BT

InfoQ ホームページ Spring に関するすべてのコンテンツ

  • RSpcket - SpringOneで発表された、リアクティブアプリケーションのための新たなアプリケーションネットワークプロトコル

    ワシントンDCのSpringOne Platformカンファレンスで発表されたRSocketは、言語に依存しない、新たなレイヤ7アプリケーションネットワークプロトコルである。Reactive Streamsバックプレッシャをベースとして、双方向で多重化が可能な、メッセージベースのバイナリプロトコルだ。

  • Java 11をサポートするSpring Framework 5.1が提供開始

    SpringOne Platformカンファレンスが今週、ワシントンDCで開幕した。新たなリリースや発表が目白押しだ。火曜の朝の基調講演では、Pivotalのプリンシパルエンジニアで、Spring Framework開発者のひとりでもあるJuergen Hoeller氏が、Java 8やJavaの新たなリリースケイデンス(cadence)とともに、昨日リリースされたJava 11のSpring Framework 5.1でのサポートについて語った。

  • Pivotalが新しいホスティングツールを備えたSpring Cloud Dataバージョン1.6をリリース

    PivotalがSpring Cloud Data Flowのバージョン1.6をリリースした。Pivotal Cloud Foundry(PCF)やKubernetes、Mesosなどのランタイム上で、リアルタイムデータ処理パイプラインの構築とオーケストレーションを行うためのプロジェクトの新リリースでは、アプリケーションのホスティングツール、PCF用スケジューラ、アプリケーションリポジトリなどが新機能だ。PivotalのシニアスタッフエンジニアのMark Pollack氏が最新リリースについて説明してくれた。

  • SpringOneでR2DBCが発表された

    ワシントンDCで開催されたSpringOne Platformにおいて、R2DBCが発表された。これはリアクティブプログラミングの観点からリレーショナルデータベースに対して新たに設計された実験的なAPIだ。ADBA仕様に影響を与えることを最終目標としている。

  • Spring、Web Servicesのバージョン3.0.4と2.4.3をリリース

    Springは、彼らのWeb Servicesプロジェクトのバージョンを2つ同時にリリースした。開発のメインブランチとしての3.0.4.RELEASEと、メンテナンスのための2.4.3.RELEASEだ。どちらのバージョンもSpring Framework 5.1.0で動作し、Java 11をサポートするようにアップグレードされている。

  • Pivotal、Spring Cloud Data Flow 1.5をリリース

    PivotalがSpring Cloud Data Flowのバージョン1.5をリリースした。リアルタイムデータの処理パイプライン構築用プロジェクトである。新機能はユーザインタフェースやメトリクス、Kubernetesの改善やSpring Cloud Stream Application Startersの更新といったことである。

  • Spring Cloud Stream 2.0がリリース、パフォーマンス、柔軟性、一貫性を重視

    PivotalがSpring Cloud Stream 2.0フレームワークの一般向けリリースを発表した。今回のリリースには、コンテントタイプのネゴシエーション機能の改善(ユーザ定義のメッセージコンバータが利用可能になった)、ポーリングコンシューマ、Micrometerメトリックのサポート、Apache Kafka Streamsサポートの強化などが含まれる。

  • Spring Boot 2.0がGA間近

    Spring Bootバージョン2.0の一般リリースが、1月31日のリリース候補1(RC1)の発表で一歩近づいた。この後半の段階でも、注目すべき追加がリリースされ、それとは別に多数の解決済みの問題とプル要求がクローズされた。

  • SpringOne 2017 - 2日目 - カンファレンス、Spring、Reactor、WebFluxなどについて

    InfoQはPieter Humphrey氏とSimon Basle氏にSpringOne Platform 2017カンファレンス、Project Reactor、WebFlux、Spring全体のことについて話を聞いた。

  • サーブレット対リアクティブ: 正しいスタックを選定する - Rossen Stoyanchev氏のQCon SF 2017でのプレゼンテーション

    Spring Framework 5で新しいリアクティブなwebフレームワークspring-webfluxを導入した。これは従来のサーブレットベースのwebフレームワークspring-mvcと並んで存在するものだ。Rossen Stoyanchev氏は、プレゼンテーションでこれら2つのフレームワークの実行モデルの違いと、spring-mvcではなくspring-webfluxする際の決断方法について話した。

  • SpringOne 2017 Platform Conference - 1日目

    2017年12月4日から7日まで、第2回SpringOne Platform Conferenceがサンフランシスコで開催される。これは実用的なイベントで、およそ10のトラック、著名なスピーカー、食事、飲み物、たくさんの技術が含まれている。

  • Spring Tool Suite 3.9.1 リリース

    PivotalはSpring Tool Suite(STS)のバージョン3.9.1をリリースした。Springフレームワークでのアプリケーション開発向けのEclipseベースのIDEだ。STSはEclipse Oxygen.1aにアップデートされた。設定なしで使えるJDK 9とJUnit 5のサポートを含んでいる。

  • Spring Framework 5.0がリリース

    2017年9月28日、新たなリアクティブWebフレームワークを備えたSpring Framework 5.0がリリースされた。今回のリリースでは、コードベース全体がJava 8ソースコードレベルに基づいている。開発とデプロイメントの面ではJDK 9と互換性がある。

  • アクチュエータエンドポイントが改善されたSpring Boot 2.0

    間もなくリリースされるSpring Boot 2.0.0 M4は、新たなマッピングで改善されたアクチュエータエンドポイントを備え、ユーザ定義エンドポイントの作成が容易になり、セキュリティが向上している。PivotalのプリンシパルソフトウェアエンジニアであるStéphane Nicoll氏がInfoQに、これらアクチュエータエンドポイントについて説明してくれた。

  • Spring Cloud Functionフレームワークでの関数指向プログラミング

    Spring Cloud Functionは開発作業の基本単位として関数を促進することを目指す新規プロジェクトである。プロジェクトはさまざまなデプロイプラットフォームを横断して関数ベースのソフトウェアをデプロイするための共通モデルを提供する。これにはアマゾンのAWS lambdaのようなFaaS (function as a service)プラットフォームも含まれる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。