BT

InfoQ ホームページ 教育 に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Jeff Sutherland による世界最高水準のスクラム教育プログラムが東京で開催

    KDDIが主催し、米国Scrum inc.社と永和システムマネジメントが運営を行う、本格的なスクラムのトレーニングが来月東京で開催される。クラウドの普及とIoT時代の到来により、ビジネスはさらなるデジタル化へと変化し、イノベーションを起こす手法として、ビジネスと開発が一体となった小規模チームによる創造的なアジャイル手法が注目を集めている。その中でも世界でもスタンダードとなった「スクラム」について、オリジナル開発者である Jeff Sutherland ほかの講師を Scrum inc.社から招き、世界最高水準のスクラム教育サービスを日本にて提供する。

  • アジャイルチームでメンバ同士が学び合う方法

    アジャイルチームは(外部の)コーチやメンタを使うことができる。しかし、チーム自身がメンバ同士でメンタリングやコーチイングをすることで成長することもできる。チームメンバは他のメンバからスキルや能力を学ぶことができる。チームが自己組織化して成長できるようになる。

  • Hour of Code - コンピュータサイエンス教育週間をサポート

    プログラミングは私たちの多くにとって自然なことだ。だが、他の人たち、特に次の世代にとっては必ずしもそうではない。Code.orgはそれに挑もうとしている。コンピュータサイエンス教育週間に際し、彼らはObama大統領からZuckerberg氏やGates氏まで、大きなサポートを得た。 私たちには、その言葉を広めて、みんなに試してみるよう働きかける責任がある。コンピュータリテラシーは、読み書きの後に続く次の大きな課題だ。

  • リーンスター���アップで失敗から学ぶ

    リーンスタートアップは望ましい製品を顧客に素早く提供し、顧客のニーズを理解する方法だ。リーンスタートアップは失敗を調べ、失敗から学ぶ。リーンスタートアップを実践することで素早く学びより優れたイノベーターになれるのだ。また、リーンスタートアップの手法を教育に利用しているトレーナーもいるので、生徒は学習を早めることができる。

  • 運用エンジニアの教育

    先月のhangopsでは、テクノロジーの教育に熱心なパネリストが集まって運用エンジニアの教育機会を作成することについて話し合った。彼らは現在の運用エンジニアの仕事に見合う人物を見つけるのはこれまで以上に難しくなっていることを認め、どのようにこの問題を解決するか議論した。

  • どうやって著者にお金を払うか:マイクロペイメントサービスFlattr

    今年始め、マイクロペイメントサービスFlattr(名前はflatrateとflatterの合成) がサービスを開始した。このサービスは方式はシンプルだが、ネットを通じて上質なコンテンツに対して報酬を与える方法を変える可能性を秘めている。このサービスを始めたのは、The Pirate Bayの創立者であるPeter Sunde氏だ。氏はこのサービスについて re:publicaのようなソーシャルメディアのカンファレンスで紹介している。

  • ティーチングゲーム-遊びか、まじめなビジネスか?

    Tasty Cupcakesティーチングゲーム・ウェブサイトの創始者であるMichael McCullough氏とDon McGreal氏が「楽しみ駆動開発("Fun Driven Development")」に関する記事を公開した。景気は低迷しているが、こういったゲームがトレーニングプログラムから締め出されることはなく、実際、ティーチングゲームはアジャイル実践者が集まって考えを交換する上でのかすがいとなっている。ここではその歴史と、チームにおいてゲームを用いる上でのスタート地点を紹介する。

  • アジャイルの衰退と凋落を止めるために内側を見つめる

    アジャイルの「衰退と凋落」に関する議論は、AgileQや一般的なコミュニティにおいて、何度も繰り返されるテーマだ。人々がアジャイルを効果的に導入しておらず、間違った方法でアジャイルを台無しにするという意見が集まっているのだ。Kevin Schlabach氏は、新しいリーダーを育てていないアジャイルコミュニティ自体が原因だという考えを示す。

  • Scrum Club: アジャイルの社会貢献活動のエッジ

    Scrum Clubで何より大切なことは... 職場では、彼らはプロダクトマネージャやCTO、起業家、設計者やコーダーである。Scrum Clubでは、非営利団体に恩恵をもたらしながら、アジャイル開発を行うことによって、彼らはお互いに助けあってアジャイル開発について学ぶ。

  • Rebooting Computing Summit 2009:コンピューティングは死んでいない

    Rebooting Computing Summit 2009が近ごろ閉幕し、業界や学究的世界を代表する250人を超える参加があった。この分野での革新率が低下しており、2001年以来、学位プログラムへの入学者数が半減したという報告を受け、コンピュータサイエンス分野を「再起動する」方法を話し合った。

  • Bowling Greenの学生が非営利団体のためにアジャイルソフトウェアを構築する

    今までにないプログラムの中で、Bowling Green州立大学のアジャイルソフトウェアファクトリプログラムの学生は、地元のコミュニティサービス組織に実際にソフトウェアを構築することによってアジャイル開発を学んでいる。1学期16週の間、学生は顧客との最初のミーティングから実際に動くシステムの納品までを行う。このプログラムはAgile Allianceとのパートナーシップを通して支援されている。

  • 学習のためのアジャイルゲーム

    Agile 2008でDon McGrealとMichael McCulloughの両氏はセッションを行い、アジャイルの原則やプラクティスに対するわれわれの理解を深めるために、どのようにゲームや実習を利用するかを示した。

  • カードゲームで分散プロジェクトのコミュニケーションを学ぶ

    Charles Suscheck氏がAgile2008でプロジェクトのコミュニケーション、計画、そして、コラボレーションの重要性について教えるため、どのように何種類もカードゲームのラミーを使うのかを示した。このゲームで、チームが様々なレベルで分散することによる影響と、プロジェクト期間中にチームに専門家を追加したり、外したりする影響を調査する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。