BT

InfoQ ホームページ SmallTalk に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • SmalltalkベースのRuby VMを持つNoSQL OODB:MagLev 1.0がリリース

    MagLevプロジェクトが彼らのRubyVMのバージョン1.0をリリースした。Rubyの実装はGemStone/S Smalltalk VMをベースにしており、GemStoneの分散キャッシュ、ACIDトランザクション、永続性システム(OODB)が使える。InfoQは、MagLevプロジェクトのMonty Williams氏にMagLevがNoSQLの領域のどこによく合うのかなどを聞いた。

  • Googleが言語Dartとツールをアナウンス。動的言語、任意の型付け、見慣れたシンタックス

    Googleが新言語をアナウンスした:Google Dartとツール。言語とツールは現在、技術プレビュー段階で、オープンソースとしてリリースされた。Chromeには未だ入っていない。Dartは動的で、任意の型、具体化されたジェネリックスである。並列化には、Isolateと呼ばれるErlangスタイルのプロセスを使い、非同期のメッセージパッシングによって、何も共有しない。

  • ブラウザに移る Smalltalk IDE たち - Jtalk,tODE,Lively Kernel 2.0

    Smalltalk は常に IDE と強く結びついてきたが,それが現在は Web に移りつつある。今回 InfoQ では,Javascript ベースの Smalltalk 実装である Jtalk と,Pharo と GemStone という2つの Smalltalk のフロントエンドである tODE に注目する。さらに Web の Smalltalk 方式の開発環境である Lively Kernel についても簡単に説明する。

  • オブジェクト指向プログラミン���は間違いだったか?

    QCon London 2010のインタビューで、Erlangの最初の開発者であるJoe Armstrong博士とSmalltalk、OOP、パターンに長い間関係しているRalph Johnson博士に、オブジェクト指向に関して、私たちは長年「間違った道」を下ってきたかという質問をした。2人は「間違った道」であったことを認めたが、これはオブジェクトの考え方の実現方法に欠点があったためであり、この考え方自体の欠点ではないと述べた。

  • 動的言語総まとめ : PythonのGILが徹底改善されるも廃止はされない。SqueakがAndroidに移植された。

    Pythonの高速化を支援するUnladen SwallowプロジェクトはメインストリームのPythonへ統合することを提案した。このプロジェクトの目標のひとつはGILを削除することだった。 Antoine Pitrou氏によるPythonの新しいGILはマルチコアCPU上で、よりスムーズに動くようになり、今までよりも邪魔にならなくるだろう。また、Squeak Smalltalk が Android上へ移植された。

  • MagLev Ruby VMが公開される、GemStoneの永続化をRubyに

    待望のGemStone SmalltalkをベースとするRuby実装、MagLevがついにパブリックアルファとして公開された。まだRailsを動かすことはできないが、RackやSinatraといったフレームワークをサポートしている。MagLevはGemStoneの成熟した分散処理と永続化機能の全面的なサポートとともにやってきた。

  • コンパイラのターゲットとしてのJavaScript:Clamato、GWT Smalltalk、Python、Scheme

    改善されたVMと至るところに存在するおかげで、JavaScriptはコンパイラにとって関心のあるターゲットになってきた。InfoQでは、 JavaScriptへとコンパイルする言語、Smalltalk Clamato、GWT Smalltalk、pyjamasを使ったPyhton、Moby Schemeを使ったScheme、について調査した。

  • Squeak SmalltalkとSeasideがiPhoneで使える

    Squeak SmalltalkはiPhoneのプラットフォームでサポートされる最新の言語である。SqueakをiPhoneに移植したJohn M McIntosh氏と話した。彼は、AppStoreにSqueak(とその洗練版であるPharo)でビルドしたソフトウェアもリリースした。これらのアプリケーションは、Squeakを使っているが、GUI作成のために、Seaside webフレームワークも使っている。

  • データ、コンテキスト、相互作用 : James O. Coplien氏とTrygve Reenskau氏による新しい設計方法

    このほど、James O. Coplien氏とTrygve Reenskaug氏は、OOPの新しい設計方法を紹介した。データ(Data)、コンテキスト(Context)、相互作用(Interaction)パターンに基づく設計方法である。この設計方法により、今までのOOPでは捕らえることができなかった振る舞いに関する要求、つまりユーザが思い描くモデルを把握することが可能となる。この記事では、多くの反響や批判があったDCIに関して、例を示しながら洞察し、その優位性について説明する。

  • MagLev:GemstoneがSmalltalk VMをベースに構築するRubyランタイム

    OODBベンダーのGemStoneは「MagLev」というRuby VMに取り組んでいる。InfoQはMagLevプロジェクトの詳細についてプロジェクトマネジャーのBob Walker氏と、同じく同プロジェクトに関わっているAvi Bryant氏に話を聞いた。まずはWalker氏の話から。

  • OLPC用アプリケーションを作る方法

    2006年、TEDカンファレンスでNicholas Negroponte氏はMIT Media Lab所長を退任後One Laptop Per Child(OLPC)活動の指揮を取っていることを明らかにした。彼の動機は教育に関することだ。2007年11月、モンゴルにおいてG1G1プログラムの最初の配布計画に従って最初のXO世代マシンが量産を開始した。

  • デバッガは有害か?

    Giles Bowkett氏は、ブログにて「Debugger Support Considered Harmful (デバッガサポートは有害だ) 」というタイトルにて、Rubyのデバッガの貧弱さについて記述している。

  • Rubinius GemstoneのOODBがJRubyとRubiniusをサポート

    GemstoneはJRubyに始まりObject Database製品用のRubyサポート制作に取り掛かっている。私たちは今後の見通しとその技術的詳細を知るためGemstoneのAlan McKean氏に尋ねた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。