BT

InfoQ ホームページ チームワーク に関するすべてのコンテンツ

  • TFSによるアジャイル開発の実践

    スクラムを用いた、実際のアジャイル開発において、TFSの豊富な機能は最初から最後まで、さまざまな形で活用されます。この記事では、TFSの実際のプロジェクトにおいて、行われるタスクを順に取り上げ、その中でTFSの各機能がどのように使われるかを説明します。

  • TFSの概要とアジャイル開発

    Team Foundation Server (TFS) は、アジャイル開発における自動化の要請に応えるための総合的なソフトウェア開発支援システムです。TFSでは、ソースコードやテスト結果の情報と、ストーリーやタスクの情報、その他アジャイル開発で必要とされる情報を1つの統合化されたリポジトリで管理することによって、必要なデータを1か所からすぐに取り出せるという、他の開発支援ツールにはない特徴を備えています。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリスト像

    2010年8月に、BABOKのアジャイル拡張(Agile Extention)のドラフト版が公開された。アジャイルにおけるビジネスアナリストがリエゾン(橋渡し役)として有効に機能するには、動作するソフトウェアを実現する開発チームへ継続的に寄り添い、貢献しなければならない。そのため、アジャイルでのビジネスアナリストは、資料作成や分析の技術だけでなく、ソフトウェアの実現に関わる技能を備えることが必要となるだろう。これは逆に、開発チームがビジネスアナリシススキルを備えるべきだということも、また示唆している。

  • アジャイルアーキテクチャの相互作用

    アーキテクトがアジャイルとアーキテクチャのプラクティスを1つにまとめて、機敏にビジネスとアーキテクチャの両方を実現しつつ、実際的にこれら2つの優先順位のバランスをとる方法について、James Madison氏が論じています。

  • スクラムアジャイルチームに必要なスキル

    高度に生産的なアジャイルプロジェクトで求められるスキルは伝統的なプロジェクトで必要なスキルとは違う。この記事では優れたチームにするための技術的なスキルや振る舞いを特定する。これらの‘デルタ’特質を獲得した人はだれでも、正しい技術的なスキルや振る舞いを身につけて、アジャイルプロジェクトで効率的に働くことができるだろう。

  • マネージャ 2.0: スクラムでのマネージャの役割

    スクラムは3つの役割しか定義しない。それはプロダクトオーナとスクラムマスタとチームだ。ここにはマネージャは存在しない。Pete Deemer氏はスクラムを適用したときにマネージャが受ける影響や、マネージャの役割をどのように再定義するのがいいのか(職務内容記述書のサンプルを含む)、マネージャをスクラムマスタに任命することなどを考察する。

  • 学習の科学: 脳にとって最善のアプローチ

    どうしてみんなアイデアをわかってくれないのだろうか? あなたが指導する開発者はどうしてまだわからないのだろうか? どうして参加者は教材の10%程度しか学べないのだろうか? このように思ったことはありませんか。ある意味、私たちはみんな先生です。ところが、プロの教育者だけがこの分野のトレーニングを受けています。この記事では神経細胞からの教えとそのアジャイルソフトウェア開発などへの適用方法について説明します。

  • アジャイルの限界

    非伝統的な環境でアジャイルを実践しようとする試みが直面する問題は、アジャイルの原則が適用できないことでも、フィードバックのサイクルが始めからうまくいかないことでもない。アジャイルのスイート・スポットの外では、アジャイルの技術を適用するにはさらなる障壁があり、コストがかかること。これが、彼らが直面した問題だ。これらの障害物はアジャイル自体の適用を妨げるものではないが、アジャイル適用のコストを引き上げる。

  • 分散バージョン管理システムの詳細なガイド

    2007年5月に、Linus Torvalds氏がgitについてGoogleでプレゼンテーションして以来、分散バージョン管理システムへの関心や採用が増え続けています。この記事では、git、Mercurial、Bazaarの3つのツールを題材にして、分散バージョン管理システムのコンセプト、使用するタイミング、現在使われているバージョン管理システムよりも優れている理由を紹介します。

  • TDDを根づかせる:導入の問題と解決策

    大きな組織のチームでは、TDDの採用に未だに苦戦している。この記事では、Mark Levison氏が、チームを調査した時に発見した問題と、TDDを組織に紹介するための戦略とを共有する。

  • QCon San Francisco 2008の要点とそこから学んだ教訓

    この記事では、QCon San Francisco(2008年11月)の印象とその体験がどのようなものであったかを感じ取っていただけるように、QConについてブログを書いた多くの参加者の視点と見解を紹介します。

  • 生産性のためのコラボレーティブなスペースを設計する

    アジャイルを用いて作業をする場合、つまり、互いに接近して遮るものもなく作業を行う場合、人として健全で効率的な作業スペースを求め、それを主張することはこれまでよりいっそう重要なことになります。そこで、本稿ではチームに関して数多く集められた見識を共有します。これは何人かの経験豊富なアジャイル・コーチたちによって集められたものです。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。