BT

InfoQ ホームページ チームワーク に関するすべてのコンテンツ

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • 天国から地獄に落ちたプロジェクトに学ぶ

    Kantegaのプロジェクトリーダで部門マネージャのMaja Selmer Megard氏は、当初はすべての要件に対して完璧にフィットしていると思われながら、最終的には氏が経験した中で最も大変で葛藤に満ちたものになったプロジェクトにおける、自身の経験を公開した。

  • 製品開発に態度を活用する

    シニシズム(cynicism、皮肉)、懐疑主義、楽観主義といった態度は、プロダクトを開発する方法に影響する。開発を阻害したり、あるいは誤ったプロダクトの構築に導く可能性があるため、態度を認識することは重要だ。Gwen Diagram氏に、シニシズム、懐疑主義、楽観主義と、開発者が与え得る影響、チームにおける態度への対応などについてインタビューした。

  • "プロダクトオーナ”は最悪の発想だ

    プロダクトオーナという役割の是非に、チームの成熟度、組織の成熟度、組織のタイプ、組織の複雑度、さらにはプロダクトオーナ自身など、多くの要素が関係していることは疑う余地がない。一方で一部の思想的リーダは、特にこのVUCA(不安定性、不確実性、複雑性、不明確性)時代において、その役割の機能には疑いの目を向けている。

  • ”Happiness at Work” 国際週間

    9月最終週の21~27日は、世界中の企業や個人に対して、3回目の"International Week of Happiness at Work"を祝おうと呼びかけられている1週間である。このイベントは世界中の職場での幸福を促進する目的で始められたもので、職場での幸福向上を目標としたイベントを開催するように、企業に対して勧めている。

  • オープンソースになったGitHub OpenAPI仕様 (ベータ)

    GitHubは、GitHub APIのOpenAPI記述をオープンソース化している。開発者が直接API機能を発見できるようにすることを目的としたGitHub OpenAPIは、モックサーバ、テストスイート、および言語バインディングのプログラムによる作成も可能にする。

  • チームゲームを使ってレトロスペクティブを充実させる

    ゲームはレトロスペクティブに新鮮さを吹き込み、事の進め方についての実りある議論を可能にする。議論から生まれるパターンは、チームの強みや弱みに対する洞察を与えてくれる。気遣いのあるコーチングやファシリテーションは、全員によ���貢献を可能なものにする。

  • リモートコラボレーション疲労は事実、リモートワーカは断定的 - 現実のものになったリモートワーク

    対面からリモートワークへのシフトが続く中、さまざまな組織で、この状況が個人やチームに与える影響の調査が始まっている。GartnerとMicrosoftの調査では、リモートコラボレーション疲労(remote collaboration fatigue)が現実のものであること、リモートワーカには語気が強く包括的な傾向があること、リモートワークはすでに広く普及していること、などが示されている。

  • 職場をもっと人間的にするには

    企業は職場の人間化(humanization)に対する意識を強めることで、プロフェッショナルのパフォーマンス向上を支援しようとしている。職場をより人間化するためには、作業のオフスクリプト(off-script)化、適切な作業時間の探求、弱いリーダ、多様性の受容、などの方法がある

  • 継続的な組織改革によって企業の急成長に対応する

    急速に成長する企業には、さまざまな規模のさまざまな構造が必要になる。構造、プロセス、役割を繰り返すことで、企業の成長に伴って企業自身を改革し続けなければならない。企業の変革を成功させるには、継続的な学習が不可欠であると同時に、高いレベルの企業規模のアジリティが必要である。

  • ハイパフォーマンスチームにおける信頼と安全 - QCon London Q&Aより

    チームに所属したい、安心して学び、貢献し、現状に挑戦したい、と人々は願う。そのために我々が最初にすることは、チームメンバそれぞれとのパートナシップがあるという認識を持つことだ。すべての関係性がそうであるように、つながりを強め、効果的な共同作業を行うためには、相応の注意と配慮が必要となる。

  • DevOps Enterprise Summit London 2020: ダイバーシティとインクルージョンについてShaaron A Alvares氏に聞く

    Shaaron A Alvares氏がDevOps Enterprise Summit 2020 London Virtualで、'Accelerate Your DevOps Culture of Innovation with Everyday Inclusion and Belonging'と題して講演した。最初に氏は、多様化チームに関する調査データを公開して、対照とした別チームのパフォーマンスを80パーセント上回ったことを示してみせた。

  • リモートワーク時代のインシデント管理

    テクノロジエンスージアストで、OpsRampのグループプロダクトマネージャを務めるMichael Fisher氏は先日、IT運用担当者とDevOpsチームによる、インシデント管理プロセスに対する問題優先型(problem-first)アプローチについて、ブログ記事を公開した。同じ方向で、Laura Maguire博士とNora Jones氏も、COVID-19への世界的な対処として、同様の課題について書いている。

  • アジャイルを納期と連携させるには

    たとえ納期が厳しくても、スプリント作業に優先度を設定したり、日々のスタンドアップでブロッカを管理したり、レトロスペクティブを実施して作業方法を改善することは可能だ。恣意的に決定された納期を交渉によって緩めさせようという場合には、ステークホルダとの関係性が重要になる。事前に対話を始めておくことで、より望ましい期待値を設定し、スムーズな提供を確約することが、不確実性に直面する状況では特に重要だ。

  • パンデミックが浮かび上がらせたZoomコラボレーションのリスク

    COVID-19による自己隔離により、Zoomのデイリーユーザは1,000万から2億に増大した。これに伴ってデータプライバシやセキュリティプラクティス、ミーティング設定に関わる問題が注目されている。Bruce Schneier氏を始めとするセキュリティコメンテータが、これらの問題に対する洞察を提供している。政府機関や主要企業での使用禁止を受け、Zoomでは、前Facebook CSOが参画する90日間のセキュリティ強化期間を開始した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。