BT

InfoQ ホームページ ケーススタディ に関するすべてのコンテンツ

  • zero-bugポリシを実践する - Redgateの例

    zero-bugポリシは単純だが効果的なバグ管理システムだ。数か月、時には数年前のバグに埋もれてしまう事態を回避する上で、有効に機能する。修正の必要があると合意した重要なバグは即座に修正し、そうでないバグは修正せずにクローズするのだ。Tom Walsh氏はLean Agile Exchange 2020で、氏の属するRedgate Softwareにおいてzero-bugポリシを適用した方法について講演した。

  • “規律あるアプローチ”で変化に対応する

    企業がアジャイルを採用しようという時、最初に考えるべきなのは、"アジャイルの実践にはどのフレームワークがよいのか"ではなく、"我々の目標は何か"ということだ。変革に対する規律あるアプローチ(disciplined approach)は、アジャイルに移行する上での"デザインパターンブック"のように、実行可能なプラクティスから方法を選択し、そのプラクティスが有望かどうか、現在の状況がそのプラクティスにとって望ましいものかどうか把握する上で有用なものとなる。

  • 天国から地獄に落ちたプロジェクトに学ぶ

    Kantegaのプロジェクトリーダで部門マネージャのMaja Selmer Megard氏は、当初はすべての要件に対して完璧にフィットしていると思われながら、最終的には氏が経験した中で最も大変で葛藤に満ちたものになったプロジェクトにおける、自身の経験を公開した。

  • Cloudflare、27分間のサービスについて説明

    Cloudflareで先頃、部分的なサービス停止が発生し、27分間にわたって続いた。これにより同社ネットワークのトラフィックが50パーセント低下している。

  • マイクロサービスによる銀行インフラの構築 - QCon London Q&Aより

    Monzoのマイクロサービスの数は、この数年で100から1,600にまで増加し、さらに増え続けている。マイクロサービスは責務が増えると分割され、密結合すると統合される。エンジニアはコードジェネレーションを使って自身のサービスを生成し、デプロイし、スケールアップし、監視することができる。

  • 分散型組織をより効果的にするには

    地理的あるいは時差的な近接性を中心として構成された自律型チームモデルは、分散型組織をより効果的なものにすることができる。逆Cornway戦略(Reverse Conway Maneuver)を用いれば、ボトルネックを意図的に追加ないし排除することが可能になり、構築しようとしているデザインをより適格にサポートすることが可能になる。

  • Volkswagenのソフトウェア主導企業への変革

    Volkswagenが同社のソフトウェア開発方法を変革しようとしている。自身の開発スキルを取り戻し、新たなテクノロジとメソッド���基づいた新製品の開発に重点を置いているのだ。使用するテクノロジはチームが独自に決定する。

  • Redgateにおけるジェネレーティブな文化の構築 - QCon London Q&A

    ジェネレーティブ(Generative、生成的)な文化には、明確な目標意識、高度な協調、そして学びがある。ジェネレーティブな文化の中には、学習の時間と新たなアイデアを提案する空間がある。Redgateでプロダクトエンジニアリングの責任者を務めるJeff Foster氏はQCon London 2020で、ジェネレーティブな文化を作り上げることによってRedgateがいかに製品開発の方法を改善したか、というテーマで講演を行う予定である。

  • リモートモブテストを成功させるには

    リモートモブテストは実現可能だ。しかしそれには、適切なコミュニケーション技術と、全員を参加させるモデレータが必要であると同時に、リモートとローカルの間でドライバを頻繁に交代しなければならない。

  • 保険業スタートアップでのモブプログラミングから学んだこと

    チームで2人の開発者が、3日間、ひとつの仕事に掛り切りになっていたら、あなたならどうするだろう?ある保険業のスタートアップは、チーム全体でモブプログラミングを試す決定をした。その結果、モブを始めた初日から、コードベースに対する知識が向上しただけでなく、一緒に作業することによって、お互いをよりよく知ることができたため、チームとしての効率も高くなった。

  • リーンスタートアップを使った難民のためのオンラインプラットフォーム開発

    複雑な要件を持った新しいユーザグループにコンタクトして、その内容を早く知りたい場合、あなたならどうするだろう?Stephanie Gasche氏はAgile Business Day 2019で、リーンスタートアップメソッドを用いることにより、資金面でのサポートを受けることなく、難民と庇護希望者のためのオンラインプラットフォームを構築した、自身の経験について語った。

  • Googleのイノベーションから学んだこと - 問題の枠組み、データの使用、MVPの定義

    真に偉大で、革新的で、価値に富んだアイデアの根源は大きく2つある。それは、あなたのユーザと、あなたと共に働く人たちだ。"プロダクトマネージャ"の帽子をかぶった人がそうだとは限らない。アイデアを実際の製品やテクノロジに具現化するには実験が有用だ。問題点を洗い出し、データを使用して、MVPを定義することが、イノベーションにおける成功のチャンスを大きくする。

  • 急拡大する組織におけるリーダシップとマネジメントの重要性

    QCon New York 2019で、NPatrick Kua氏が、スタートアップのフィンテック企業で優秀なチームを育成するための種蒔きと環境の肥沃化に関して、自らが学んだ教訓を公開した。今回の記事は、急成長企業において技術マネージャを管理する方法について説明する。

  • ディジタルトランスフォーメーションのための持続性と拡張性を備えたソリューション

    "デジタルトランスフォーメーション"という用語を使う時、我々の取り得る変革アプローチは、今日の複雑化した組織を扱う上ではすでに無効となった、従来のリニアな管理手法に制約されるようになる。組織の変化に対して、持続可能でスケーラブルなソリューションを考案するためには、そのコンテキストと組織内部の動作を理解することに意識を集中する必要がある。

  • 成長組織におけるQAチーム構築から学んだこと

    テストチームを改革することによって、チーム全体の緊密化、学習の短期間化、コラボレーション向上を達成することができると、InfiumのQAチームリーダのNeven Matas氏は主張する。氏はTestCon Moscow 2019で講演し、成長組織におけるQAチーム構築から自身が学んだ教訓を公開した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。