BT

InfoQ ホームページ ソフトウェアテスト に関するすべてのコンテンツ

  • 継続的デリバリーはテストにどんな影響を及ぼすか

    継続的デリバリーでは、コードを書きながら品質に重点を置く必要がある。全てのチームにテスターがいるわけではないが、もしいるなら開発者と密に仕事をして、開発者がユニットテストを作成するのを手助けしながら、ユニットテストでカバーできない少数のテストを自動化するコードを書くことになる。

  • "2018 State of Testing"調査

    2018 State of Testingサーベイは、テスト専門職の技能向上とテストトレンドに対する意識に関する情報提供を目的とした調査で、2018年1月に実施された。

  • テストの方法を動物から学ぶ

    よりよいテストの方法は動物が食べ物を探す方法から学ぶことができる、とJames Bach氏は主張する。テスタは時間をかけてプロダクトのバギーな部分を見つけ出すが、一度離れて他の領域を探した方が効果的な場合もあり得る。オートメーションに頼るのは止めて、バグをハントする方法を学ぶのだ。

  • レジリエントなサービスを設計する - Nora Jones氏がQCon SFでNetflixのカオスエンジニアリングを論議

    QCon San SFでNora Jones氏が、“Designing Services for Resilience Experiments: Lessons from Netflix”と題したプレゼンテーションを行なった。講演の主な内容は次のようなものだ – カスタマエクスペリエンスが重要である。レジエンスのテスト容易性を設計することは共通の���務である。構成の変更はシステム停止を引き起こす可能性がある。エンジニアは設定変更のアンチパターンを見つけ出すための明示的な監視を行なうことが必要だ。

  • テスターのためのGitHub

    開発者とバージョン管理の話をすると、ワークフローツールとしてのGitやコードと履歴書を保存する場所としてのGithubの話になるかもしれない。テスターがGithubを使って個人的、または、仕事上でのプロジェクトに参画したり、既存のプロジェクトに貢献するのは有益なことだ。

  • 自動受け入れテストに関する実用的ヒント

    同値分割、境界値分析、リスクベーステストのようなテスト技術は、何をテストして、いつテストを自動化するかを決めるのに役立つ。InfoQは、様々な種類のテスト、十分によい受け入れテストを書くこと、テストの自動化を決める基準、テスト自動化の適用方法と実行可能な仕様の作成方法について、Adrian Bolboaca氏に話を聞いた。

  • よいユニットテストを書くには

    テストを小さくする。適切なツールを使う。プログラマとテストがペアになる。これらは、よいユニットテストを書くための提案だ。 ユニットテストは、プログラミングとテストが混ざり合ったものだ。プログラマは、テスタと共に作業することで、お互いに学び合い、視野を広げることができる。

  • Kyle McMeekin氏,テストの現実的課題を語る

    先日のAgile 2016カンファレンスでInfoQは,Kyle McMeekin氏と,アジャイル開発におけるソフトウェアテストをめぐる現実的問題,テストの自動化を推進する活動,さらには探索的テストがスクリプトによる手動テストとどのように違い,いかに効果的か,などについて語り合った。

  • 10%の自主タイムで学習を向上させる

    学習のためにチームで10%の時間を自主的に使えるようにすると、納品までの時間が減少し、品質やモチベーションが向上する。10%ルールでは、自分たちが重要だと思うことに取り組むために、チームに完全な自主性を与える。これにより、チームメンバの創造性を解放し、チームは潜在能力を成長させられるようになる。

  • ソフトウェアを効果的にデバッグするには

    InfoQでは今回,“Code Reading”と“Code Quality”の著者であるDiomidis Spinellis氏にインタビューして,ソフトウェアエラーの検出と修正,ソフトウェアデバッグの原則,デバッグの効率を改善する方法,デバッグが簡単なコードの書き方,エラーの防止と対処のためにマネージャがなすべきことなどを聞いた。

  • 月へ(To the Moon) - 宇宙計画とソフトウェア開発の共通性

    Russ Olsen氏がGOTO Berlin 2015カンファレンスで“To the Moon”と題した基調講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,期限に間に合わせるためにすべてを同時に実行する方法の問題点,失敗や成功から学ぶということ,ソフトウェア開発において些細なことがいかに命取りになるか,複雑な作業において各詳細に集中して対処するにはどうすればよいか,などを聞いた。

  • Coverity 2012: 低欠陥密度を実現するには

    この記事では何人かのプロジェクトリーダの証言を紹介する。いずれも極めて低いCoverity Scan欠陥密度を達成したプロジェクトにおいて採用されたプロセスを詳しく説明したものだ。

  • Anthony Vallone氏がTesting 2.0について語る

    Google Testing BlogのTesting 2.0と題した記事で、Anthony Vallone氏はテストの進化について論じている。テストはほとんど研究され尽くしたと考える専門家もいるが、氏は“Testing 2.0”を予想している。テストの進化は品質についての複雑な意思決定の自動化などを実現するかもしれない。

  • まん延するバグに関するElizabeth Hendrickson氏の考察

    Elizabeth Hendrickson氏が、最近、バグの優先順位付けのミーティングで無駄にした時間について論じている。Hendrickson氏のブログ、testobsessed.comでは、企業はテストで明らかになる情報をレバレッジすることなく、かなりの時間とお金をテストに費やす問題があることを取り上げている。そのような企業は、Hendrickson氏がまん延するバグと呼ぶもののために、深刻な問題に苦しんでいるのだ。

  • IBM、Green Hatをかぶる

    IBMは1月4日、クラウド・SOAインテグレーションサービス企業 Green Hat を買収することを発表した。クラウドやSOAベースのアプリケーションを開発する上で、テスティングは大きな課題の1つだ。Green Hatを買収することで、IBMは大規模ソフトウェアシステムなどに向けて、さらに生産性の高いテスティング方法を提供することを期待している。Green HatはIBM Rational Solutionに統合されるようだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。