt saying its slowing your projects down. What are they really saying? What measures can you take to reduce it before it cripples your projects?

  • マネージャ 2.0: スクラムでのマネージャの役割

    スクラムは3つの役割しか定義しない。それはプロダクトオーナとスクラムマスタとチームだ。ここにはマネージャは存在しない。Pete Deemer氏はスクラムを適用したときにマネージャが受ける影響や、マネージャの役割をどのように再定義するのがいいのか(職務内容記述書のサンプルを含む)、マネージャをスクラムマスタに任命することなどを考察する。

  • アジャイルの限界

    非伝統的な環境でアジャイルを実践しようとする試みが直面する問題は、アジャイルの原則が適用できないことでも、フィードバックのサイクルが始めからうまくいかないことでもない。アジャイルのスイート・スポットの外では、アジャイルの技術を適用するにはさらなる障壁があり、コストがかかること。これが、彼らが直面した問題だ。これらの障害物はアジャイル自体の適用を妨げるものではないが、アジャイル適用のコストを引き上げる。

  • マルチタスクで仕事は遅くなる

    個人がマルチタスクで仕事をした場合、非効率で遅くなることは今ではよく知られている。アジャイル/スクラムチームであれば、実行しなければならないプロジェクトの数が鍵となる。アジャイルはチームは一度に一つのチームに従事するべきで、そうでなければ破たんする、と示している。Roger Browns氏はなぜこのようなことが起こるのか、掘り下げて解説している。

  • 仮想パネル: バックログは重要な成果物とプラクティスか、それとも無駄か?

    Mary Poppendieck氏、Ron Jeffries氏、Jeff Patton氏、David West氏、Steve Freeman氏、Jason Yip氏が、バックログに関する彼らの意見とアジャイルチームを成功させるために必要な事を語った。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。