BT

InfoQ ホームページ チームワーク に関するすべてのコンテンツ

  • 自律性と説明責任 - Randy Shoup氏の講演”Moving Fast at Scale”より

    WeWorkエンジニアリング担当副社長のRandy Shoup氏はCraftCon 2019で、"Moving Fast at Scale"と題して講演し、イノベーション、ビジネス価値、品質、あるいはチームの自律性といったものを犠牲にすることなく、大規模かつ迅速なチームを作り上げた氏の方法を論じた。

  • 急拡大する組織の中でハイパフォーマンスなチームを育むには

    自社業務の急拡大をサポートするため、N26は、自社が取り組むべきもの、仕事の方法、組織構造に関する共通ビジョンを公開している。Target Operating Modelと呼ばれるこのビジョンは、同社がチームの自律性と連携を最大化しながら拡大するのを助けてきた。QCon New York 2019では、同社チーフサイエンティストのPatrick Kua氏が、急激に拡大する組織におけるハイパフォーマンスなチームの育成について講演した。

  • 品質と文化:別の分野、業界からの学び

    航空や医療といった別の業界について学び、別の分野を研究することで得られるものがある、とPoppuloのソフトウェアテスターであるConor Fitzgerald氏はRebelCon.io 2019で語った。航空には失敗から継続的に学ぶ歴史がある一方、医療では文化とバイアスが、学びと継続的な改善の障壁であるように思われる。

  • DOES London - チームトポロジと認知負荷

    今年ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitでは、組織設計のための実用的と適応性を備えたモデルの提供を目的として、近く出版予定の"Team Topologies"の著者であるMatthew Skelton氏とManuel Pais氏が登壇して、自身の考えを公開した。

  • DevOpsの成功には継続的改善が必要である

    継続的改善は新しいものではなく、また、誤解されることが多い。それを成功させるために、アジャイルの原則から指針を得て、それらをDevOpsの世界に適用することができると、AccentueのマネージングディレクタであるMirco Hering氏は主張する。氏はAgile Portugal 2019で、アジャイル時代におけるDevOpsのリーダーシップについて講演した。

  • コンテキスト境界を定義する - Eric Evans氏のDDD Europeでの講演より

    コンテキスト境界(bounded context)とは、特定の用語や規則が一貫した方法で適用されるソフトウェアの定義部分である — Eric Evans氏は今年初め、DDD Europeで行った基調講演でこのように解説して、洗練されたモデルと言語、明確な定義の必要性を説いだ。先日公開されたプレゼンテーションでは、さまざまな種類のコンテキスト境界や、マイクロサービスとの関係について説明している。

  • 自己組織は直感的であるのになぜ採用が難しいのか

    自己組織は難しい。達成するために何が求められているかを理解し、成功は目に見える形で示されなければならない、とAccentureのマネージングディレクタである Micro Hering 氏は言う。彼は自己組織化のために境界を作ること、チームのコンテキストを強化するためにどれくらいうまくやれているのかを示すことを提案した。

  • リスクベーステストのアジャイルチームへの導入 - ”コーディング以前のテスト”を考える

    リスクベースのテストは、デリバリされるストーリの品質を向上し、システムテスタがスクラムチームの一員になることを支援する — Evosoft Hungary Kftの製品エキスパートであるCsaba Szökőcs氏は、TestCon Moscow 2019でこのように述べて、旧来のリスクベースのテストをスプリントの一部として取り入れ、その完了状態を定義することによって、自分たちのアジャイル実践に適合させた方法について説明した。

  • 成長組織におけるQAチーム構築から学んだこと

    テストチームを改革することによって、チーム全体の緊密化、学習の短期間化、コラボレーション向上を達成することができると、InfiumのQAチームリーダのNeven Matas氏は主張する。氏はTestCon Moscow 2019で講演し、成長組織におけるQAチーム構築から自身が学んだ教訓を公開した。

  • デザインシステムはいかにチームのコミュニケーションとコラボレーションをサポートするか

    デザインシステムを使用することによって、デザインチームのワークフローを改善し、知識を再利用し、一貫性を向上させることが可能になる、とStefan Ivanov氏は言う。より早く失敗することで反復サイクルをスピードアップすると同時に、製品設計の初期段階において、ユーザのフィードバック収集により多くの時間を費やすことにより、製品市場のスイートスポットにはるかに早くフィットすることが可能になる。

  • Etsyはなぜ、どのように、職場で多様性を受け入れているのか

    Etsyは、多様性と包括性を向上させるために、さまざまな方策を実施している、先日同社は、自社の指導原則に多様性と包括性を追加した。社員のライフサイクルの各ステップに包括性を統合することで、採用時の多様性向上だけでなく、包括性を備えた文化の促進を目指す。さらに同社では、ERG(Employee Resource Group)に対して、フィードバックに基づいて変革をリードする権限を与えている。

  • 分散型アジャイルチームによる作業から学んだこと

    分散型チームでは、同僚との対面によるコミュニケーションが頻繁に行えないことが、コミュニケーションの成立を通常よりも難しくしている、とABN AMRO BankのスクラムマスタであるShabi Shafei氏は言う。分散型チームを優れたアジャイルチームに転換する方法について、氏に聞いた。

  • Microsoftは共同文書作成のためのWebベースプラットフォームであるFluid Frameworkを展示

    Microsoftは最近、年次のBuild開発者会議で新しいFluid Frameworkを発表した。Fluid Frameworkは、開発者が高度にコラボレーティブな対話型サービスおよびアプリケーションをWeb上で構築できるように設計された開発者プラットフォームである。

  • SamsungのアジャイルとリーンUXへの旅

    Samsungは、チーム主導のアジャイル移行と、それに続く文化主導のアジャイル移行の適用を通じて、現実のユーザと価値のあるプロダクトにチームを集中させることに成功した。同社のシニアUXデザイナであるJaesung Jo氏は、Lean and Agile ME Summit 2019で行った講演で、製品開発全体を通してチーム主導のユーザーリサーチを実施するための、ペルソナの作成と利用について語った。

  • Tuckmanは間違っている!Doc Norton氏のリチーミングモデル

    Agile India 2019で、Doc Norton氏は、Tuckmanチームフォーメーションモデルが機能しない理由について講演し、現在のアジャイルチームにより適合する、新たなリチーミング(reteaming)モデルについて説明した。リチーミングモデルは組織の改革と学習を促進する、と説明するNorton氏は、チームのパフォーマンス向上につながる4つの基準として、自主性(Autonomy)、つながり(Connection)、卓越性(Excellence),多様性(Diversity)の4つを挙げた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。