BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ユニットテスト に関するすべてのコンテンツ

  • Javaニュース総まとめ: IntelliJ IDEA、JEP 421、Groovy、Open Liberty、Hibernate ORM、Eclipse Collections

    今週2021年11月29日の Java 総まとめでは、OpenJDK、JDK 18、Project Loom Build 18-loom+7-288、複数の Spring プロジェクトポイントリリース、Quarkus 2.5.1.Final、WildFly 26 Beta 1、Open Liberty 21.0.0.12、Hibernate ORM 6.0.0-Beta2、Eclipse Mojarra 2.3.17、GraalVM Native Build Tools 0.9.8、Groovy 4.0.0-RC1、Eclipse Collections 11.0.0、IntelliJ IDEA 2021.3、および JReleaser 0.9.0 からのニュースを特集する。

  • テストピラミッドを使って品質を左シフトする

    品質の左シフト(前倒し)とは、開発終了後に品質テストを行うのではなく、ソフトウェア開発サイクルの早期に品質を作り込む、という意味である。テストピラミッドモデルを使うことで、テストをより早いステージに移動させることが可能になり、統合時に問題となる欠陥を開発早期に発見することが可能になる。

  • EbayオープンソースパッケージがSwiftとXcodeを使ってテストの不安定さを軽減

    Targeted Auto Retryは、テストの不安定さに対処するためのEbayのアプローチである。これは、継続的インテグレーションパイプラインを不安定なテストステップに対してより回復力のあるものにすることを目的としたものである。このアプローチを簡単に使用できるようにするために、Ebayは、Xcodeユニットテストフレームワークで使用できる、Swift言語用の軽量フレームワークをオープンソース化した。

  • Cypress 5.xがテストの再試行とシャドウDOMサポートを追加

    ブラウザベースのテストランナーおよびダッシュボードであるCypressは、最近、Cypress5.0リリースでテスト再試行のネイティブサポートを導入した。これにより、開発者は断続的なテストエラー発生を回避できる。その他、最近、Cypressは進化しており、ネットワーキングのスタブとシャドウDOMをサポートしている。

  • JUnitプロジェクトがビルド環境をAzure Pipelinesに移行

    Java用のユニットテストフレームワークであるJUnitは,Java開発者が使用する最もポピュラーなライブラリのひとつである。JUnitチームは先頃,継続的インテグレーション(CI)にAzure Pipelinesを採用すると発表した。

  • ApacheがJDK 11をサポートしたNetBeans 10.0をリリース

    Apache Software Foundationは先頃,JDK 11の拡張サポートを備えたNetBeans 10.0をリリースした。JUnit 5のサポートが追加され,PHP,JavaScript,Groovyモジュールが再統合されている。2019年中には,JDK 12とJDK 13をそれぞれサポートする2回のリリースが計画されている。

  • 継続的デリバリーはテストにどんな影響を及ぼすか

    継続的デリバリーでは、コードを書きながら品質に重点を置く必要がある。全てのチームにテスターがいるわけではないが、もしいるなら開発者と密に仕事をして、開発者がユニットテストを作成するのを手助けしながら、ユニットテストでカバーできない少数のテストを自動化するコードを書くことになる。

  • GoogleがiOS用アクセシビリティテストフレームワークをオープンソース化

    iOS用アクセシビリティテストの自動フレームワークであるGoogle GTXLibが、Apacheライセンスの下、オープンソース化された。GTXLibはObjective-Cで書かれており、XCodeに統合されている。

  • Visual Studio CodeがJUnitのサポートを発表

    マイクロソフトのVisual Studio Code(VS Codeとしてよく知られている)サポートチームはJUnitテストケースの実行とデバッグができる拡張機能のリリースを発表した。この拡張機能はレッドハットが出しているJava言語サポートの拡張機能とJavaデバッガと連携し、エディタでJava言語を書く開発者にとって必要な開発用機能をすべて提供する。

  • IntelliJ IDEA 2017.3リリース

    JetBrainsが旗艦製品であるIntelliJ IDEAのバージョン2017.3をリリースした。Java、Java EE 8、Spring Boot、Kotlin、Dockerのサポート強化など新しい機能を追加している。バージョン2017.2のリリースから3ヵ月後の最新リリースだ。このリリースまで、JetBrainsはこの最新バージョンのパブリックプレビューを提供し、フィードバックとバグレポートを求めた。

  • JUnit 5リリース

    JUnit 5がリリースされた。この10年で最初のメジャーリリースになる。また、EPL v2.0ライセンスでリリースされる最初のプロジェクトの一つで、ツール作者とエンドユーザーを助けるために、モダンなモジュラーアーキテクチャを備えている。

  • Meetupでの技術的負債の取り組み

    継続的に製品の健全性を保つには定期的に一番影響のある技術的負債を優先順位付けして、それらを全体的に解消していくことだ。MeetupのCTOであるYvette Pasqua氏は、技術的負債に対する取り組み方を継続的に繰り返し適用することでより大きな成果を生み出すことを推奨している。最も影響の大きい負債から取り組み、その負債を解消したことで生まれる改善について伝える、というのが氏の主張だ。

  • よいユニットテストを書くには

    テストを小さくする。適切なツールを使う。プログラマとテストがペアになる。これらは、よいユニットテストを書くための提案だ。 ユニットテストは、プログラミングとテストが混ざり合ったものだ。プログラマは、テスタと共に作業することで、お互いに学び合い、視野を広げることができる。

  • Microsoft、Visual Studio 2017にライブユニットテストを提供

    ますます機能が低価格のバージョンに押し込まれるなか、Microsoftは常に、Visual Studio Enterprise Editionの高額な値札を正当化する方法を探し求めている。今年の新機能は「ライブユニットテスト」だ。

  • よくテストし、開発を成功させよう:偉大なJava単体テストフレームワークの議論

    Redditの最近の投稿で伝統的なテストフレームワークであるJUnitと売り出し中のSpockについて議論が行われた。中心となるテーマは、"JUnitの何が悪いのか?"である。

BT