BT

InfoQ ホームページ サーブレット に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • OracleのJava EE 7計画にプラットフォームへのクラウドとHTML5サポートを追加

    Oracleは、先週Java EE 7用の包括的なJSRを提出した。仕様書は、初期レビューによる投票段階はパスした。JSRが重点を置いているのは、新規のweb技術、クラウド コンピューティング、JMS APIへのオーバーホールを含んだ、継続的な使用性の改善である。他には、JPAが注目されることになるだろう。Oracleは、長期間休眠状態のある JCACHE JSRを甦させる計画について話している。

  • Java EE 6のWeb層:サーブレットが非同期をサポートし、拡張性が改善

    Java EE 6での最も重要な改善が、web層で行われた。Java web フレームワークのほとんどすべての基盤である、Servlet APIで、拡張性とプラグイン性が改善され、標準化された非同期サポートできるようになった。EE 6 web層に関する2つの記事の1つ目で、InfoQ は、Servlet 3.0 の仕様に注目する。

  • Java Servlet 3.0がProposed Final Draftに

    Servlet 3.0仕様は昨年、注目に値する議論を巻き起こした。それが Proposed Final Draftにおいてどのように解決されたのかを見ていく。

  • Servlet 3.0に関するパブリック・レビューが物議をかもす

    JSR-315がServlet 3.0仕様のパブリック・レビュー(PR)を公開した。またそれに合わせGlassFishのトランクで参照実装が提供された。今回のリリースがエキスパート・グループ(EG)が選択した次世代のServlet APIとJava EE 6プラットフォームに���する物議をかもしている。

  • 議論を呼ぶ Servlet 3.0の新機能

    ほとんどのJavaのWebフレームワークはServlet API上に構築されている。1つないしは複数のサーブレットやフィルタ、リスナーを設定するには、WEB-INF/libディレクトリ内の依存関係を使うか、それに加えてアプリケーションのweb.xmという設定ファイルlを使用する必要がある。JSR-315ではServlet3.0の仕様を定めており、これはEE6の一部として含まれる計画になっている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。