BT

InfoQ ホームページ SOA に関するすべてのコンテンツ

  • Mock Service Workerライブラリにより、復元力のあるRESTおよびGraphQL APIテストが可能に

    Mock Service Worker (MSW) APIモックライブラリを使用すると、開発者は、実際のバックエンドを使用したり、モックサーバーを設定したり、ネイティブhttp/https/fetch実装をスタブしたりせずにWebアプリケーションをテストできる。MSWは、RestとGraphQL APIの両方をモックする。MSWは今年JavaScriptオープンソース賞を受賞した。

  • AWSはAmazon MQがRabbitMQをサポートすると発表

    AWSは、Amazon MQが人気のあるオープンソースメッセージブローカであるRabbitMQをサポートするようになると発表した。RabbitMQのサポートにより、顧客はコードを書き直すことなく、既存のRabbitMQメッセージブローカをAWSに移行できる。

  • MicrosoftがUI Flowsの一般提供を発表し、ロボットプロセスの自動化を可能にする

    先頃のブログ投稿で、Microsoftは4月2日に、世界の顧客向けにUI Flowsの一般提供 (GA) を発表した。UI Flowsは、以前はMicrosoft Flowと呼ばれていたPower Automateに追加されたもので、自動化とワークフローへの民主化されたアクセスを可能にする。この最新リリースでは、MicrosoftはPower Automateサービスでロボットプロセス自動化 (RPA) 機能を有効にしている。

  • CamundaCon Live 2020: ハイライト

    今年の初め、CamundaはCamundaConを主催した。これは、Camundaのオープンソース製品を中心に展開するプロセス自動化に関するオンラインカンファレンスである。このカンファレンスでは、プロセスの自動化に関する複数のユースケースセッション、自動化とデジタルトランスフォーメーションに関するバーチャルパネル、マイクロサービスのオーケストレーションとCamunda製品と他のテクノロジーとの統合に関する技術セッションが取り上げられた。

  • MicrosoftがAzure Communication Servicesを備えた新しいコミュニケーションプラットフォームを発表

    Microsoftは、年次開催のIgnite Conferenceで、フルマネージド通信プラットフォームであるAzure Communication Services(ACS)を発表した。このサービスは現在公開プレビュー中である。

  • Microsoft は Azure Service Bus 上に AMQP を介した Java Message Service 2.0 のプレビューを発表

    先日のブログ記事で、Microsoft は Azure Service Bus Premium 層で AMQP を介した Java Message Service (JMS) 2.0 のプレビューサポートを発表した。このサポートにより、顧客は Java や Spring のワークロードを Azure にリフト&シフトすることで、アプリケーションスタックを近代化できるようになる。

  • オープンソースになったGitHub OpenAPI仕様 (ベータ)

    GitHubは、GitHub APIのOpenAPI記述をオープンソース化している。開発者が直接API機能を発見できるようにすることを目的としたGitHub OpenAPIは、モックサーバ、テストスイート、および言語バインディングのプログラムによる作成も可能にする。

  • Fathymローコードプラットフォームパブリックベータ版が利用可能に

    パブリックベータとして利用可能になったFathymは、Azureベースのデータ駆動型アプリケーションの作成を可能にすることを目的としたローコードフレームワークである。Fathymは、アプリケーションオーケストレーションと自動インフラストラクチャ管理のサポートも提供する。

  • MSMQと.NET Core

    Microsoft Message Queuing (MSMQ) は現在、.NET Coreでは使用できない。一般的には他のメッセージキューシステムが好まれているが、エンタープライズアプリケーションの多くがMSMQをベースとしているため、.NET Frameworkから.NET Coreや次期バージョンである.NET 5への移行を考えているチームにとっては問題である。しかし先日のReference Sourceへのプルリクエストが、状況を変えてくれるかも知れない。

  • MicroProfile GraphQL 1.0 - MicroProfileファミリの新しいAPI

    MicroProfile コミュニティは新しいスタンドアロン API である MicroProfile GraphQL 1.0 をリリースした。- Reactive Streams Operators、Context Propagation、Reactive Messagingの3つの既存のスタンドアロンAPIに加わることで、MicroProfile GraphQL仕様の意図は「ユーザーが Java でポータブルな GraphQL ベースのアプリケーションを素早く開発できるようにする、『コードファースト』な API のセットを提供する 」ことにある。

  • MicroProfile 3.3の新機能

    Eclipse Foundation は MicroProfile 3.3 をリリースし、5 つの API (Rest Client, Config, Fault Tolerance, Metrics, Health) を更新した。その他の改善点としては、仕様とドキュメントの明確化と強化、すべての MicroProfile API 間の統合の改善、異なる MicroProfile 実装間の相互運用性、各 API のための完全な成果物セットなどがある。

  • AWSがコードレスのモバイル&Webアプリビルダーをベータリリース: Amazon Honeycode

    AWSは最近、Amazon Honeycodeのベータリリースを発表した。これは、顧客がコードを記述せずにすばやくモバイルおよびウェブアプリケーションを構築できるフルマネージドサービスである。

  • Mooreの法則55周年

    2020年4月は、Intelの創業者のひとりであるGordon Moore氏が、論文"Cramming more components onto integrated circuits"を公開してから55周年になる。50年以上にわたって、Intelとその競合企業は、Mooreの法則を事実とし続けてきた。しかし近年では、チップの最小加工寸法(feature size)を引き下げようという試みが、経済的および物理的な制限によって妨げられるようになったことから、Mooreの法則以降の世界について考えざるを得ない状況になっている。

  • モノリスからマイクロサービスへ - サービスメッシュを使ったSnapのマイグレーション

    Snapは2年を掛けて、モノリスからクラウドベースのマイクロサービスへ、漸進的なアーキテクチャシフトを実施した。その結果、コンピュータコストの65パーセント削減に加えて、冗長性の低減、ユーザに対する信頼性の向上といった成果を、すべてセキュリティおよびプライバシに関するコンプライアンス要件を維持しながら達成することができた。

  • GitHub Actions APIがパブリックベータ版としてリリース

    GitHubは、Actions APIのパブリックベータ版のリリースを発表した。Actions APIを使えば、REST APIを通じてGitHub Actionsを管理することができる。APIの公開するエンドポイントで、アーティファクト、シークレット、ランナー、ワークフローの管理が可能だ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。