BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ソフトウェアテスト に関するすべてのコンテンツ

  • OpenSSFがFuzz Introspectorをリリースして、C/C++ファズテストのカバレッジを改善

    Open Source Security Foundation(OpenSSF)は、ファジングのカバレッジを改善するツールをリリースした。このツールは、開発者がアクションに移すことができる分析結果を提供し、カバレッジブロッカー(カバレッジを阻害するもの)の特定を支援する。

  • ディフェクト・マスの測定が重要な製品領域のテストにどのように役立つか

    「ディフェクト・マス」と呼ばれる測定を導入することで、プロジェクトは開発によって最も影響を受けた領域を見つけることができ、影響を受けた領域ごとに実行するテストの数を決定するのに役に立った。この測定値を他のKPIと一緒に使用することで、テストに集中する役に立った。顧客のインシデントの数を減らすことができた。

  • GoのジェネリックがGo 1.18 Beta 1でデビュー

    Goの最新のベータリリースGo 1.18 beta 1は、パラメータ化された型を使ったジェネリックプログラミングのサポートをついに導入した。長い間待ち望まれた待望の機能だ。さらに、テストファジングのサポートも追加されている。これは、入力を見つけてプログラムの不正な動作を明らかにするために使われる手法である。

  • ClusterFuzzLiteによりGitHubアクションや他のCI/CDパイプラインでClusterFuzzを実行可能に

    ClusterFuzzLiteは、その名前が示すように、Google ClusterFuzzの軽量バージョンだ。fuzzテストを通じてソフトウェアシステムのセキュリティと安定性の問題を見つけることを目的としたツールである。ClusterFuzzLiteは、数行のコードでCIパイプラインに統合されることを目的としているとGoogleは言っている。

  • 継続的セキュリティテストを有効にしてテストにセキュリティを追加する

    チームは、テストプロセスにセキュリティテストを追加し、機能テストの自動化の一部としてセキュリティチェックを追加して領域の特定ができるようになるためにセキュリティの専門家によってトレーニングをうけることが可能だ。これにより、継続的なセキュリティテストが可能になり、すべてのリリースでセキュリティテストの対象範囲が広がり、セキュリティの欠陥を早期に発見できる。

  • テストピラミッドを使って品質を左シフトする

    品質の左シフト(前倒し)とは、開発終了後に品質テストを行うのではなく、ソフトウェア開発サイクルの早期に品質を作り込む、という意味である。テストピラミッドモデルを使うことで、テストをより早いステージに移動させることが可能になり、統合時に問題となる欠陥を開発早期に発見することが可能になる。

  • マイクロサービスでのエンドツーエンドテストの課題

    マイクロサービスは、エンドツーエンドの責務を持って自動化されたCI/CDパイプラインを運用する、独立したチームに適している。一方で、エンドツーエンドのテストによるソフトウェアの品質保証は、ソフトウェアコンポーネントの迅速な統合とリリースに相反する場合もある。エンドツーエンドのテストがフェールすると、その原因となった問題が解決されるまで、関連するすべてのマイクロサービスのCI/CDパイプラインがブロックされることになるからだ。

  • 2021 State of Testing Survey - 参加者募集

    2021 State of Testingサーベイの目的は、テスト業務の発展状況に関する洞察を提供し、テストプラクティスの採用やテストに関するトレンドを理解することにある。サーベイは12月を通して実施される。

  • AirbnbがReact Testing LibraryであるEnzymeの所有権を譲渡

    Airbnbは、ReactテストライブラリであるEnzymeの所有権を、新しい組織であるenzymejs GitHubに譲渡した。Airbnbは引き続きEnzymeを使用し、貢献する予定である。

  • ミューテーションテストの紹介 - Dave Aronson氏のJSConf Hawaiiでの講演より

    Dave Aronson氏はJSConf Hawaii 2020で、ミューテーション(mutation)テストを紹介した。ミューテーションテストの背景となる論拠、メリット、デメリットと落とし穴、その内部構造といった内容だ。

  • 純粋関数のプロパティを記述するには - John Hughes氏のLambda Days 2020での講演より

    HaskellとQuickcheckの共同設計者のひとりであるJohn Hughes氏が、先日のLamdba Days 2020で、プロパティ(property/特性)ベースのテストについて論じた。講演の中で氏は、プロパティを導入するための5つの戦略を紹介し、それぞれの効率性を比較した上で、結論としてメタモルフィック(Metamorphic)プロパティとモデルベースプロパティが高い効率性を見せたことを報告した。

  • ElasTestで実現するテスト時の可観測性

    分散アプリケーションでは,非分散アプリケーションで一般的に使用されているデバッグテクニックを使うのは困難である。テスト環境においても運用時のような可観測性を実現すれば,バグの検出が容易になる,とFrancisco Gortázar氏は,European Testing Conference 2019で主張し,可観測性を使って複雑な分散システムのテストと評価を行うツールとして,ElasTestを紹介した。

  • マイクロサービスアプリケーションにコントラクトテストを使用する

    マイクロサービスを使用する場合,サービス間の統合ポイントがバグの温床になる。コントラクトテスト(contract test)は,コンシューマが定義したコントラクトに基づいてテストを実施するテスト手法だ。マイクロサービスのワークフローに適しており,統合バグを殺してくれる - PortbaseのテスタであるMaarten Groeneweg氏は,European Testing Conference 2019でこのように主張した。

  • 複雑な分散システムをテストする

    分散システムの複雑性はコードの中ではなく、サービスや機能の間にある。テストには問題の発見と価値提供のバランスという意味があるのだ – Sarah Wells氏はEuropean Testing Conferenceで、このように説明した。テスタはしばしば、システム動作の最大の理解者である。システムのどこが悪いのかについて優れた仮説を持ち、それを極めて短期間に検証することができるのは彼らなのだ。

  • Dutch Railwaysにおけるブロックチェーンの試行

    テスタは遅かれ早かれ、ブロックチェーンテクノロジを組み込んだITソリューションのテストを求められるようになるだろう。ブロックチェーンベースのアプリケーションでは、フトウェア開発もこれまでとは異なる。ブロックチェーンは我々の慣れ親しんだやり方に影響を与えるのだ – Dutch RailwayのソフトウェアテスタであるSanne Visser氏は,このように主張する。氏はEuropean Women in Techで、ブロックチェーンベースのソフトウェアに対処する方法について講演した。

BT