BT

InfoQ ホームページ ユニットテスト に関するすべてのコンテンツ

  • 継続的デリバリーはテストにどんな影響を及ぼすか

    継続的デリバリーでは、コードを書きながら品質に重点を置く必要がある。全てのチームにテスターがいるわけではないが、もしいるなら開発者と密に仕事をして、開発者がユニットテストを作成するのを手助けしながら、ユニットテストでカバーできない少数のテストを自動化するコードを書くことになる。

  • GoogleがiOS用アクセシビリティテストフレームワークをオープンソース化

    iOS用アクセシビリティテストの自動フレームワークであるGoogle GTXLibが、Apacheライセンスの下、オープンソース化された。GTXLibはObjective-Cで書かれており、XCodeに統合されている。

  • Visual Studio CodeがJUnitのサポートを発表

    マイクロソフトのVisual Studio Code(VS Codeとしてよく知られている)サポートチームはJUnitテストケースの実行とデバッグができる拡張機能のリリースを発表した。この拡張機能はレッドハットが出しているJava言語サポートの拡張機能とJavaデバッガと連携し、エディタでJava言語を書く開発者にとって必要な開発用機能をすべて提供する。

  • IntelliJ IDEA 2017.3リリース

    JetBrainsが旗艦製品であるIntelliJ IDEAのバージョン2017.3をリリースした。Java、Java EE 8、Spring Boot、Kotlin、Dockerのサポート強化など新しい機能を追加している。バージョン2017.2のリリー��から3ヵ月後の最新リリースだ。このリリースまで、JetBrainsはこの最新バージョンのパブリックプレビューを提供し、フィードバックとバグレポートを求めた。

  • JUnit 5リリース

    JUnit 5がリリースされた。この10年で最初のメジャーリリースになる。また、EPL v2.0ライセンスでリリースされる最初のプロジェクトの一つで、ツール作者とエンドユーザーを助けるために、モダンなモジュラーアーキテクチャを備えている。

  • Meetupでの技術的負債の取り組み

    継続的に製品の健全性を保つには定期的に一番影響のある技術的負債を優先順位付けして、それらを全体的に解消していくことだ。MeetupのCTOであるYvette Pasqua氏は、技術的負債に対する取り組み方を継続的に繰り返し適用することでより大きな成果を生み出すことを推奨している。最も影響の大きい負債から取り組み、その負債を解消したことで生まれる改善について伝える、というのが氏の主張だ。

  • よいユニットテストを書くには

    テストを小さくする。適切なツールを使う。プログラマとテストがペアになる。これらは、よいユニットテストを書くための提案だ。 ユニットテストは、プログラミングとテストが混ざり合ったものだ。プログラマは、テスタと共に作業することで、お互いに学び合い、視野を広げることができる。

  • Microsoft、Visual Studio 2017にライブユニットテストを提供

    ますます機能が低価格のバージョンに押し込まれるなか、Microsoftは常に、Visual Studio Enterprise Editionの高額な値札を正当化する方法を探し求めている。今年の新機能は「ライブユニットテスト」だ。

  • よくテストし、開発を成功させよう:偉大なJava単体テストフレームワークの議論

    Redditの最近の投稿で伝統的なテストフレームワークであるJUnitと売り出し中のSpockについて議論が行われた。中心となるテーマは、"JUnitの何が悪いのか?"である。

  • JUnit 5のアルファ版がリリース,ユニットテストをシンプルに

    JUnit Lambda Teamは先日JUnit 5のアルファリリースを発表した。人気の高いユニットテストフレームワークの新たなメジャーバージョンだ。新バージョンでの変更の中心は,JUnit 4に存在した共通的な問題点の解決だが,将来の修正を容易にするためのフレームワーク変更も重視されている。ビルドツールやIDEとの統合については,引き続き今後の課題である。

  • 拡張性と並列実行を備えたNUnit 3 - Charlie Poole氏に聞く

    NUnit3が先頃リリースされ,���列実行と拡張性を備えた.NETテスティングフレームワークになった。InfoQでは,10年以上にわたってメンテナを務めるCharlie Poole氏に,今回のリリースについて詳しく聞いた。

  • さまざまなテストツールを統合するXebiaLabs TestView

    XebiaLabs TestViewは,テストの実行とデータ解析,視覚化といった機能とユニットテストツールを統合した,テスト管理と分析を行うためのツールだ。

  • Spring Security 4.0: WebSocket, Spring Data, テストサポート

    Spring SecurityチームがSpring Security 4.0.0をリリースした。いくつかの新機能の他,デフォルトでのセキュリティも強化されている。WebSocket Security,Spring Data統合,テストサポートの改善,新たな(Apacheライセンスの)オープンソースプロジェクトとしてSpring Sessionの導入などが主要なテーマだ。Spring Sessionによって,カスタムバックエンドをプロジェクトのHttpSessionプロバイダとして簡単に開発できるようになる。

  • 自動Android UIテストのためのGoogleストラテジー

    Googleテスト部門のソフトウェアエンジニアであるMona El Mahdy氏はブログ投稿 で“ユニットテストとは何でもユニットテストが可能であるべき”と述べ、Androidアプリケーションのユーザインタフェース(UI)におけるユニットテスト方法をいくつか提案している。Mahdy氏は一般的なユニットテスト用にRobolectric とAndroid StudioGradle plug-in を、UIテストの作成、実行用にEspresso や UI Automator を薦めている。

  • Typemock Isolator++がアップデート,64bitをサポート

    TypemockがIsolator++をリリースした。Windowsプラットフォーム用に記述された64bit C/C++コードのサポートに加えて,もともとテストを考慮していなかったようなレガシコードにも対応する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。