BT

InfoQ ホームページ チームワーク に関するすべてのコンテンツ

  • アジャイルを納期と連携させるには

    たとえ納期が厳しくても、スプリント作業に優先度を設定したり、日々のスタンドアップでブロッカを管理したり、レトロスペクティブを実施して作業方法を改善することは可能だ。恣意的に決定された納期を交渉によって緩めさせようという場合には、ステークホルダとの関係性が重要になる。事前に対話を始めておくことで、より望ましい期待値を設定し、スムーズな提供を確約することが、不確実性に直面する状況では特に重要だ。

  • パンデミックが浮かび上がらせたZoomコラボレーションのリスク

    COVID-19による自己隔離により、Zoomのデイリーユーザは1,000万から2億に増大した。これに伴ってデータプライバシやセキュリティプラクティス、ミーティング設定に関わる問題が注目されている。Bruce Schneier氏を始めとするセキュリティコメンテータが、これらの問題に対する洞察を提供している。政府機関や主要企業での使用禁止を受け、Zoomでは、前Facebook CSOが参画する90日間のセキュリティ強化期間を開始した。

  • Redgateにおけるジェネレーティブな文化の構築 - QCon London Q&A

    ジェネレーティブ(Generative、生成的)な文化には、明確な目標意識、高度な協調、そして学びがある。ジェネレーティブな文化の中には、学習の時間と新たなアイデアを提案する空間がある。Redgateでプロダクトエンジニアリングの責任者を務めるJeff Foster氏はQCon London 2020で、ジェネレーティブな文化を作り上げることによってRedgateがいかに製品開発の方法を改善したか、というテーマで講演を行う予定である。

  • リモートワークの普及とビジネス継続性の実現

    Buffer.com and AngelListは先頃、2020 State of Remote Workの調査結果を公開した。この調査は、中国で唐突に発生したリモートワークブームを調査したWall Street Journalのレポートと同時期に行われたものだ。COVID-19ウィルスを原因とする移動制限への対応としてのリモートワークは、Alibabaなどの企業にとってビジネス継続性を実現する手段となっている。

  • 自己組織化チームにおける協調的意思決定

    自己組織化チームにおいて、メンバが持つすべてのポテンシャルを発揮する機会を与えることは、今日の企業が成功を収める上で最良の方法だ、とLorenzo Massacci氏は主張する。Agile Business Day 2019で、氏は、自らを組織化するチームが継続的かつ効率的な意思決定を可能にする方法について講演した。

  • チームをデバッグするには: QCon London Q&A

    Lisa van Gelder氏はQCon London 2020で講演でチームのデバッグ方法(debug your team)について講演し、チームのデリバリペースに関する問題を診断し、対処するためのツールキットを提供した。"問題なのは、チームが専門性、自律性、目的性、心理的安全性を持っているかどうかです"、と氏は言う。チームから賛同を得られる方法でチームを変革するために、氏はそのツールキットを使用している。

  • 継続的デリバリの今後10年を予想する

    Dave Farley、Jez Humble両氏が、これからの10年間で継続的デリバリ(CD/Continuous Delivery)に期待するものについて、DeliveryConfで講演した。CDを成功させるためには、技術、組織、文化という、相互に深く関連した3つのパフォーマンス面を注視する必要がある。DORAのレポートには、技術的プラクティスは変革を推進することが可能だが、それだけでは不十分であることが示されている。

  • リモートワークで成功するには

    リモートワークを効果的に実施するには、社員と雇用主が共に計画し実行する必要がある。人々は、今まではオフィスにいれば仕事ができていたので、リモートワークは取り組みがいのあることだと気付くだろう。また、この取り組みに対して、リモートワークがうまくいった時、社員と雇用主の得るものは、費やした時間に見合うに足りるものとなる。

  • リモートモブテストを成功させるには

    リモートモブテストは実現可能だ。しかしそれには、適切なコミュニケーション技術と、全員を参加させるモデレータが必要であると同時に、リモートとローカルの間でドライバを頻繁に交代しなければならない。

  • 保険業スタートアップでのモブプログラミングから学んだこと

    チームで2人の開発者が、3日間、ひとつの仕事に掛り切りになっていたら、あなたならどうするだろう?ある保険業のスタートアップ��、チーム全体でモブプログラミングを試す決定をした。その結果、モブを始めた初日から、コードベースに対する知識が向上しただけでなく、一緒に作業することによって、お互いをよりよく知ることができたため、チームとしての効率も高くなった。

  • パイロットプロジェクトを世界規模のIT組織に拡張するには

    パイロットプロイジェクトを世界規模のIT組織に拡張することは可能だ、正しく行えば十分に機能して、企業全体のトランスフォーメーションに寄与するものになる、とClemens Utsching氏は言う。DevOpsCon Munich 2019で氏は、アイデアから始まったものを世界的組織にスケールアップする方法について講演した。

  • リーンによってITチームの業務にプライドを取り戻す

    より強いチームワーク、日々の業務に対するより明確なビジョン、業務に集中することのできるチーム、優れた業務を行うことに対する高い意識 — ActaのITチームがリーンの導入によって得たメリットとして、Mélanie Noyel氏はこのようなことを挙げた。氏はLean Digital Summt 2019で、リーンによるITチームの日常業務の改善について講演した。

  • JAFAC 2019のハイライト - 第1日: リーダシップ、破壊、倫理、社会改善

    JAFAC (Just Another F#k!ng Agile Conference) 2019が、2019年9月5~6日、ニュージーランドのウェリントンで開催された。このカンファレンスは、新しいさまざまな声を表に出し、共通する疑念を解消するとともに、アジャイルのアイデアがさまざまな状況において広く適用されている方法の周知を目的としたものだ。掲げられたテーマにはリーダシップ、破壊(disruption)、倫理(ethics)、社会改善におけるテクノロジの応用、などがあっ��。

  • Googleのソフトウェアエンジニアリング文化

    Googleのエンジニアリングプラクティスのいくつかは、今日に至るまで企業全体に広く適用されており、今もなおその成功に貢献している。2017年、同社のソフトウェアエンジニアが、ソフトウェア開発に限定しない、これらプラクティスのいくつかを公開した。今日のGoogleは、創造性、自律性、イノベーションのチーム文化を育んでいる。

  • 自律性と説明責任 - Randy Shoup氏の講演”Moving Fast at Scale”より

    WeWorkエンジニアリング担当副社長のRandy Shoup氏はCraftCon 2019で、"Moving Fast at Scale"と題して講演し、イノベーション、ビジネス価値、品質、あるいはチームの自律性といったものを犠牲にすることなく、大規模かつ迅速なチームを作り上げた氏の方法を論じた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。