BT

InfoQ ホームページ Spring Framework に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Java 11をサポートするSpring Framework 5.1が提供開始

    SpringOne Platformカンファレンスが今週、ワシントンDCで開幕した。新たなリリースや発表が目白押しだ。火曜の朝の基調講演では、Pivotalのプリンシパルエンジニアで、Spring Framework開発者のひとりでもあるJuergen Hoeller氏が、Java 8やJavaの新たなリリースケイデンス(cadence)とともに、昨日リリースされたJava 11のSpring Framework 5.1でのサポートについて語った。

  • サーブレット対リアクティブ: 正しいスタックを選定する - Rossen Stoyanchev氏のQCon SF 2017でのプレゼンテーション

    Spring Framework 5で新しいリアクティブなwebフレームワークspring-webfluxを導入した。これは従来のサーブレットベースのwebフレームワークspring-mvcと並んで存在するものだ。Rossen Stoyanchev氏は、プレゼンテーションでこれら2つのフレームワークの実行モデルの違いと、spring-mvcではなくspring-webfluxする際の決断方法について話した。

  • Spring Cloud Functionフレームワークでの関数指向プログラミング

    Spring Cloud Functionは開発作業の基本単位として関数を促進することを目指す新規プロジェクトである。プロジェクトはさまざまなデプロイプラットフォームを横断して関数ベースのソフトウェアをデプロイするための共通モデルを提供する。これにはアマゾンのAWS lambdaのようなFaaS (function as a service)プラットフォームも含まれる。

  • RedmonkはJavaフレームワークの人気を分析した

    RedmonkのアナリティストであるFintan Ryan氏はJavaのフレームワーク人気についての彼の発見を公表した。Githubのスターや課題、コミットやTwitterのフォロワーにおける詳細な調査研究を完了したあと、Ryan氏は次のように断定している。Springはまだ多数を占め、Spring Bootは急成長のカーブにあり、NettyとPlayは強く成長を続けています。

  • SpringOneで更新されたSpring 5.0のロードマップとリアクティブの話が発表された

    ラスベガスで開催されているSpringOneプラットフォームカンファレンスの2日目で、プロジェクトリードであるJuergen Hoeller氏は出席者に向けてSpringフレームワークのロードマップを更新した。

  • JetBrainsがIntelliJ IDEA 2016.1をリリース

    JetBrainsは,同社の人気製品であるIDEの最新バージョンとなるIntelliJ IDEA 2016.1をリリースした。このバージョンでは多言語開発者が想定されているらしく,多くの言語やテクノロジを対象としたさまざまな拡張が実施された。しかし,最も注目すべき拡張の対象はやはりJavaで,特にJava 8をフル活用するための支援が目標とされている。

  • Spring Framework 4.0の発表

    ほぼ4年して、もうすぐ人気の Spring Framework がバージョン3から4にアップグレードする。

  • Spring Framework 4.0の計画発表

    VMwareのSpringSourceチームはSpring Frameworkの次のバージョンであるSpring Framework 4.0の計画を発表した。このバージョンにはJava SE 8、Groovy 2、Java EE 7、WebSocketsのサポートが含まれている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。