BT

InfoQ ホームページ Visualization に関するすべてのコンテンツ

  • Appraiseでビジュアルテストを自動化する

    ルックアンドフィールが成功の鍵を握るアプリケーションの開発においては、自動化されたビジュアルテストが有効な場合がある。GitHub上でMITライセンスで公開されているオープンソースツールのAppraiseは、“例示による仕様”というアプローチを採用することにより、視覚検査によってWebページの変更を検証し、承認する作業を支援する。

  • Trello買収に関するJay Simons氏とのインタビュー

    2017年1月9日、チームのコラボレーションと生産性向上のためのソリューションプロバイダーであるAtlassianが、Trello買収に合意したことを発表した。Trelloはボードを利用したビジュアライゼーションツールで、チームや個人がプロジェクトやタスクを管理するのに役に立つ。

  • Tomas Rybing氏による"標的型かんばんボード"の紹介

    この記事では,Tomas Rybing氏の紹介する,射撃の標的を応用したかんばんボードについて説明する。

  • チームレベルのパフォーマンス最適化をすべきでない理由とは

    Klaus Leopold氏がGOTO Berlin 2015カンファレンスでの講演で,チームレベルのパフォーマンスの重視が多くの場合,局所的な部分最適化を引き起こし,結果としてチーム全体のアジリティが向上しない理由について,詳しく説明した。InfoQは氏にインタビューして,なぜアジャイルフレームワーク導入がアジリティ向上に結び付かないのか,コラボレーション向上にかんばんをどのように利用すればよいのか,チームがかんばんに期待できるメリットは何か,などを聞いた。

  • テストの巣を使ったテスティングシステム

    James Lyndsay氏はAgile Testing Days 2015で"テストの巣"というタイトルのワークショップを行った。これはシステムをテストするにはどうやって膨大なテスト群の設計できるか、結果の可視化ができるかを調査し、ツールはそれにどう役立つかを紹介するものである。InfoQはこのテスティングアプローチについてインタビューを行った。

  • Obeyaによるプロジェクトポートフォリオ管理

    Obeya(大部屋)は,作戦室(war room)とプロジェクト管理の視覚化を特徴とするマネジメントアプローチである。InfoQはMalika Mir氏にインタビューして,Obeyaを開発した理由,Obeyaを導入したプロジェクトポートフォリオの管理,実際にObeyaを使用した経験とそこで得られたメリットについて話を聞いた。

  • さまざまなタイプのカンバンボード

    このポストは5つのイノベーティブなカンバンボードに関するものである。

  • コアワークシステムによる転換行動の促進

    Mike Orzen氏はLean IT Summit 2015で,コアワークシステムを利用した転換行動(transformational behavior)の促進について講演を行う。この記事では,リーンITに組織が期待するメリット,継続的改善を構築する上で新たな行動の適用と強化が不可欠な理由,IT組織にとってのコアワークシステムとワークプロセス,リーンIT移行を目指す上での誤りとそれを防ぐ方法についてのインタビューを紹介する。

  • qMapによるアプリケーションの稼働状況と品質の管理

    QASymphonyがqMapをリリースした。クラウドやモバイル,ビッグデータ,IoTなどのアプリを扱うアジャイルテスタを対象としたビジュアルマッピングソリューションである。InfoQは同社がqMapを開発した理由,qMapを利用したテスト結果の解析やテスト管理,qMapの提供する情報を活用した製品品質の向上,アジャイルやDevOpsへの展開方法などについて,Kyle Cochran氏にインタビューした。

  • “Arrow"かんばんボードの導入

    Tomas Rybing氏が‘Arrow’と題した独自のかんばんボードのコンセプトを発表した。Arrowは優先順位ピラミッドのアプローチをベースとして,バックログとかんばんボードを組み合わせることで,作業プロセスを視覚化したものだ。

  • 企業のマインドフルネスと状況把握

    プロセスから無駄を排除するには、ジャス��インタイムで提供できる流れが必要だ。そして、人間の知性によって構築されたプロセスの問題に対処するための、企業でのマインドフルネスや状況把握が必要になる。ますます多くの企業が流通の概念を導入して必要なときに必要なものを開発し、在庫を抱えるのを回避しようとしている。このような企業に必要なのは“自動化”、つまりマインドフルネスと状況把握だ。

  • かんばん方式による変革 - ある保険会社のケーススタディ

    かんばん方式は作業管理に使用されることが多いが,概念としては,組織改革の旅の道先案内として使うこともできる。今回紹介するのは,かんばん方式を利用した改革によって,可視性と予測可能性の改善と人々の積極的参加を成し遂げた,ある保険会社のケーススタディである。

  • ストーリウォールを作るためのさまざまなアプローチ

    Ryan Mckergow氏がアジャイルチームのために,ストーリウォールを立ち上げるためのさまざまな方法を解説する。今回の記事では,列や行のセットアップ,色の選択やアバターの利用について取り上げる。

  • C3.jsが実現する,学習不要のグラフ機能

    JavaScriptチャートライブラリのC3.jsは,同じようなツールに溢れる大海に現れた新顔だ。D3可視化ライブラリ上に開発されたこのライブラリでは,再利用性のあるグラフの開発が可能だ。作成したグラフは,画面表示後の操作にも対応する。

  • センサーネットワーク - GEOCensの試験段階が終了

    非営利組織CyberaのGISUser.comでの発表によれば、GEOCens (Geospatial Cyberinfrastructure for Environmental Sensing)は12月中に試験段階を終える。このソフトウエアのアーキテクチャが改善しようとしているのは、研究者が60,000以上のセンサーと2,800のウェブマップサーバから引き出された国際的な環境データへアクセスしやすくすることだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。