BT

InfoQ ホームページ SOA Adoption に関するすべてのコンテンツ

  • SOAとマイクロサービスの違いとは?

    RedMonkのStephen O'Grady氏がSOA対マイクロサービスの議論を始めた。彼はその違いについて、サービスのサイズは必要でも十分でもないと、他の多くの人の意見に同意している。

  • 2016年のJava EEとマイクロサービスは?

    昨年の12月末,C2B2とPayaの創設者であるSteve Millidge氏は2016年を,JavaEEマイクロサービスの年になると予想した。WildFlyやTomEE,KumuluzEEフレームワークなど,氏に同調する意見は多い。しかし開発者の中には,Java EEには根本的に問題があるため,マイクロサービスには向いていないという意見もある。

  • マイクロサービス? ナノサービスはどうか?

    Arnon Rotem-Gal-Oz氏はマイクロサービスという用語,さらにはSOAとの関係に関する議論を取り上げた記事を書いた。氏によるとこの用語は,マイクロサービスをコード行数で定義する人々に代表されるように,アンチパターンに陥る危険性を孕んでいる。

  • マイクロサービスとSOA

    ここ数年,新たな可能性を持ったアーキテクチャスタイルとして,マイクロサービスが取り沙汰されるようになった。最近でもThoughtworksのMartin Fowler, James Lewis両氏が,マイクロサービスを定義する記事を書いている。しかしSteve Jones氏は,その記事を含むテーマ全般に異を唱える。マイクロサービスに新規性はほとんどない,単なるサービス指向デリバリアプローチだ,というのが氏の意見だ。

  • “標準が成功するのは人々がそれを話題にしなくなったとき” - Richard Soley (OMG CEO)

    OMG の CEO である Richard Soley 氏は先日公開されたインタビューで,適用パターンに対するハイプサイクルの影響に加えて,それが SOA の時のように,どれほど多くのクラウドコンピューティングに影響を与えるか,という点で意見を交わしている。氏は新興企業に対する仮想クラウドコンピューティングのメリットを賞賛した上で,その誇大な宣伝にも関わらず,大企業にとってはさほど重要なものでない理由も説明している。

  • サービス指向な 'Internet of Things と Services'

    SOAは、ビジネス アプリケーションとビジネス統合に使われている。最近のIEEE論文は、新しく生まれた'Internet of Things'と'Internet of Services'を比較的シームレスに統合するアーキテクチャとプロセスについて書いている。

  • ビジネス駆動SOA

    SOA コンソシアムの新しい白書は,ビジネス駆動 SOA とそれを実践する上でのビジネスアーキテクチャの役割を定義するものだ。さらにビジネスアーキテクチャについても,これまでの IT ソリューション実践のための資料集という位置づけから離れて,ビジネ���デザイン全般への包括的アプローチとして再定義している。

  • 漸次的なSOAの価値とは何か

    John Moe氏はSOAを実現するためいくつかの手法について議論している。その中には漸次的な(ゲリラ)SOAも含まれている。漸次的なSOAは以前、SOAの中で大きな議論を巻き起こした。この議論にはベンダやコンサルティング会社の代表者も巻き込んで、それぞれの価値観に基づく激しい応酬(例えばソフトウエアと人間とどちらが高コストか、といったような)が繰り広げられ、議論に参加した者は、これらの(彼らの)ソリューションの利点を明らかにしようと躍起になっていた。

  • SOAマニュフェストの策定

    2度目のSOAシンポジウムと同時に、Thomas Erl氏とIBM、Red Hat、 OracleそしてCognizantといった企業の代表者がSOAマニュフェストを策定するために会議を開いた。ワーキンググループのメンバである Steve Ross-Talbot氏は考慮するべきいくつかの領域について書いている。

  • SOAはクラウド・コンピューティングとどのように関連しているのか?

    最近、ebizQのCloud QCampの一部として開催されたセッションで、クラウド・コンピューティングとSOAの現状および関係について議論された。パネリストたちの共通意見は、SOAによって得られた利点は、クラウドによって、より確かなビジネス基盤となっていくだろうというのもだった。

  • ポイント・アンド・クリックWeb Services向けのServiceLayer

    ServiceLayerを使うと、既存のJavaアプリケーションにSOAPやREST形式のWebサービス・インタフェースを追加するのがポイント・アンド・クリックと同じくらい簡単に出来る上に、運用中にそれを行うことが出来る。GUIを使ってアプリケーションを探索し、サービスとしてデプロイしたいクラスとメソッドを選択するだけ。それだけで完了する。もはやコーディングは不要である。

  • 調査によりSOAが堅調に伸びていることが示された

    2009年2月のTechTargetによるSOAの導入に関する調査で、SOAが間違いなく活動的であることが示された。OracleのDave Chappell氏は、その分野で見てきたことと調査結果が一致していることを述べ、それとは別のGartnerの調査によってもそれが裏付けられた。

  • レガシーシステムがSOAに参画するために、サービス可能性は必要か?

    Joe McKendrick氏は、 Oracle Indiaの副社長であるShailender Kumar氏とのインタビューに関してコメントを述べ、サービス可能なアプリケーションがなくてもSOAは可能かどうか尋ねている。

  • SOAの教訓をWeb 2.0に生かす

    IBMの有名エンジニアKyle Brown氏とRachel Reinitz氏が新しく書いた記事は、現在のWeb 2.0のアプローチについて触れるとこから始まっている。

  • Nespressoの次世代SOA - OptarosとMuleSourceが支援

    スイスのPaudex(プデ)に本社を置くNestlés Nespresso SAが近ごろ発表したところによると、自社用SOA基盤「NesOA」を導入する最初のフェーズをたった6ヶ月で完了したという。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。