BT

InfoQ ホームページ ケーススタディ に関するすべてのコンテンツ

  • 急拡大する組織におけるリーダシップとマネジメントの重要性

    QCon New York 2019で、NPatrick Kua氏が、スタートアップのフィンテック企業で優秀なチームを育成するための種蒔きと環境の肥沃化に関して、自らが学んだ教訓を公開した。今回の記事は、急成長企業において技術マネージャを管理する方法について説明する。

  • ディジタルトランスフォーメーションのための持続性と拡張性を備えたソリューション

    "デジタルトランスフォーメーション"という用語を使う時、我々の取り得る変革アプローチは、今日の複雑化した組織を扱う上ではすでに無効となった、従来のリニアな管理手法に制約されるようになる。組織の変化に対して、持続可能でスケーラブルなソリューションを考案するためには、そのコンテキストと組織内部の動作を理解することに意識を集中する必要がある。

  • 成長組織におけるQAチーム構築から学んだこと

    テストチームを改革することによって、チーム全体の緊密化、学習の短期間化、コラボレーション向上を達成することができると、InfiumのQAチームリーダのNeven Matas氏は主張する。氏はTestCon Moscow 2019で講演し、成長組織におけるQAチーム構築から自身が学んだ教訓を公開した。

  • デザインシステムはいかにチームのコミュニケーションとコラボレーションをサポートするか

    デザインシステムを使用することによって、デザインチームのワークフローを改善し、知識を再利用し、一貫性を向上させることが可能になる、とStefan Ivanov氏は言う。より早く失敗することで反復サイクルをスピードアップすると同時に、製品設計の初期段階において、ユーザのフィードバック収集により多くの時間を費やすことにより、製品市場のスイートスポットにはるかに早くフィットすることが可能になる。

  • 目的を特定した人間中心のデザイン - Mileha Soneji氏に聞く

    ユーザを観察してユーザニーズを理解することは、解決すべき問題の明確化に有効だ、とMileha Soneji氏は主張する。ACE Conference 2019で氏が行った講演では、実用最小限のプロトタイプによる人間中心の設計が、より優れた洞察をより早く得る上で有用であること、問題をより小さな問題に分解することで、より単純な解決策を提案できること、などが示された。

  • リーダへのキャリアチェンジ

    チームリーダになるための移行期間をメンタと共に持てたことで、Dan Persa氏は、シニアソフトウェアエンジニアからエンジニアリーダへと、スムーズに移行することができた。Codemotion Amsterdam 2019で氏は、他の開発者にもリーダへのキャリアパス選択を動機付けるべく、自身の経験や学んだことを公開した。

  • 高等教育におけるアジャイル: オープン大学での経験

    大学はアジャイルとプロダクトのマインドセットを受け入れる必要がある。彼らは自分たちがほとんど理解していない新しい種類のプロダクトやサービスの仮説駆動の開発に取り組んでおり、またユーザの振る舞いやニーズもほとんど理解していないからだ、Matthew Moran氏は述べた。彼はアジャイルのマインドセット、原則、プラクティスをオンライン開発コースに適用することについて、Aginext 2019で講演を行なった。

  • Airbnbにおける大規模サービスの構築 - QCon Londonでの講演より

    Airbibでは,アーキテクチャをSOAに変更したことにより,サービスのパフォーマンスとサイトの信頼性を改善することができた。ビルドとデプロイ時間の高速化によって開発生産性が,オーナシップの明確性とバウンダリの改善によって効率が,それぞれ向上している。同社のソフトウェアエンジニアであるJessica Tai氏がQCon London 2019で,"Airbnb’s Great Migration: Building Services at Scale"と題したプレゼンテーションを行った。

  • Dutch Railwaysにおけるブロックチェーンの試行

    テスタは遅かれ早かれ、ブロックチェーンテクノロジを組み込んだITソリューションのテストを求められるようになるだろう。ブロックチェーンベースのアプリケーションでは、フトウェア開発もこれまでとは異なる。ブロックチェーンは我々の慣れ親しんだやり方に影響を与えるのだ – Dutch RailwayのソフトウェアテスタであるSanne Visser氏は,このように主張する。氏はEuropean Women in Techで、ブロックチェーンベースのソフトウェアに対処する方法について講演した。

  • リーンにアジャイルを加えるToyota Connected

    リーンプロダクト開発にアジリティを加えることで、Toyoa Connectedでは、より早いデリバリ、より高い品質、より低いコストの実現を可能にした。Nigel Thurlow氏は、Lean Digital Summut 2018で"Lean is NOT enough"と題して講演し、コロケーションチームやアウトソースチームにおけるアジャイルの実践方法、ポートフォリオ計画をエグゼクティブ優先モデルにすることによるビジネスアジリティの向上,などについて話した。

  • リーンコーディングでより良いコーディングを学ぶ

    リーンコーディングは、実際のコーディング作業についての洞察を提供することを目的としており、開発者が10分レベルで物事が想定通りに進行していないことに気付き、直ちに支援を求めることを可能にする。開発者はリーンコーディングを使用することで、より良いコードを書けるような技術的スキルを向上させることができる。

  • リーン原則を使って増員せずにデリバリを倍増する

    リーンツールは生産性の向上と顧客コミットメントの改善に寄与する。Keepeekでは、問題解析にプルフロー、PDCA、Red Binといったテクニックが使用されている。改善で最優先されるのは顧客への影響だ。その結果、同社のスループットや顧客満足度は著しく向上し、NPSが改善された。

  • リーンを使ってデジタルネイティブから何を学べるか

    Theodo UKの創業者でありCEOであるFabrice Bernhard氏は、Lean Digital Summit 2018で ”what lean can learn from digital natives(デジタルネイティブからリーンは何を学べるか)”という講演を行った。デジタルネイティブはリーンスタートアップやアジャイルプラクティスになじんでおり、彼らはアジャイルとトヨタ生産方式を結びつけ、アイデアの実験、イノベーションの展開、スケールの高速化を可能にして先へと進んでいく。

  • 善をなす力としてのソフトウェア- ティールとアジャイル

    ティール組織(teal organisation)はその視点を、より高い目標の定義と存在理由の証明においている。世界に向けて価値を創造するため、人は企業に加わり、定められた目標に向かって自由に働く。ティール企業は完全にオープンで、透過的で、相互に信頼する文化を持たなくてはならない。誰もが安心して、積極的にアイデアを共有し、不安なく失敗できるべきなのだ。

  • Portfolio for Jiraのロードマップ作り

    プロダクトバックログがフィーチャーリストではなく課題の優先順位リストになっていると、変化に対応しやすくなる。フィーチャーを届けることを早いうちから約束する必要はなく、新しい技術が利用可能になれば、それを使うことができる。ロードマップを見える化し、定期的に新しい情報を取り込み、それを用いてロードマップを評価することは、アジャイルであり続けるのに役に立つ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。