BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ WCF に関するすべてのコンテンツ

  • WCF 5.0 – ボキャブラリ、アクション、空間型サポートの工場

    Microsoftは先日WCF Data Services 5.0のRTMリリースをアナウンスした。 – これには、ボキャブラリ、アクション、新しい空間型といくつかのODataライブラリの更新といったOData v3をサポートするための新しい機能が含まれている。

  • .NET Framework 4.5 の新たな非同期機能拡張

    .NET Framework 4.5 Beta では Async/Await キーワードの導入,C# および Visual Basic 言語の簡略化に加えて,いくつかの標準 I/O やデータアクセス機能に非同期メソッドが追加されている。これら新しい非同期機能は ASP.NET 4.5,WCF,WPF でも利用可能だ。

  • 構成ファイルが簡素になり、ASP.NETのサポートも改善されるWCF 4.5

    Ido Flatow氏が.NET 4.5のWCFの変更について記事を書いている。構成ファイルが軽くなり、IISでホストしたときの動作が改善されるようだ。

  • WCF Data Services October CTPがODataライブラリをアップデートし、空間的データ型を��加

    Microsoftが.NET 4 と Silverlight 4をターゲットにした WCF Data Services October CTPをリリースした。このアップデートにはODataバージョン3.0用の新しいライブラリを含んでおり、空間的データのサポートを追加している。

  • MonoでWCFのサポートが改善

    Xamarinから最初の公式のMonoが、今月始めにリリースされたが、多くのバグ修正、 OS X Lionのサポート、「非常に改善されたWCFスタック」そして改善されたデバッグのサポートなどが盛り込まれた。バージョン番号は、 2.10.3で、短期間のサポートになる。長期間サポートの約束を望む人は、Mono 3が出るまで、2.6シリーズに留まるべきである。

  • WCF RIA Services Toolkitの概要

    WCF RIA Services Toolkitの8月リリースに敬意を払って、RIA サービスのベースラインバージョンの上に提供されている様々なコンポーネントについて、手短な紹介を行う。このビルドで新しいのは、 EntityFramework 4.1をサポートすることで、その中には、コードファーストと JavaScript/jQueryクライアントへの修正が含まれており、jQuery 1.5.1 以降で動くようになった。

  • WCF Data Services June CTP: LINQの改善と派生型のプロパティ

    .NET 4およびSilverlight 4向けWCF Data Services June 2011 CTPには、LINQのAny/Allオペレータ、派生型のプロパティのサポート、ODataシリアライザ/デシリアライザが含まれている。

  • Microsoft、WCF向けのJavaフレンドリな相互運用バインディングをリリース

    6月、MicrosoftはMicrosoftのWCFと主要なJavaベースのサーバとの相互運用を推し進めるためのオープンソースの構成をリリースした。WCFバインディングがWCFのサービスを実行したり利用したりするためのトランスポートの詳細を定義しているが、これがOracle WebLogic、Oracle Metro、IBM WebSphere、Apache Axis2で利用できるようになった。

  • DTO vs オブジェクト:3つの意見

    NHibernateとWCFが導入されて以来、.NET開発者は統一したエンティティモデルという概念へ近づいてきた。そして、ORMエンティティ、WCF DTO、MVC、MVP、MVVMフレームワークのモデルに同じクラスが使われるという点に議論が生まれている。Dependency Injection in .NETの著者であるMark Seemann氏はこの事態を必ずしも良いことではないと考えている。

  • WCF Web API

    ほとんどの開発者にとってWCFを最初に利用するのは、SOAPベースのWebサービスを公開する手段としてだ。しかしながらその名前に反して、Web サービスは実際のところWebサイトを構築するのには向いていない。XMLとJSONベースのRESTサービスが、大半のプロジェクトには、より適している。Microsoftは、このことを認識し、WCFを現代的な標準に合わせるプロジェクトに取り組んでいる。

  • 将来のWCFは、RESTful

    Windows Communication Foundation (WCF) のプログラム マネージャであるGlenn Block氏は、「WCF、Webに向かって進化中」と題するオンライン ウェビナーで、サービス指向のアプリケーションを作るための Microsoftのフレームワークは、思いっきりリファクタリングされ、新しいアーキテクチャは、HTTPが中心になる、と語った。

  • LightSwitch に関する高度なシナリオ

    LightSwitch は Silverlight,マネージ拡張フレームワーク,WCF RIA サービスなど,数多くのテクノロジを結合したものだ。LightSwitch が普及すれば,これらの技術を理解している開発者は,デザインサーフェスを使ってフォームをつなぐだけの開発者に対して大きなアドバンテージを獲得することになる。

  • OData サービスとクライアントで使用可能な認証機構

    WCF データサービスチーム (Data Service Team) は最近,クライアント/ODataサービス認証で使用可能な認証機構に関するシリーズを続けている。

  • レイヤ化アーキテクチャで、.NET技術を使った.NETとAzureのサンプルショーケース

    マイクロソフトのコンサルタントであり、Microsoft pattern&practices Application Architecture Guideの寄稿者でもあるSerena Yeoh氏は、後にAzureに移植されたレイヤ化アーキテクチャデザインパターンのアーキテクチャ基盤として様々な.NET技術(WPF、WCF、WF、ASP.NET、EF)を使用した.NET 4.0向けのレイヤ化アーキテクチャサンプルを作成した。

  • Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010が、WPF開発者にもツールを提供

    Silverlight 4は、4月に実質的な開発ツールなしにリリースされた。先日、Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010の準備ができたとアナウンスされた。さらに、基本的なSilverlight 4とRIA Servicesのテンプレートをサポートし、Silverlight、WPFとXAMLを容易に作成できるように多くのIDE拡張が含まれている。

BT