BT

InfoQ ホームページ Webフレームワーク に関するすべてのコンテンツ

  • ErlangとYawsを使ったRESTfulサービス

    本稿では、Steve Vinoski氏が、プログラミング言語ErlangとWebサーバーYawsを使用したRESTful Webサービスを構築する方法を説明します。

  • タグからリッチへ: Web 1.0からFlexへ

    この記事では、James Ward氏とShashank Tiwari氏が、Web1.0的なインターフェースをTo Rich Internet Applications (RIA)を使ったインターフェースに移行する方法を、サンプルを交えながら説明しています。

  • GWTでAjaxのパフォーマンスを向上させる

    今回Ryan Dewsbury著"Google Web Toolkit"から"Integrating with a GWT-RPC Servlet"の1節をサンプルとしてお届けします。

  • JBoss Seamの導入

    JBoss Seamは、「Java EE 5.0用の軽量フレームワーク」である。それはどういう意味なのか? Java EE(Enterprise Edition)5.0自体が「フレームワーク」の集合体ではないのか? なぜ公式仕様外の別のフレームワークが必要なのか?

  • インタビュー:Jérome Louvel氏にRestletについて聞く

    InfoQのStefan Tilkovは、Java Restletフレームワークの中心的な開発者であるJérome Louvel氏と話す機会を得ました。Restletはバージョン1.0がリリースされたばかりです。Restletの存在理由、Java ウェブサービスフレームワークおよびRuby on RailsにおけるRESTサポート、JSR 311への期待、Restletの今後の計画といった内容について話を伺いました。

  • Spring 2.5の新機能を使ってアプリケーションを作る(その2)

    Spring Frameworkのバージョン2.5がリリースされました。このバージョンでは、様々な拡張が加えられています。そこで、この記事では、その新しい機能を使ってアプリケーションを作ることにより、どのような機能があるかを紹介しています。

  • Spring Web FlowとTerracotta for Springを備えたWebアプリケーション

    この記事では、最初にSpring Web FlowとTerracotta for Springの概要を述べ、その後、ステートフルで、対話型のスケーラブルな高可用性Webアプリケーションを書き込みできる新しい特質を登録するために、これらの技術を統合的に用いる方法を示します。

  • Spring 2.5の新機能を使ってアプリケーションを作る(その1)

    Spring Frameworkは、コンテナによってBeanのインスタンスの生成や関連付けを管理するDIコンテナです。当初のSpring Frameworkでは、XML以外に設定を記述する方法がなかったのですが、Spring Frameworkのバージョンも2.0、2.5と進むうちに様々な設定を、アノテーションを用いて記述できるようになりました。ここでは、XMLを用いて設定をしていたアプリケーションを、アノテーションを用いた方式に書き換えることにより、どれだけXMLの記述量を減らせるか、どのようなところをアノテーションで記述し、どのようなところをXMLで記述する必要があるかといったポイントを検証していきます。

  • Spring 2.5の新機能―Part 1

    Springフレームワークは最初から、企業のアプリケーション開発を簡略化するという目標に常に照準を合わせながら、同時に、複雑な問題に非侵襲的で強力な解決策を提供してきました。この記事は、このSpringフレームワークの新機能を探求する3回シリーズの第1回目です。今回の記事では、Springアプリケーション・コンテキストの中核に位置する簡略化されたコンフィギュレーション並びに新しいアノテーションベースの機能性に焦点を当てます。

  • JSF/DWR/DOJOを使って動的なWebアプリケーションを作成する

    この記事ではPortletsとFaceletsを使ったリッチなWebアプリケーションを作成するためにどのようにJSF、DWR、DOJOを組み合わせることが可能か、そのアプローチを提示します。読者にはこれらのフレームワークとそれらが提供する機能について基礎的な知識があることを前提としています。

  • Struts 2 への移行 (パートIII)

    このシリーズの最後の記事では、ユーザインターフェイスを Struts から Struts2 に移行して、アプリケーションを完全に変換します。パート Iでは、アーキテクチャの概要、および Struts と Struts 2 のアプリケーションの基本的な違いを説明しました。パート IIでは、アクションや設定など、現実のアプリケーションの変換について説明しました。

  • Spring 2.0: 最新情報と Spring 2.0 が重要な理由

    この記事は 2 つのパートに分かれています。パート 1(この記事)では、Spring 2.0のコアコンテナ、XML 構成拡張、AOP の強化、Java 5 に特有の機能について記述します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。