BT
前の記事 rss
人のフォロワー

優秀な人を見つけ持続可能なチームを作る

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月31日 午前4時21分

ミートアップやハッカソン、カンファレンスは自社の仕事や特性を披露し、優秀な人材と出会うのにうってつけの機会だ。面接の始めに相手に会話をリードさせることで、その人物をより深く知ることができる、という。プロとして成長する余地があるということと心理的安全性があるということが持続可能なチームを作り、協力的で凝集度が高いエンジニアリング文化を確立する上で重要だ。

人のフォロワー

心理的安全性を育む

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月7日 午前2時25分

ストレス、恐怖、不安があるとき、創造的に考えたり、協力して働いたり、問題を解決することは難しくなる。間違いを犯すことに対する安全さを知らしめたり、本当に理解するために耳を傾けたり、マインドフルネスを実践したりすることで安全性の文化を作ることができる。

人のフォロワー

Jeff Patton氏、アジャイルのプロダクトオーナシップを語る

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年5月2日 午前2時33分

先日のAgile Indiaカンファレンスで行った基調講演で、Jeff Patton氏は、アジャイル開発がプロダクトのオーナシップにアプローチする方法を取り上げた。氏によれば、プロダクト管理はプロダクトオーナというスクラム用語が生まれる前に存在した規律であって、大部分のアジャイル組織においては、せいぜい形式的なアプローチとして採用されているに過ぎず、真のプロダクト管理が求められている。

人のフォロワー

継続的改善のためのデータ駆動思考

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月17日 午後8時21分

組織は、継続的に改善するために、パフォーマンスを計測し、ビジネスの成果に行動を結びつける客観的な方法が必要だ。Avvoでは、自律的なチームモデルとふりかえりを実践し、データ駆動決定フレームワークを使う。このフレームワークは、継続的に改善するために、人々がよりよい決定と提案をするのに役立つ。

人のフォロワー

壊れた人間機械に対処する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年3月22日 午前2時36分

ソフトウェア開発や何か大規模なものを作ることを本当に推し進めるには、自分の盲点を探り、人々とのやりとりを学ぶ必要がある。自分たちが作る文化は重要だ。高いパフォーマンスのチームと低いパフォーマンスのチームの生産性と品質は桁違いだ。どのようにやるか、は、何をやるかと同じくらい重要だ。

人のフォロワー

チーム感情と成果の関係

作者: Rafiq Gemmail フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年3月5日 午前12時13分

AI企業のDeep Affects社はJiraプロジェクトを調査し、感情面の健康とチームの生産性との関係を示した。彼らの発見はGallup社の2017 State of the Workforce調査によっても示されている。その調査は、感情面で積極的に関与しているチームを持たないことによるコストを示している。

人のフォロワー

アジャイルを用いてソーラーレースに勝利する方法

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 高橋 洸 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月26日 午前3時36分

Nuon Solar チームはアジャイルとスクラムを使用することで、プロジェクトに最大の価値を与えるための第一のステップを明らかにし、異なる規律の統合、透過性と集中の確保を行い、改善にのための振り返りに取り組んでいる。彼らのゴールはクリーンエネルギーの使用の促進と教育であり、ミッションはイノベーションの力を利用して南アフリカで行われる Sasol Solar Challenge に勝利することである。

人のフォロワー

仕事における内向、両向、外向

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月22日 午前2時30分

内向と外向はバイナリな性格タイプではない;ヒトはこの2つのタイプの間のどこかに落ち着いている。そのとき身が置かれているコンテキストにより振る舞い方も変わる。事実、人口の大多数は両向型である。これらの違いを理解することは、より効果的なコミュニケーションやチームワークに役立つ。

人のフォロワー

GitHubはコミット時に複数の著者をサポート

作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月5日 午前2時47分

GitHubはコミット時に複数の著者をサポートすることを始めた。この新機能は、同じコミットやプルリクエストで作業するそれぞれの開発者のコラボレーションを改善することを目的としている。すべての著者が、自身のコミットの貢献を、プロファイル貢献グラフや、リポジトリの統計に確実に反映させることができる。

人のフォロワー

チームはそれぞれのケイデンスを持つべきか?

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月15日 午前2時29分

先日のTwitter上で、作業計画用と学習および改善用、というように、チームが複数のケイデンス(cadence)を持つことの是非に関する議論があった。ケイデンスを分離することで、最適なケイデンスを検討する余地がチームに与えられる。適応性と自立性が向上し、よりよい成果を得られる可能性がある、というのだ。

人のフォロワー

Scrum Studioによるアジャイル原則の運用と組織の自立性向上

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月10日 午前12時23分

Scrum Studioを導入し、アジャイル原則に基づいた変革アプローチを用いたことによって、オランダの年金資産運用会社は、構造的なコスト低減と反応性の向上を実現した。変革チームは、あるべき姿の特性を備えた透過的かつ反復的な変革を適応することによって、自らの主張を実践してみせた。人々が自立性を持つ文化を確立したのだ。

人のフォロワー

Ken Schwaber、Jeff Sutherland両氏に聞く - スクラムガイドのアップデートについて

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月27日 午後9時47分

スクラムガイドが更新された。スクラムのあり方がより反映されるとともに、スクラムに対する誤解が解消されている。スクラムはソフトウェア製品開発に使用できるだけでなく、ソフトウェア以外のさまざまな領域にも適用が可能だ。スクラムは経験主義に基づく継続的改善のためのフレームワークである。各スプリント単位、あるいはさらに高い頻度で出荷可能な製品を用意することが、スクラムの重要な要素だ。

人のフォロワー

言葉と振る舞いをより包括的にする

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年12月15日 午前1時13分

人を排除しないよう、間違っているときにはより意識を高める必要がある。また、なぜわれわれの言動によって誰かが混乱したり、怒ったりするのかを明らかにするため、内省的になる必要がある。人は排除されることにより、最終的には仕事、コミュニティ、職を離れる。これらは防がなくてはならないものである。Peter Aitken 氏は、包含問題に取り組む際のポジティブなアプローチを提案した。

人のフォロワー

働き方の未来 - Agile People Swedenのセッションより

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月10日 午後10時28分

働き方の未来(future of work)は、マイクロラーニングとアンラーニング、テクノロジによる自由、アジャイル企業、自主性の並立、目標と関心を同じくする人々による自己組織型グループにある - このような考え方がAgile People Swedenで議論された。

人のフォロワー

DevOpsチームに対して定まらない業界の評価

作者: Helen Beal フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月5日 午後8時46分

調査によると、DevOpsチームの採用率は上昇する傾向にある。しかし業界では、DevOpsチームが存在すべきかどうかという点でも、いまだ意見が分かれている。サイロがさらに増えることへの懸念の声もあれば、DevOpsはすべての組織が取り入れるべき方法論だという意見もある。さらには、新たな作業方法に移行する効率的な方法としてDevOpsを支持するものもある、というのが現状だ。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT