BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ケーススタディ に関するすべてのコンテンツ

  • 分散DevOpsチーム: デジタルコネクションチームのサポート

    グローバルに分散したチーム内でデジタルコネクションを確立するために、組織はチームメンバにコラボレーションツールと視覚化ボードを備えた追加のモニターの両方を提供した。オンラインチャットとホワイトボードを使用したコラボレーションは、ボードをチームのニーズに合わせる調整のため、当初は課題があった。

  • テスタは製品定義にどのように貢献できるのか

    製品の定義と設計にテスタのフィードバックを活かすことは、ビジネスのための価値ある行動だ。組織のニーズに耳を傾け、ビジネスの目標を理解し、さまざまなスキルやプラクティスを駆使してテストプロセスをカスタマイズする作業は、プロダクトがまだ"机上の空論"である時からテスタが始められるひとつの方法である。

  • 継続的セキュリティテストを有効にしてテストにセキュリティを追加する

    チームは、テストプロセスにセキュリティテストを追加し、機能テストの自動化の一部としてセキュリティチェックを追加して領域の特定ができるようになるためにセキュリティの専門家によってトレーニングをうけることが可能だ。これにより、継続的なセキュリティテストが可能になり、すべてのリリースでセキュリティテストの対象範囲が広がり、セキュリティの欠陥を早期に発見できる。

  • テストピラミッドを使って品質を左シフトする

    品質の左シフト(前倒し)とは、開発終了後に品質テストを行うのではなく、ソフトウェア開発サイクルの早期に品質を作り込む、という意味である。テストピラミッドモデルを使うことで、テストをより早いステージに移動させることが可能になり、統合時に問題となる欠陥を開発早期に発見することが可能になる。

  • 確率論的データサイエンスモデルのテストから学んだこと

    データサイエンスモデルは統計的なブラックボックスだ — そのテストには、アルゴリズムや乱数性、統計学といった数学的テクニックの理解が必要になる。データサイエンスモデルの検証で有効なのは、しきい値を用いた出力差異の処理だ。

  • Strangler Fig Patternを使用したマイクロサービスへのモノリスの移行

    ScholarPackは、Strangler Fig Patternを使用してモノリスバックエンドから移行した。彼らは、顧客のニーズをターゲットにするために段階的な開発と継続的デリバリーを適用し、その間にモノリスを絞め殺した。

  • データサイエンスチームにアジャイルを導入する

    アジャイルはデータサイエンスチームの、ステークホルダとのコラボレーション改善と生産性向上に寄与する。優先順位が明確になることで、作業への集中と成果の提供が可能になるのだ。実践する上で重要なのは、アジャイルの旅に同行することによって、データサイエンスチームの賛同を得ることである。

  • zero-bugポリシを実践する - Redgateの例

    zero-bugポリシは単純だが効果的なバグ管理システムだ。数か月、時には数年前のバグに埋もれてしまう事態を回避する上で、有効に機能する。修正の必要があると合意した重要なバグは即座に修正し、そうでないバグは修正せずにクローズするのだ。Tom Walsh氏はLean Agile Exchange 2020で、氏の属するRedgate Softwareにおいてzero-bugポリシを適用した方法について講演した。

  • “規律あるアプローチ”で変化に対応する

    企業がアジャイルを採用しようという時、最初に考えるべきなのは、"アジャイルの実践にはどのフレームワークがよいのか"ではなく、"我々の目標は何か"ということだ。変革に対する規律あるアプローチ(disciplined approach)は、アジャイルに移行する上での"デザインパターンブック"のように、実行可能なプラクティスから方法を選択し、そのプラクティスが有望かどうか、現在の状況がそのプラクティスにとって望ましいものかどうか把握する上で有用なものとなる。

  • 天国から地獄に落ちたプロジェクトに学ぶ

    Kantegaのプロジェクトリーダで部門マネージャのMaja Selmer Megard氏は、当初はすべての要件に対して完璧にフィットしていると思われながら、最終的には氏が経験した中で最も大変で葛藤に満ちたものになったプロジェクトにおける、自身の経験を公開した。

  • Cloudflare、27分間のサービスについて説明

    Cloudflareで先頃、部分的なサービス停止が発生し、27分間にわたって続いた。これにより同社ネットワークのトラフィックが50パーセント低下している。

  • マイクロサービスによる銀行インフラの構築 - QCon London Q&Aより

    Monzoのマイクロサービスの数は、この数年で100から1,600にまで増加し、さらに増え続けている。マイクロサービスは責務が増えると分割され、密結合すると統合される。エンジニアはコードジェネレーションを使って自身のサービスを生成し、デプロイし、スケールアップし、監視することができる。

  • 分散型組織をより効果的にするには

    地理的あるいは時差的な近接性を中心として構成された自律型チームモデルは、分散型組織をより効果的なものにすることができる。逆Cornway戦略(Reverse Conway Maneuver)を用いれば、ボトルネックを意図的に追加ないし排除することが可能になり、構築しようとしているデザインをより適格にサポートすることが可能になる。

  • Volkswagenのソフトウェア主導企業への変革

    Volkswagenが同社のソフトウェア開発方法を変革しようとしている。自身の開発スキルを取り戻し、新たなテクノロジとメソッドに基づいた新製品の開発に重点を置いているのだ。使用するテクノロジはチームが独自に決定する。

  • Redgateにおけるジェネレーティブな文化の構築 - QCon London Q&A

    ジェネレーティブ(Generative、生成的)な文化には、明確な目標意識、高度な協調、そして学びがある。ジェネレーティブな文化の中には、学習の時間と新たなアイデアを提案する空間がある。Redgateでプロダクトエンジニアリングの責任者を務めるJeff Foster氏はQCon London 2020で、ジェネレーティブな文化を作り上げることによってRedgateがいかに製品開発の方法を改善したか、というテーマで講演を行う予定である。

BT